昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

名言その11~みんなめがねをかけている~アルフレッド・ド・ミュッセ

めがねをかけたpen

きょうも、フランスのロマン派の詩人、劇作家のアルフレッド・ド・ミュッセの言葉です。

彼は恋愛の名言ばかり残しているわけではありません。きょうは人間というものに関する名言です。

Chacun a ses lunettes ; mais personne ne sait au juste de quelle couleur en sont les verres.
– Alfred Louis Charles de Musset(1810-1857) –

誰もがそれぞれのめがねをかけている。しかし、そのめがねのレンズがどんな色なのか、ちゃんと知っている者はいない。
 - アルフレッド・ド・ミュッセ -

⇒音声はIVONA Text-to-Speech Voices でチェック!
(クリック後、ページが表示されると自動的に音声が始まります) 

ミュッセがの経歴についてはこちらの記事に書いています⇒名言その8~人生は人を愛してこそ

誰もがそれぞれのめがねをかけている。しかし、そのめがねがどんな色なのか正しく知っている者はいない。

誰もがめがねをかけている・・・。このめがねとはもちろん比喩で、物の見方のことですね。

物の見方は、価値観、考え方、判断の基準、モラル、信条といったものにも言い換えることができるでしょう。

自分の身の回りの現象を判断したり、反応するときの理由とも言えます。

眼鏡のレンズの色は、自分の反応のパターンと言ってもいいでしょうか?

ここに100人の人がいたら、ある現象に対する反応も100種類あるのでしょうね。「みんな無意識に反応してしまい、自分がなぜそういうリアクションを起こすのかわかっていない」、とミュッセは言いたいのではないでしょうか?

すなわち、「人っていうのは、人生をきわめて自動的に、あるいは受動的に生きているんだよ」、ということです。

よくわかる!フランス語の文法解説

単語の意味

chacun それぞれ、各々 ★この単語に複数形はありません。

a < avoir 持っている ses 彼の、彼女の  lunettes めがね mais でも personne (否定の ne と一緒に)誰も~ない Personne ne le sait. 誰もそれを知らない。 Le temps n'attend personne. 歳月人を待たず。 sait < savoir 知っている、わかっている au juste 正確には、実のところは Je ne sais pas au juste combien cela coûte. 値段がいくらなのか正確にはわからない。 de quelle couleur どんな色か en 中性代名詞のen ここでは、めがねのこと(des lunettes) enについてはこちらをごらんください。 ⇒「まいにちフランス語」29:L51 中性代名詞 en と y

sont < être ~である les 定冠詞の複数形 verres メガネのレンズ

直訳

誰もが自分たちのめがねをかけている。しかし、そのメガネのレンズの色を正しく知っている者はいない。

ミュッセのめがねはコビー博士のパラダイム

私は最近、毎日のように『7つの習慣』という本を読んでいるので、このミュッセの名言を見たとき、まっさきに著者の、コビー博士の言う「パラダイム」という言葉を思い出しました。

「パラダイム」というのは、人が物事を理解するとき、無意識に適用している考え方や価値観のことです。

これはミュッセのいうめがねだのレンズの色ですね。

コビー博士は自分がこうしたパラダイムを持っていることに気づき、ほかの考え方(たとえば、他人の意見や、立場など)の存在や意義について考えなさい、と言います。

そして必要に応じて、パラダイムを変えていくことが大切だと。
ミュッセはこうしたパラダイムの存在に、ちゃんと気づいていたのですね。

いかがでしたか?

日本語にも「色眼鏡」という言葉があります。「色眼鏡で人を見る」とは、先入観にとらわれたり、偏見をもって相手のことを判断すること。

私は子どものころ、夕食のデザートに出たりんご(大皿に全員の分がのっていた)を弟の分まで食べた、と親に非難されたことがありました。

自分の分しか食べていなかったので、「私、食べてない!」と嫌疑をはらそうとしたのですが、日頃の行ないが悪かったのか、全く信じてもらえませんでした。

その夜、泣きながら日記に「みんな、私のことを色めがねで見た」と書いたことを、今でも覚えています。相当くやしかったようです。

それでは、次回の名言の回をお楽しみに。

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^