マルシェグルネル

虎と小鳥のフランス日記

理想的な日曜日・その3~「虎と小鳥のフランス日記」第61話

きょうは「虎と小鳥のフランス日記」の第61話を復習しました。

受講メモを書く前に、「虎と小鳥のフランス日記」を作っているTIPA(カミーユとアントワーヌ)が、8月8日に日比谷公会堂でコンサートをしますことをお知らせします。

お近くの方は、ぜひお出かけください。「虎と小鳥」のメンバーに会えます^^

では、61話の復習です。
この回は前回の続きで、カミーユの日曜日を追っています。
カフェで休憩⇒公園をジョギング。
そして、マルシェで買い物をします。

☆サンプルビデオをどうぞ。仏語字幕。約50秒

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

ローストチキン、おいしそうですね。

■ きょうのメニュー

  • サンプル部分のスクリプトと和訳
  • 3つのキーフレーズ
  • グルネルのマルシェ
  • それでは、復習、行ってみよう。



    サンプル部分のスクリプトと和訳

    Alors qu’est-ce qu’on va manger aujourd’hui ?
    Un…poulet rôti fermier ?

    Ouais bonne idée, un poulet. Euh…
    Et puis faut acheter des légumes et des fruits.
    Ouais. Alors…

    Et avec ceci ?
    Ce sera tout.
    6,70.

    さて、きょうは何を食べる?
    地鶏のローストチキンは?

    うん、いいアイデアね。鶏と、えーと。
    それから野菜と果物も買わないと。
    そうね。

    他には?
    それだけです。
    6ユーロ70です。

    fermier 農場の;伝統的な製法で作った、手作りの

    3つのキーフレーズ

    Ce sera tout

    「ほかに注文はありますか」
    と聞かれたとき、それで全部です、という言い方。

    それで全部です

    マルシェグルネル

    Ce sera tout.

    決まり文句です。
    sera < être 単純未来形 直接法のC'est tout. を使うより丁寧です。

    c’est quoi …

    リンゴを買うときにカミーユが聞いています。

    赤いのは何ですか?

    マルシェグルネル

    C’est, c’est quoi les rouges euh… ?

    マルシェグルネル

    je voulais prendre…

    あとは何を買おうと思っていたんだっけ?

    マルシェグルネル

    Qu’est-ce que je voulais prendre aussi… ?

    買い物してるときに、よくこう言いますね。

    voulais ← vouloir (~が欲しい) 半過去形

    今回のキーフレーズはすべてまるごと覚えておくとマルシェで使えます。



    マルシェ・ドゥ・グルネル Marché de Grenelle

    マルシェグルネル

    カミーユがジョギングしていたシャン・ド・マルス公園から南に700メートルