フランス

虎と小鳥のフランス日記

『虎と小鳥』の教材制作チーム、海外グループに参加しました

このたび受講しているフランス語脳プロジェクトで、「教材制作チーム」に参加してみました。これは現在始動しつつある、新しい部活動(?)です。



教材制作チームとは?

教材制作チームって何かと言いますと、まあその名のとおり、フランス語の教材を作ろうとする人たちの集まりです。

昨年、電子書籍~虎と小鳥のパリ探訪が発売されました。これを作ったのは出版部という名のもとに集まった受講生の有志たち。

その出版部の2014年版といったところでしょうか?

最初の電子書籍が昨年の6月に出て以来、2冊めが出るようなことを聞きながら、いまだ発売されておりません。

が、ここに来て、突如「教材制作チーム」のプロジェクトが始まったのです。

まず2月の終りにリーダーの募集がありました。

実は私もリーダーに応募したのですよ。でも、へなちょこな意気込みを書いたせいか、選抜されませんでしたね^^;。

リーダーには48人の応募があったそうです。

リーダー候補の人数の多い順に
東日本グループ4つ、
西日本グループ3つ、
海外グループ1つ
という8つのグループが出来ました。

「リーダーに応募して、選ばれなかった人はサブリーダーのもりでいてください」と先生のメールにありましたから、私も海外グループの末席に置いてもらえたというわけ。

また電子書籍を作る予定

昨年の出版部の参加者は60~70名ほどいたと思います。

この時のミッションは、出版部全員でひとつの電子書籍を作ることでした。が、今回はなんと、各グループで一冊ずつ作る予定。

つまり全部で8冊できあがる計算ですね。

昨年よりメンバーの人数がぐんと増えているので、まあ、できないことはないでしょうか?

先日、スカイプでのリーダー会議の音声が配信されました。各リーダーの自己紹介と作りたい教材のコンセプトのプレゼンテーションがおさめられたものです。

この音声を聞いて自分がなぜリーダーに選ばれなかったのかよくわかりましたね。

だって、みんなすごくおもしろい、ユニークな、ちょっとそのへんには売ってないような教材案を話していたから。

ここには詳しく書けないんですけど、「これはすごい!」って何度もびっくりして、メモを取りました。

教材制作チームに参加したい人は、この音声を聞いたうえで、自分がどのリーダーにつくか決めて応募します。この場合は居住地は関係なし。ただし、私のいる海外チームは海外在住の人限定です。

これって、きびしくないですか?

人の集まるリーダーと集まらないリーダーができてしまいますよね?

そういう意味では私はリーダーにならなくてよかったのかも?



TIPAの歌の訳詞にも挑戦

教材の制作に入るまえに、4月は、この8月に発売されるTIPAのCDの曲の訳詞を各グループが1曲ずつ担当してやります。TIPAとは、「虎と小鳥のフランス日記」を作っているアントワーヌとカミーユという二人組。

この訳詞はCDのパッケージにおさめられる予定です。

私たち海外グループの訳す曲は、«Moi Je»

この歌、毎週届くビデオにもよく出てきますね。好きな曲です。

どの歌を訳すかは、リーダーがリクエスト(早い者勝ちだったらしいけど)したそうですが、この歌でうれしいです。

とりあえず、タイトルは「私、私」でいいのかな?

最初の4行はこんなふう

Moi je, suis ma meilleure amie
Moi je, m’intéresse qu’à ma vie
Parler de moi est un délice
T’écouter relève du supplice

私、私はわたしの親友
私、私はわたしの人生だけに興味しんしん
自分の話をするのが大好き
あなたの話を聞くのは大嫌い

・・・4行め、ちょっと自信なし。

昨年出版部が発足したときは、私は参加しませんでした。当時はまだフェイスブックをやっていなかったですから。

教材作るなんて、自信ないけど、今回は思い切って参加しました。今年はTIPAのCDが発売され、来日する予定もありますから、微力ながら盛り上げて行きたいと思っています。

国内のグループはリアルでのミーティングも交えて展開されるようです。海外グループは住んでるところがひじょうに広範囲に渡るため、これは難しいですね。はたしてどうなりますか。

このブログでも時々、教材製作チームの進行状況をお知らせできたら、と思っています。






踊るpenとグルL69 日本のいいもの前のページ

ビストロ・ヴィヴィエンヌでお茶をする~「虎と小鳥のフランス日記」第24話次のページパレ・ロワイヤル

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. マルシェ・デ・ザンファン・ルージュ

    虎と小鳥のフランス日記

    2014年 夏の思い出話~虎と小鳥のフランス日記第167話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」はカミーユが友だちとお茶を飲みながら、…

  2. サンマルタン運河のカミーユ

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」目次 vol.6 第126話~第150話

    長らくお待たせしました。「虎と小鳥のフランス日記」の各エピソードのキー…

  3. 化粧品

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」第93話 ライブ用のメイクアップ@イヴ・ロシェ

    私が毎週受け取っているビデオのフランス語の教材。93話の受講メ…

  4. リュクサンブール公園

    虎と小鳥のフランス日記

    リュクサンブール公園・その2~「虎と小鳥のフランス日記」第15話

    「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーを毎週1つずつ見ています。き…

  5. 虎と小鳥のフランス日記

    私的ベスト3「虎と小鳥のフランス日記」

    これまで配信された「虎と小鳥のフランス日記」のエピソードからベスト3を…

  6. エスパス・ジャポン

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」第29話 クリスマスのプレゼント探し

    毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも…

コメント

  1. Penさん、はじめまして。

    海外チームのリーダーになってしまった者です(^^;)。
    勢いにのって手を挙げてみたものの、今更焦ってドキドキしています。
    でも、同じチームにPenさんがいらっしゃるのでとても心強いです。
    翻訳用の曲は私の好みで選んでしまいましたが、同じく気に入っているとのことでよかったです。

    ひとこと挨拶申し上げたく、思わずコメントさせていただきました。

    どうぞよろしくお願いします^^。

      • フランス語愛好家
      • 2014年 3月 29日

      ムツミさん、はじめまして。
      ブログにアクセス、ありがとうございます。
      また、コメントいただきまして恐縮です。

      ムツミさんと織田先生の対談を拝聴しました。
      沖縄出身でいらっしゃるのですね。
      パリ在住の強みをぜひいかしてください。

      私は、そうですね、幽霊部員にならないように努力したいと思っております。
      こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. Les copains d’abord(仲間を先…
  2. やわらかヨーグルトケーキの作り方:フランスのお菓子40
  3. 5月20日は、世界ミツバチの日:なぜミツバチは、私たちの生活…
  4. カンヌ国際映画祭が果たしている4つの役割
  5. 読者さまの質問とその回答特集(その2)モーパッサンのことなど…
  6. 読者さまの質問とその回答特集(その1)
  7. 5月9日はヨーロッパの日。欧州連合の歴史を簡単におさらいしよ…
  8. わが心の風車(風のささやき):ミシェル・ルグラン(歌と訳詞)…
  9. 外出制限の中、あるフランス人家族はどんなふうに暮らしているか…
  10. 労働者の日(メーデー)がある理由。子ども向けの簡単な説明。

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. 日めくりとpen

アーカイブ

PAGE TOP