ホットドッグ

虎と小鳥のフランス日記

パサージュ・デュ・グラン・セールの「大人しくない(Pas sage)」レストラン~「虎と小鳥のフランス日記」第134話

今週の「虎と小鳥のフランス日記」はパサージュ・デュ・グラン・セール その1の続きです。

前回で、最後に「おなかがすいた。よいレストランを見つけといた」と言ってたカミーユですが、そのレストランで食事をします。

このレストラン、ちょっと変わった名前なんです。

サンプル動画に出てきますからチェックしてくださいね。一つ目のキーフレーズも入っています。

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

たくさんしゃべっているので、今回もまずサンプル部分の発話のチェックをしますね。

きょうのメニュー

  • サンプル動画のスクリプトチェック
  • 3つのキーフレーズ
  • キーフレーズの解説
  • フランスのコース料理


  • サンプル動画のスクリプトチェック

    Comme aujourd’hui je ne suis pas très sage, j’ai décidé d’aller manger au «Pas sage».

    Alors, on va prendre la formule déjeuner, euh…entrée plat dessert.

    今日は私、あまり大人しくないから、レストラン「大人しくない(Pas sage)に食べに行くことに決めました。

    えーと、私はお昼のコースで、アントレ、メイン、デザートにします。

    このレストランの名前は店舗がある Passage  と pas sage をかけた言葉遊びになっています。

    sage は子どもが大人しい、聞き分けがいい、お利口さん、などといった意味です。

    3つのキーフレーズ

    お昼のコース料理

    えーと、私はお昼のコースで、アントレ、メイン、デザートにします。

    le pas sage

    Alors, on va prendre la formule déjeuner, euh…entrée plat dessert.

    大当たりです

    こんな名前をつけるこのレストラン。店内の装飾も、他とは変わった趣向をこらしています。たとえばクリスマスツリーを天井からぶらさげたり。

    去年、そうしたら、

    それは大あたりしました。

    le pas sage

    ça a fait fureur.

    また来たい

    今年も天井からぶらさげるそうという話をきいたカミーユの言葉

    また来たいですね。

    le pas sage

    Ah ça va nous donner envie de revenir.

    キーフレーズを少し解説

    la formule déjeuner

    お昼のコース

    formule とは決まった形。定型。レストランのメニューについて使えば、コース料理となります。

    夜のコース料理なら la formule dîner
    朝の料理なら la formule petit-déjeuer

    faire fureur

    熱狂を呼び起こす、大人気である

    fureur は「怒り、激怒」ですが、「熱狂、夢中、恍惚」という意味もあります。前にfaireをつけると、「大人気」になるのですね。

    ちなみに、激怒する は
    entrer [se mettre ] en fureur です。

    Cette mode fait fureur maintenant.
    このモードが今大流行だ。

    Ce jean fait fureur aux Etats-Unis en ce moment.
    このジーンズは目下、アメリカで人気をさらっている。

    donner envie de + 不定法

    ~したい気にさせる

    envie は「欲求」ですから、何かが自分に~する欲求を与える⇒~したくなる、という流れは想像つきやすいですね。

    Ça donne envie de vomir.
    それは吐き気を催させる。

    フランスのコース料理

    レストランの料理の構成について見て行きましょう。

    まず、単品(à la carte)とコース料理(formule)に分かれます。

    そのコース料理の組み合わせに、通常3つあります

  • アントレ、メインディッシュ、デザート entrée, plat, dessert ⇒カミーユが注文したもの。
  • アントレ、メインディッシュ entrée, plat
  • メインディッシュ、デザート plat, dessert
  • カミーユがコース料理、と言ったあとに entrée plat dessert と付け加えているのはフルセットを頼んだからですね。

    ちなみに、この日のお昼のコース料理のメニューは店の黒板に書かれています。2品だと、どちらも17ユーロです。

    黒板

    下に書いてる3品がアントレ、メイン、デザートの内容です。

    アントレ

    Veloté de pomme de terre chorizo
    チョリゾ(スペイン産のスパイシーなドライソーセージ)の入ったじゃがいものポタージュ。 veloté は「ビロードのような」という意味ですが、スープなどが「とろりとした」という意味もあります。 potage voleté でとろりとしたポタージュ、ブルーテポタージュ

