昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語の数字【第9回】~8(ユイット)

タコ

※フランス語で「タコ」はpieuvre(ピユーヴル)です。

「フランス語の数字は難しい…」というのは定説ですが、少しずつ慣れていけば大丈夫かな、と本当にひとつずつチェックしています。

今週は「8」です。

数字 «8»

8はhuit ユイット
最初のhは発音せず、語末のtは発音します。ウィットとユイットのあいだぐらいの音。

発音はこちら

※YouTubeで見る方はこちらから⇒French pronunciation = huit

※名詞の前で形容詞として使うときは、子音の前では、ユイッ、それ以外の前ではユイット。名詞の8はユイット。

例)
le huit septembre(9月8日) 
▲マークを押すと音が聞こえます。

huit heures(8時)

■ huit の語源はラテン語の octo 意味は「8」です。

派生語は

huitaine 約8つのもの
huitième 8番目の、8分の1
huitante ベルギー、スイスで80
octobre 10月 
※octobre は8番目の月という意味。古代ローマ暦は3月から始まり、octobreが8番目の月だったから。
octave オクターブ 完全8度音程

映画 『8人の女たち』

huit がタイトルに入っている映画をご紹介します。

Huit femmes
2002年 François Ozon フランソワ・オゾン監督

予告編はこちら
17秒ぐらいのところで、huit femmes,huit suspectes 8人の女、8人の容疑者 と言っています。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒http://youtu.be/js4dQbgQoKs

舞台は1950年代。クリスマス・イヴに雪に閉ざされたお屋敷に家族が集まります。屋敷の主人(唯一の男性)が殺され、家族(8人の女性)の誰が殺したのか、と皆が疑心暗鬼になって行く話。

もとはロベール・トマという人の書いた舞台劇。8人の女優が共演する豪華な映画ですね。

ミステリーですが、ミュージカルでコメディでもあります。ですが殺人が起きるわけですから、話は暗いのです。好き嫌いが別れる映画かもしれません。

huit を使った表現、文章

la page huit 8ページ

huit jours 1週間(数え始めの当日も含みます)。

Cinq et trois font huit. 5足す3は8

Ma fille a huit ans. 私の娘は8歳です。

Il se lève à huit heures le matin. 彼は毎朝8時に起きる。

いかがでしたか?

huit は 英語の eight に似ていますね。でも、あとに名詞が続くときはTを発音しないので、早くしゃべられると聞き取りに苦労するかもしれません。

この続きはこちらから⇒フランス語の数字【第10回】~9(ヌフ)

★このシリーズを最初から読む方はこちらからどうぞ⇒フランス語の数字【第1回】~0(ゼロ)

★ご意見、ご感想、ご質問などありましたら、こちらからどうぞ⇒お問い合わせフォーム

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^