昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

パリの音楽祭(2012年)~「虎と小鳥のフランス日記」第58話

パリの音楽祭(2012)

こんにちは。penです。
「虎と小鳥」のバックナンバーからきょうは58話を復習しました。

このエピソードは2年前の2012年の6月21日に収録されたもの。

この日に、La Fête de la Musiqueというイベントがフランス全土で行われますが、ビデオではパリの音楽祭をとりあげています。

のりのりで盛り上がってる人たちがたくさん登場しますよ。

サンプルビデオでその雰囲気を味わってください。
きょうご紹介する3つのキーフレーズの2つまで入っています。

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。現在は「不思議の国のフランス」という新しいシリーズを配信中⇒ウィンドウショッピング~不思議の国のFrance#2

午前2時ぐらいだそうですが、皆さん元気ですね。

きょうのメニュー
・3つのキーフレーズと解説
・音楽の祭日

それでは、復習言ってみよう!

3つのキーフレーズと解説

すべてアントワーヌのナレーションです。

occasion de  ~する機会

1982年以来、音楽祭はみんなが街の通りで明け方まで音楽を祝い、パーティをする機会となっています。

パリの音楽祭(2012)

Depuis 1982, la Fête de la musique est l’occasion pour tous de célébrer la musique et de faire la fête dans la rue jusqu’au petit matin.

et で接続するときは、同じ形を持ってきます。
つまり、occasion de の deをつける、ということです。

petit matin 夜明け

en fonction de ~に応じて

パリは国際的な都市なので、住んでいる地域と住民に応じて様々な種類の音楽を聞くことができます。

パリの音楽祭(2012)
道端で踊る人たち

A Paris, ville cosmopolite, on peut écouter tous types de musiques en fonction du quartier où l’on se trouve et de ses habitants.

ville cosmopolite(国際都市) は直前のParisの説明です。
このように 「ある名詞, それを説明する名詞」という形のとき、2つめの名詞は前の名詞の「同格」と呼びます。

説明するとややこしいですね^^;
要するに同じものです。

同格の名詞には、たいてい冠詞がついていません。

en fonction de ~ ~に応じて、よって

La mode varie en fonction de l’âge.
流行は時代によって変わる。

à la fin de ~の終りに

音楽祭はバカロレアの終わる時期に行われます。

パリの音楽祭(2012)

La Fête de la musique a lieu juste à la fin des examens du bac.

à la fin de ~の終りに

Nous nous reverrons à la fin de juillet.
7月の終りにまた会いましょう。

avoir lieu 開催される
bac = baccalauréat バカロレア、大学入学資格[試験]

音楽の祭日

動画で言われているように、1982年に当時の文化相ジャック・ラング氏の提唱始まったお祭り。

目的は、プロではないミュージシャンにも演奏をするチャンスを与えること、そして、ふだんコンサートに足を運ばないような人たちにも音楽を楽しんでもらうことです。

毎年6月21日(夏至の日)に、フランス中の街角でさまざまな音楽が演奏されます。いわゆるストリートミュージックのお祭りで、道端や、バーやカフェなどにいろんなミュージシャンが出現。

無料でそうしたコンサートを聴くことができます。

運営は各自治体がやっているようです。
音楽のジャンルはさまざまですが、パリの場合、移民が多いですから、ワールドワイドな音楽を楽しむ日となってます。

音楽祭は毎年テーマがあります。
2012年はポップミュージックでした。
今年、2014年は les musique urbaines アーバンミュージック。

くわしくは公式サイトでどうぞ⇒Fête de la musique

この音楽祭はフランスだけでなく、ヨーロッパの国々を始め、世界にも広まり、同じような時期にさまざまな音楽関連のイベントが行われます。

日本でも、札幌、大阪、東京で「音楽の祭日」の無料コンサートあり。

☆音楽祭の起源はこちらでも解説しています

いかがでしたか?

音楽の祭日、とても楽しいイベントですね。
特にヨーロッパは夏至の頃は、いい気候ですよね。
晴れた日に、道端で聴く音楽は最高です。

日本は梅雨ですけど。

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^