    スープ

    メインの料理

    Risotto de coquillages 貝のリゾット

    リゾット

    デザート

    Tarte citron meringuée レモンタルトメレンゲのせ

    レモンタルト

    アントワーヌはオーベルニュ地方のソーセージのホットドッグ(un hot dog à la saucisse d’Auvergne)を頼みました。

    テーブルにはサラダとじゃがいもものっていたのでセットだと思います。ホットドッグにじゃがいも?と思うわけですが、じゃがいもは野菜、という位置づけでしょう。確かに野菜ですから。

    ホットドッグ
    なんか生っぽいソーセージ…

    サンプルビデオにも出てきましたが、フランス語はHを読まないので「オットドッグ」という発音になります。

    さて、「3品のコースの値段はいくらだろ?」、と思って調べたところ、20ユーロでした。



    おまけ画像~Le Pas ageのユニークな内装

    ここにツリーをツリーさげるのかな?

    Le pas sage

    これは本格的にアブサンを作るときに、水を少しずつ落とせるように、水をためておくもの。この店ではなんと、金魚(ではないような気もするが)の鉢代わりに使っています。

    アブサンの水入れ

    店内はこんな感じ。アントワーヌはいったいどこから撮影したのだろうか?

    le pas sage

    いかがでしたか?

    料理はなかなかおいしそうでしたよ。水もすごく大きなボトルに入っていましたし。バゲットはたいていのレストランでおまけですし、お得かもしれません。

    Le Pas sage という名前は字面はおもしろいけど、発音は同じだし、パリにはそれこそpassageがたくさんあるし、まぎらわしくないんですかね?

    それでは、次回の「虎と小鳥のフランス日記」の記事をお楽しみに。






    バラバレンタインデーのフランス語~その2 プレゼント前のページ

    『男の子女の子』~フランソワーズ・アルディ:歌と訳詞次のページカップル

    ピックアップ記事

    1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
    2. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。
    3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

    関連記事

    1. パリロマン派美術館

      虎と小鳥のフランス日記

      パリ・ロマン派美術館「虎と小鳥のフランス日記」第48話その1

      毎週、虎と小鳥のフランス日記バックナンバーを1つずつ学習しています。…

    2. ニュイ・ブランシュ

      虎と小鳥のフランス日記

      ニュイ・ブランシュ(白夜祭)2013年パリ~「虎と小鳥のフランス日記」第125話

      虎と小鳥のフランス日記の新しいエピソードが届きました。今回はパリのニュ…

    3. ルルク運河

      虎と小鳥のフランス日記

      ルルク運河の散歩「虎と小鳥のフランス日記」第42話~後半

      虎と小鳥のフランス日記第42話の後半の受講メモです。この回は、…

    4. クレーム・ブリュレ

      虎と小鳥のフランス日記

      『アメリ』と歩くモンマルトル その2「虎と小鳥のフランス日記」第37話

      毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも…

    5. オペラ・コンサート

      虎と小鳥のフランス日記

      オペラコンサート@パリ国際大学都市~虎と小鳥のフランス日記第143話

      今週の「虎と小鳥のフランス日記」は、2014年2月1日にパリ国際大学都…

    6. ストレール

      虎と小鳥のフランス日記

      王のパティシエとライブ「虎と小鳥のフランス日記」第2話

      毎週一つずつ、虎と小鳥のフランス日記のバック・ナンバーを見ています。…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    スポンサーリンク



    新しく書いた記事です。

    1. 使い捨てマスクが野生動物たちを殺してしまう。
    2. スーパーで買い物する:ペッパピッグのフランス語(7)
    3. Brexit:安堵と不安を感じる漁師たち。
    4. フランス人が大事にしているガレット・デ・ロワを食べる習慣
    5. 使い終わったツリーはどこに、どうやって捨てるべきか?
    6. 革新的なデザイナー、ピエール・カルダン、98歳で亡くなる。
    7. 雪だるまの作り方:ペッパピッグのフランス語(6)
    8. プラスチックを使わないゼロ・ウエイスト生活(後編)
    9. 世界の人、全員がクリスマスをお祝いするの?
    10. Le Dernier Noël (最後のクリスマス):Le …

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    フランス語の勉強法とか

    1. 星の王子さまの本
    2. 黒板
    3. 2021年の日めくり

    アーカイブ

    PAGE TOP