りんご

フランスのお菓子

りんごのおいしさがギュッと凝縮~タルトタタンの作り方:フランスのお菓子(9)

フランスのお菓子を紹介するシリーズ。今回はタルトタタン(tarte tatin)です。これは要するにアップルパイのバリエーションです。焼いたあと、型から出すときひっくり返すのが大きな特徴。

100年ほど前に、フランスでタタンという名前の姉妹が、ふつうのアップルパイを作るときにちょっとした失敗をし、そこから生まれたお菓子だと言われています。



タルトタタンの歴史

1880年代にフラウスのソローニュ地方(Sologne)、ラモット・ブーヴロン(Lamotte-Beuvron)というところに、タタンホテル(フランス語ではオテル・タタン Hotel Tatin)という小さなホテルがありました。

ラモット・ブーヴロンはパリの南160キロぐらいの場所にあります。

フランス

このホテルは、ステファニーとカロリーヌというタタン姉妹が経営していたごく家庭的なホテル。

何がどうしてタルトタタンができたのか、ということについてはいくつか説があります。

1.料理を担当していたステファニーが、忙しすぎて、ふつうのアップルパイを作るつもりで、りんごをキャラメライズするため、鍋にバター、砂糖、りんごを入れて忘れてしまった。しばらくすると焦げる匂いが。

ステファニーはあわてて、リンゴにパイ生地をかぶせ、オーブンに入れて仕上げた。ひっくり返してお客さんに出したら、大好評だった。

2.ステファニーがキャラメライズしたりんごのパイを反対に焼いてしまったが、そのまま客に供した。反対というのは、通常パイ生地を敷いて、その上にりんごをのせるところ、りんごを先に入れて、パイ生地をかぶせた、ということ。

しかし、パイをこういうふうに焼いてひっくり返すデザートは、以前からあったそうです。

いずれにしろ、タルトタタンは、このホテルの名物デザートになりました。

オテルタタンは現存します。
オテルタタンの看板Lamotte-Beuvron hôtel-restaurant Tatin 3” by CroquantOwn work. Licensed under GFDL via Commons.

タルトタタンの作り方

750 Grammesというフランスのオンラインレシピサイトの、Tarte tatin maison 「家庭風タルトタタン」の作り方の動画を紹介します。

りんごは生のまま、パイ生地(折り込みパイ)も、市販のものを使うので簡単です。もちろん、自分で作ってもかまいません。

材料
1 pâte feuilletée
250g de sucre
50g d’eau
Un peu de cannelle
Pommes

パイ生地 1枚
砂糖 250グラム
水 80グラム
シナモン少々
りんご

作り方
1.カラメルを作る。なべに水と砂糖を入れて火にかけ、きつね色になるまでこがす。動画では、3分の1の水、3分の2の砂糖と言っています。これは砂糖の重さに対して、3分の1の水ということです。

2.型にカラメルを入れておく

3.りんごをむいて、2つに切って芯をとり、型に並べる

4.ところどころにバターを散らす。

5.シナモンをぱらぱらとふりかける

6.パイ生地を型にかぶせる
はしを型に折り込み、上に空気が通るように、適当にナイフで小さな切れ目を入れる。

7.180℃で、1時間ほど焼く。

8.焼けたら、ひっくり返して型から取り出す。

りんごの量は1キロぐらいでしょうか?けっこう大きな型を使っていますね。型の量に合わせて調節してください。

鍋に、バター、砂糖、リンゴをいれて、リンゴをキャラメライズしてから、焼く方法もあります。次の動画を参照してください。

こちらもりんごを使ったお菓子です⇒すごく簡単なりんごケーキの作り方~フランスのお菓子(4)



タルトタタンの作り方 りんごをキャラメライズするレシピ

ジェイミー・オリバーがフライパンで作っている動画です。シェフダミアンより、丁寧に教えてくれてます。カルバドスとかバニラを使っているので、ちょっとグレードアップしたタルトタタンです。

動画は10分です。

りんごを真ん中から(縦割りではなく水平に)半分に切ってるところが独特です。それともイギリスではこれが普通なのでしょうか。

材料:
小麦粉 (パイ生地を伸ばすときに台にくっつかないようにふる)
パイ生地 500グラム
りんご 800グラムほど
砂糖 100グラム
カルバドス 100ml
バニラ 1さや
バター 50グラム

タルトタタンはサワークリームやアイスクリームと食べるとおいしいです。使うりんごは紅玉など、実がしまってすっぱいものがおすすめ。甘いりんごと酸っぱいりんごを混ぜても美味。

それでは次回のフランスのお菓子の記事をお楽しみに。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. アーモンド

    フランスのお菓子

    プラリーヌの作り方(フランスのお菓子32)

    フランスのスイーツの紹介、今回はプラリーヌ(praline)です。「プ…

  2. チョコレートケーキ作り

    フランスのお菓子

    フランス語で学ぶチョコレートの歴史

    バレンタインデーが近いので、フランス語とチョコレートの歴史を学べる短い…

  3. ベニエ

    フランスのお菓子

    カーニバルの定番、ベニエ (ビューニュ) の作り方:フランスのお菓子(15)

    フランスの2月はカーニバルのシーズンです。フランスのお菓子、今回は、カ…

  4. チェリークラフティ

    フランスのお菓子

    こんなに簡単でいいの?さくらんぼのクラフティーの作り方~フランスのお菓子(8)

    フランスのお菓子を紹介しているシリーズ。今回はクラフティです。…

  5. サン・トロペ

    フランスのお菓子

    サン・トロペ名物、タルト・トロペジエンヌのレシピと作り方~フランスのお菓子(5)

    フランスのお菓子シリーズ。今回は夏のお菓子のイメージがあるサン・トロペ…

  6. ブッシュ・ド・ノエル

    フランスのお菓子

    ブッシュ・ド・ノエル~フランスのお菓子~その2(後編)~作り方つき

    フランスのクリスマスのディナーの最後に食べる伝統的なケーキ、ブッシュ(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 風に関する単語:かわいいフランス語教えます(132)
  2. スザンヌ:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  3. 国際女性デーが生まれた背景。
  4. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2019年版…
  5. なぜ日本は捕鯨をやめないのか?
  6. ファッション界の大物、カール・ラガーフェルド、85歳で亡くな…
  7. アラビア語由来の単語:かわいいフランス語(131)
  8. ポワソン・ルージュ(サン・プリヴァ)の歌と訳詩、映画「シンプ…
  9. 黄色いベスト運動の終結をめざし、マクロン大統領が国民討論会を…
  10. ラ・シャンドルール(聖燭祭でありクレープの日)ってどんな日?…

おすすめ記事いろいろ

  1. シンプルだけどおいしいフィナンシエのレシピ:フランスのお菓子…
  2. 孤児、ガブリエル・シャネルはいかにしてココ・シャネルになった…
  3. ダムブランシュ、食べたい?:フランス語のCM
  4. スワッガー(Swagger):予告編のフランス語
  5. クロード・モネの「睡蓮」がオランジュリー美術館に寄贈されるま…
  6. 幸せを感じる力はひとりでに育つもの:翻訳講座の受講メモ
  7. 風に関する単語:かわいいフランス語教えます(132)
  8. モン・クール・モナムール~アナイス(歌と訳詞)
  9. サンタクロースの娘:ジャック・デュトロン。歌と訳詞
  10. フランス語の数字【第36回】4桁の数字の復習~年号

おすすめのまとめ記事

  1. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  2. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  3. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  4. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  5. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  6. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  7. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  8. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  9. フランス語入門日記~目次を作りました
  10. ニュースの記事のまとめ(2)

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP