パリの音楽祭(2012)

虎と小鳥のフランス日記

パリの音楽祭(2012年)~「虎と小鳥のフランス日記」第58話

「虎と小鳥」のバックナンバーからきょうは58話を復習しました。

このエピソードは2年前の2012年の6月21日に収録されたもの。

この日に、La Fête de la Musiqueというイベントがフランス全土で行われますが、ビデオではパリの音楽祭をとりあげています。

のりのりで盛り上がってる人たちがたくさん登場しますよ。

サンプルビデオでその雰囲気を味わってください。
きょうご紹介する3つのキーフレーズの2つまで入っています。

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

午前2時ぐらいだそうですが、皆さん元気ですね。

きょうのメニュー
・3つのキーフレーズと解説
・音楽の祭日

それでは、復習言ってみよう!



3つのキーフレーズと解説

すべてアントワーヌのナレーションです。

occasion de  ~する機会

1982年以来、音楽祭はみんなが街の通りで明け方まで音楽を祝い、パーティをする機会となっています。

パリの音楽祭(2012)

Depuis 1982, la Fête de la musique est l’occasion pour tous de célébrer la musique et de faire la fête dans la rue jusqu’au petit matin.

et で接続するときは、同じ形を持ってきます。
つまり、occasion de の deをつける、ということです。

petit matin 夜明け

en fonction de ~に応じて

パリは国際的な都市なので、住んでいる地域と住民に応じて様々な種類の音楽を聞くことができます。

パリの音楽祭(2012)
道端で踊る人たち

A Paris, ville cosmopolite, on peut écouter tous types de musiques en fonction du quartier où l’on se trouve et de ses habitants.

ville cosmopolite(国際都市) は直前のParisの説明です。
このように 「ある名詞, それを説明する名詞」という形のとき、2つめの名詞は前の名詞の「同格」と呼びます。

説明するとややこしいですね^^;
要するに同じものです。

同格の名詞には、たいてい冠詞がついていません。

en fonction de ~ ~に応じて、よって

La mode varie en fonction de l’âge.
流行は時代によって変わる。

à la fin de ~の終りに

音楽祭はバカロレアの終わる時期に行われます。

パリの音楽祭(2012)

La Fête de la musique a lieu juste à la fin des examens du bac.

à la fin de ~の終りに

Nous nous reverrons à la fin de juillet.
7月の終りにまた会いましょう。

avoir lieu 開催される
bac = baccalauréat バカロレア、大学入学資格[試験]



音楽の祭日

動画で言われているように、1982年に当時の文化相ジャック・ラング氏の提唱始まったお祭り。

目的は、プロではないミュージシャンにも演奏をするチャンスを与えること、そして、ふだんコンサートに足を運ばないような人たちにも音楽を楽しんでもらうことです。

毎年6月21日(夏至の日)に、フランス中の街角でさまざまな音楽が演奏されます。いわゆるストリートミュージックのお祭りで、道端や、バーやカフェなどにいろんなミュージシャンが出現。

無料でそうしたコンサートを聴くことができます。

運営は各自治体がやっているようです。
音楽のジャンルはさまざまですが、パリの場合、移民が多いですから、ワールドワイドな音楽を楽しむ日となってます。

音楽祭は毎年テーマがあります。
2012年はポップミュージックでした。
今年、2014年は les musique urbaines アーバンミュージック。

くわしくは公式サイトでどうぞ⇒Fête de la musique

この音楽祭はフランスだけでなく、ヨーロッパの国々を始め、世界にも広まり、同じような時期にさまざまな音楽関連のイベントが行われます。

日本でも、札幌、大阪、東京で「音楽の祭日」の無料コンサートあり。

☆音楽祭の起源はこちらでも解説しています

音楽の祭日、とても楽しいイベントですね。
特にヨーロッパは夏至の頃は、いい気候ですよね。
晴れた日に、道端で聴く音楽は最高です。

日本は梅雨ですが。






ピックアップ記事

  1. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. サンマルタン運河のカミーユ

    虎と小鳥のフランス日記

    カミーユとアントワーヌのパリ再発見~「虎と小鳥のフランス日記」第140話

    「虎と小鳥のフランス日記」最新エピソード、第140話の受講メモです。…

  2. サンマルタン運河のカミーユ

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」目次 vol.6 第126話~第150話

    オットドッグ長らくお待たせしました。「虎と小鳥のフランス日記」…

  3. ブルーベリー

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」第27話 マルシェ・グルネル

    毎週土曜日に届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナ…

  4. パリのレストラン~ナポレオン

    虎と小鳥のフランス日記

    週末のブランチ「虎と小鳥のフランス日記」第107話

    今週の「虎と小鳥」は日曜日にのんびりブランチを食べるカミーユ(とアント…

  5. 震災後の日本再生

    虎と小鳥のフランス日記

    パリより東日本大震災を考える~「虎と小鳥のフランス日記」第57話

    「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーから、第57話を復習しました…

  6. 100th

    虎と小鳥のフランス日記

    おめでとう!第100話!「虎と小鳥のフランス日記」第100話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」は記念すべき第100話。カミー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. フランス語で知るハロウインの由来。
  2. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
  3. 伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。
  4. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  5. シャネルを物語る5つの色(後編)
  6. 猛暑をフランス語でなんと言う?
  7. 新学期に関する言葉:かわいいフランス語(128)
  8. [連絡]ご質問いただいた、めいさんへ
  9. もう森へなんか行かない(フランソワーズ・アルディ):歌と訳詞…
  10. シャネルを物語る5つの色(前編)

おすすめ記事いろいろ

  1. とどかぬ愛~ジョニー・アリディ(歌と訳詞)
  2. 第14回『雪の女王』~アナと雪の女王の原作
  3. フランス語で学ぶチョコレートの歴史
  4. イースター・エッグ:マルセル・パニョルの詩
  5. パリ・オペラ座バレエ学校の『小さなネズミたち』
  6. 「うっかりペネロペ」はフランスの青いコアラの女の子:多読にお…
  7. 2014年春夏ファッションのトレンドその1~フォークロア
  8. トリュフォー監督の Les mistons(あこがれ)のmi…
  9. ペンギン王国の湖~masausa、penのおまけコーナー【第…
  10. 「まいにちフランス語」31:L53 複合過去その2

おすすめのまとめ記事

  1. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
  2. フランス語のことわざ~目次 その1
  3. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  4. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  5. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  6. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その3
  7. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  8. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  9. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  10. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. 2018年フランス語日めくりカレンダー

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP