昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

【第8回】オーツ麦とハンドクリームの熱い関係

オーツ麦

きょうは愛用のハンドクリーム(ボディローション)のラベルを読んでみました。

Aveenoという銘柄の商品です。


英語のラベル

まず英語のラベルを読んでみます。

Aveenoハンドローション

Dermatologist Recommended
Aveeno ACTIVE NATURALS
Daily Moisturizing Lotion

with natural colloidal oatmeal
clinically proven
to relieve dry skin
moisturizes for 24 hours
fragrance free

皮膚科医推奨
<商品名>
日中用モイスチャライジングローション
天然コロイド状オートミール配合
24時間、乾燥肌をしっとりさせることが
臨床実験で証明済
無香料

moisturizing は日本語になっていますが、
moisture(水)が動詞になったもので、水分を与えること(クリームなどは厳密にいうと肌の中の水分が外に出ないようにする)、しっとりさせること。

コロイド状はひじょうに細かい粒子になって液体、気体、個体などに分散している状態

フランス語のラベル

Recommandée par les dermatologues
<商品名>
Lotion hydratante quotidienne

avec avoine colloïde naturelle
éprouvée en clinique pour apaiser la peau sèche
hydrate durant 24 heures
non parfumée

意味は英語と同じです。

単語メモ

hydratante 水分を与える ;hydrater 動詞
crème hydratante モイスチャークリーム
Hを発音しないので「イドラットントゥ」みたいな発音です。

avoine オートミール

éprouver 試す、試験する

apaiser 和らげる

la peau sèche 乾燥肌


私がAveenoに行き着いたわけ

ここからはフランス語に関係のない話です。

食器用洗剤をフランス語で?で書きましたように、私、長らく手の乾燥に悩まされておりました。

乾燥といえば、カナダってもともと日本よりずっと湿度が低いんです。

初めてこの地に足を踏み入れた1996年の春、空気の乾燥のため、外に出るとすぐにほっぺたが痛くなりました。

日本にいたときは化粧をあんまりせず、美容の世界とも無縁で、それで何ら不自由を感じていませんでした。しかし、顔の痛みに耐えかねてしぶしぶドラッグストアへ。

あせっていたので、よくわからない中から適当にオレイ(Olay)というアメリカのブランドのクリームを買いました。

でも、これ匂いがきつくてなんとなくお肌にもやさしくありませんでした。

そのあと、ニュートロジーナ、ベビーオイル、赤ちゃんのおむつかぶれ用クリーム、その他いろいろ試してみたのですが、なんだか、みんな微妙にあわなかったです。

私は特に香りがついているものがだめで、アレルギーというほどではないのですが、たまにどっと湿疹がでました。

そんなこんなで、お肌の乾燥とたたかっていたある日、ある学校のオフィスでボランティア仕事をしていたとき、手がばりばりに乾燥したことがありました。

私、ふだん、とても控えめで、多少のことはがまんするのですが、あまりにも乾燥が気になったので、学校の事務の人にハンドクリームを貸してくれ、と頼みました。

そしたら、彼女が自分のデスクの上にあったAveenoというローションの大きなボトルを渡してくれたんです。

「これ、とってもいいわよ」と言われました。

そしたら、ほんとうにとっても使い心地がよく、しかも乾燥がすっきり解消。

それ以来気に入って、ハンドケアやボディケア商品を自分で買う時はAveenoばかりです。あまりに気に入ったので、乾燥が気になる時はハンドクリームを顔にも塗っていました。

香りのついている製品もありますが、無香料のものを使っています。

ローションといっても乳液とクリームのあいだぐらいの感じです。
アヴィーノハンドローション

Aveenoは日本では発売されていません。

特徴はオーツ麦が入っていることです。

オーツ麦は私の好きなオートミールの原料です。

食べるオーツ麦についてはこちらを⇒オートミールレーズンクッキーとオーツの話

オーツ麦の茎の成分は皮膚のかゆみを和らげ、保湿する作用があります。

ビタミンEも豊富でカサつきを改良するので、ヨーロッパでは古くから湿疹やかぶれを抑えるため、オーツ麦を入れたお風呂に入る療法がありました。

私も湿疹がひどいとき、オートミールが原料の入浴剤をよく使っていましたが不思議なことにかゆみがやわらぎます。

Aveenoという商標はオーツの学術名Avena sativaから来ています。

現在、アメリカ、カナダ、韓国で発売されています。

最初はオートミールの入浴剤から始まったこのブランド。そのうち人気が出て、今はいろいろなラインが出ています。

今年から女優のジェニファー・アニストンがプロモーションしています。

AveenoのCMです。

アニストンはナチュラルなイメージなので、Aveenoにあっていますね。本当に使ってるかどうかは知りませんが。






関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

友だちのブログ

友人、知人のブログをまとめました。

管理人がよく行くサイト

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^