香水のボトル

かわいいフランス語

香水の名前(1)人気香水ランキング:かわいいフランス語教えます~その43 

かわいい感じ、素敵な響きのするフランス語を集めています。

きょうはちょっといつもと趣向を変えて、すでに市場に出ているフランスの香水の名前をリストにします。

先日、「バラの香り」はフランス語で何と言うのかというご質問をいただきました。この方はフラワーアレンジメントの教室の名前を考えていらっしゃるそうです。

このお便りを見て、「香り」関係の言葉を集めたらおもしろいのではないかと思いました。まずは香水の名前から調べてみましたよ。



香水の名前の付け方

香水の名前の付け方は、おもに、

1.花の名前

2.ブランドやデザイナーの名前をそのままつける

3.調香師がイメージするさまざまなものを自由につける

この3種類あると思います。

特に3番は、「香り」という目に見えないものを、言葉にのせるのですから、時に幻想的でユニークな名前が多いですね。

商品名ですから、登録商標されているものも多いでしょう。ですが、一般名詞や、ふつうの文が名前になっているものは、ネーミングに応用できます。

あなたのメールアドレスやサイト、ショップ、商品名、作品名、プロジェクト名など、さまざまなネーミングのヒントにしてください。

その1では2013年にフランスで最も売れた女性の香水ベスト10の名前をご紹介します。

★読み方をカタカナで書いてありますが、フランス語の発音をカタカナで書ききることはできません。

必要に応じて、発音ガイド Forvo(肉声)などで確認してください。

2013年に最も売れた女性の香水ベスト10

10位から書いていきます。

第10位: Lady Million レディミリオン Paco Rabanne パコ・ラバンヌ

これはフランス語ではなく英語です。メンズで ワンミリオン(100万)という香水があるので、それの女性版ということでしょうか。直訳は「100万の女」ですかね。

第9位: Miss Dior ミスディオール  Dior ディオール
Missも英語です。フランス語で言えば、Mademoiselle (マドモワゼル)ですけど、Mademoiselle Dior にしたら、フランス人にとってはあまりに普通だし、長たらしいので、Miss にしたのでしょう。

Diorはもちろんブランド名(デザイナーの名前)です。直訳は「ディオールのお嬢さん」訳すと切れがなくなりますので、ここはやはり「ミス・ディオール」と呼んだほうがいいですね。

第8位:Shalimar シャリマー Guerlain ゲラン
1925年のパリ万博で発表された古い香水ですが、今も人気。フランスを代表する名香です。

ジャック・ゲランが調香したシャリマーは世界初のオリエンタルな香水。フランス人にとってはとてもエキゾチックな香りだと思われます。

シャリマーはタージ・マハールの庭園の名前です。

17世紀に、インドの大帝シャー・ジャハーンと愛妃ムムターズ・マハルがここで愛を交わしたとのこと。

シャリマーはサンスクリット語で「愛の殿堂」という意味だそうです。まさに「愛の香水」。香りだけでなく、このような物語を付け加えたのも、この香水の成功の原因の1つかもしれません。

タージ・マハルをデザインしたボトルも有名ですね。

こちらはゲラン社による、シャリマーの歴史を語った動画です。

第7位:Flower by Kenzo フラワーバイケンゾー Kenzo ケンゾー
英語です。意味は「ケンゾーによる花」ひじょうにシンプルなネーミング。

第6位:Coco Mademoiselle ココマドモアゼル  Chanel シャネル
Cocoというのは、シャネルの創始者、ココ・シャネルの名前です。

Cocoという香水があるので、それのマドモワゼル向け。つまり若向けという感じでしょうか。

ココ・シャネルについてはこちらに詳しく書いています⇒名言その1~ココ・シャネル~上品な服装が引き立たせるものとは?

第5位: Angel エンジェル Thierry Mugler ティエリー・ミュグレー
これも英語です。フランス語でエンジェルはAnge (オーンジュ)。意味は「天使」

第4位:N°5 ニュメロ・サンク Chanel  シャネル
最も有名なシャネルの香水「シャネルの5番」。

シャネルに香水を作るよう依頼を受けた、調香師の、アーネスト・ボーは自分の作った香水に、1番から5番、20番から24番の番号をつけて、シャネルに提出。

シャネルは自分の5回目のコレクションを5月5日に開くことにしていたので、5という数字は縁起がいいから、5番を選び、そのまま「5番」という名前をつけた、と言われています。

1921年5月5日発表されたロングセラー。

背番号みたいで味もそっけもないネーミングですが、かえってこれが受けたのですよね。

シャネルの5番について詳しくはこちらに書いています⇒名言その5~ココ・シャネル~香水をつけない女性の未来とは?

