昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

私がきれいな理由、知ってる?

Flunch-本日の料理
この画像を含め、きょうの画像はフランチの公式サイトからお借りしました⇒Restaurants flunch

久しぶりにフランス語のCMのご紹介です。

Flunch(フランチ)というフランスのレストランのCMです。

子どもが2人、おしゃべりしています。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒フランチのCM
bien-être は「充足感、満足感、生活のゆとり」という意味です。

以下はスクリプトと和訳です。

フランチのCM~スクリプトと和訳

Oscar, tu me trouves comment ?
Ben, belle…
Et tu sais pourquoi je suis aussi belle ?
Non.
Parce que je prends le menu bio à chaque fois que je viens chez Flunch.
Et moi, tu crois que je serais plus beau si je mangeais bio ?
Ah non, ça ne marche que pour les filles !
C’est pas juste.
C’est triste, hein…
Oui.

Chez Flunch, il y a du bio dans le menu enfant pour seulement 3 € 45.

オスカー、私のことどう思う?
うーんと、きれいだよ。
どうして私がこんなにきれいか、わかる?
うううん。
それはね、フランチに来るたびに、オーガニックのメニューを食べてるからよ。
じゃあ、もし僕がオーガニックの食べたら、もっとハンサムになる?
それはないわ。これは女の子の場合だけなの。
そんなの不公平だよ。
悲しいことね。
うん。

フランチレストランでは、お子様メニューにオーガニック料理あり。たった3ユーロ45です。

※スクリプトはExercice d'écoute: Chez Flunch (1)を参考にしました。

※単語メモ
le menu bio オーガニック料理
à chaque fois そのたびに

trouver 探していたものを見つける、という意味ですが、この文のように、「~を・・・と思う、感じる」という意味でもよくでてきます。その対象に、・・・を見出す⇒思う、という流れです。
例文)
Je trouve ce livre intéressant.
私はこの本をおもしろいと思う。

基本単語のみで構成されています。日常、使える表現なので、このまま覚えておくとよさそうですね。

きょうのワンポイントフランス語~条件法

je serais plus beau si je mangeais bio 
もし、私がオーガニック料理をたべたら、よりハンサムになるだろう。

この文は条件法です。

条件法は現実にはありえないことを、もし~だったら、と仮定するときに使います。

条件法を習うときに「もし鳥だったら、飛んでいくのに」というような例文がよく出てくるのですが、それと同じ形です。

条件を言ってる部分:si+半過去 「もし~ならば」 
je mangeais もし、私が食べたなら
mangeais は manger の半過去形

その条件のもとで起こるだろうこと:動詞を条件法に活用させる「~だろうに」
je serais plus beau  より美しくなるだろう
serais は être の条件法の活用

このCMを見ると、人によって、いろいろ感じることがあると思います。

たとえば、

  • フランス人は子どものときからこまっしゃくれているのね。
  • やっぱり、小さいときからpourquoi(なぜ?)- parce que (なぜならば・・・)のロジック展開で鍛えてるんだ。
  • あんなにうれしそうににんじんを食べる子どもが本当にいるのだろうか?
  • 「女の子はきれいであるべき」というステレオタイプを子どもに押しつけていいのか?
  • などなど。

    私は昔の日本の「私作る人、僕食べる人」というインスタントラーメンのコマーシャルを思い出しました。

    きょうの豆知識:フランチ

    Flunchは1971年からあるフランスのフランチャイズ展開のレストランです。

    2010年現在、フランス国内に227店舗、海外(スペイン、ポルトガル、イタリアなど)に63店舗。

    郊外のショッピングセンターに店舗がたくさんあります。

    フレンチレストランといっても、ここは学校のカフェテリアみたいにセルフサービス( libre-service)です。

    安くて、早くて、おいしいのがウリでしょうか?

    このCMはちょっと前のものだと思います。CMの女の子が食べてるのはマカロニ、ミートボール、にんじんのグラッセみたいですね。これが4ユーロ以下なら安いでしょうか。デザートに赤いヨーグルトかゼリーか何か知りませんが、プリンみたいなものもそばに置いてありますし。

    現在は、 plat(料理)+ dessert(デザート) + boisson(飲み物) にjouet(おもちゃ)がついて、3ユーロ95です。これは、オーガニック料理かは不明です。

    子ども用メニュー

    おまけのおもちゃはこんな感じ。

    子ども用のおまけ

    マクドナルドのハッピーセットについているような物です。親としては、ゴミになるだけの代物なので、うっとうしいのですが。子どもはこういうおまけが大好きですね。

    大人のLe plat du jour「本日の料理」はトップの画像です。

    この店は、早くて安いのがウリのようです。トリップアドバイザーを見ると、「死ぬほどおなかがすいているなら、おいしいだろう」とか、「バックパッカー向け」などと、書かれていました。☆(星)5つの評価もありましたけど。

    店名のFlunchは英語の fast(速い) + lunch(昼食)を合体させた合成語です。こういうのをフランス語で、mot-valise (モヴァリーズ)と言います。

    虎と小鳥第107話でも出てきたブランチ(Brunch)もこのたぐいの言葉です。こちらは、
    breakfast(朝食)+lunch (昼食)からできた単語です。

    それでは、次回のCMの記事をお楽しみに。



    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^