第3位: La petite Robe noire ラ・プティート・ローブ・ノワール Guerlain ゲラン
意味は小さな黒いドレス.ミニ丈のイブニングドレスやカクテルドレスのこと。パーティ着ですね。
香水の老舗、ゲランの一番新しい香水。

シャリマーだけでなく、「夜間飛行(Vol de Nuit)」とか「ミツコ(Mitsouko)」など著名な香水を作って名高いゲラン社。

もう少し、カジュアルで親しみやすいイメージを演出したのが、このLa petite Robe noireです。

コマーシャル
音楽はナンシー・シナトラのThese Boots Are Made for Walkin’

最後にGuerlainと言ってますが、「ゲラン」じゃないんです。「ゲルラン」と書いてほうが近いですね。

第2位:La vie est belle ラ ヴィ エ ベル Lancôme ランコム
La vie est belle は「人生は美しい、人生は楽しい」という意味です。

第1位:J’adore ジャドール Dior(ディオール)
J’adore は Je adore の縮約で、意味は「私は大好きである」⇒「大好き」
文脈によっては、je t’aime 「あなたを愛しています」より、強い愛情を示します。

売上げランキングはParfums, Tendances & Inspirationsにあった、Les parfums les plus vendus en 2013 : Top 10 parfums féminins という記事を参考にしました。

しかしこの記事は削除されたので、2017/11/21にリンクをはずしました。



香水関連情報

フランス語で香水はparfumです。

ご質問いただいた、「バラの香り」は
parfum de la rose パルファン ドゥ ラ ローズ
parfum de rose パルファン ドゥ ローズ

定冠詞 laが入っていないほうは、通常、そのバラが見えないときに使います。

☆香りに関する言葉を集めてみました⇒香りやアロマに関する言葉:かわいいフランス語教えます(115) | フランス語の扉

■このシリーズの一部を加筆修正して電子書籍にしました。こちらでご紹介しています↓↓↓
電子書籍表紙

⇒「かわいいフランス語教えますVol.1」~電子書籍出版のお知らせ

この続きはこちら⇒その44 香水の名前 その2 ブルジョワ

シャネルの5番はニュメロサンク。製品さえ良ければ、そっけない名前もまた魅力的になってしまうのですね。次回も香水の名前を集めます。






ヒマラヤヒマラヤのアンナプルナの雪崩や吹雪で遭難前のページ

フランス語のことわざ57~木はしばしば森を隠す(木を見て森を見ず)次のページ森林

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 喜ぶ子ども

    かわいいフランス語

    感情を表す名詞:喜びと悲しみと~かわいいフランス語教えます(104)

    かわいいフランス語の単語を集めるシリーズ。第104回は抽象名詞の続きで…

  2. 花壇

    かわいいフランス語

    花言葉【第6回】かわいいフランス語教えます~その21

    メールアドレスや、ブログ、ホームページ、自分ブランド、ペットの名前、そ…

  3. ハロウイン

    かわいいフランス語

    ハロウィンに関連する単語~かわいいフランス語教えます(93)

    かわいいフランス語を集めています。今回はハロウィンに関連する単語を25…

  4. 図書館

    かわいいフランス語

    図書館にあるもの~かわいいフランス語教えます(94)

    響きがかわいいフランス語を集めています。今回は図書館にあるものを25個…

  5. 花瓶の中のバラ

    かわいいフランス語

    かわいいフランス語、教えます~その11 愛をこめた呼びかけ

    フランス語のかわいい単語、すてきな響きのある言葉を集めています。自分ブ…

  6. ヘアカット

    かわいいフランス語

    髪の毛に関する単語~かわいいフランス語教えます(97)

    かわいいイメージのあるフランス語の単語を集めています、第97回は、髪の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. サマータイム(le changement d’h…
  2. 夜間外出禁止令にショックを受けるフランスのレストランのオーナ…
  3. 魔女の指クッキーの作り方:フランスのお菓子43
  4. なぜ雄鶏がフランスのシンボルなのか?
  5. 子供の質問(フランスのスーパーのCM)
  6. 死刑って何ですか?
  7. Les Fleurs (花々):クララ・ルチアーニ(歌と訳詞…
  8. パリで初のシャネルの回顧展、始まる。
  9. ギロチンの歴史(後編)
  10. ギロチンの歴史(前編)

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 日めくりとpen
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

アーカイブ

PAGE TOP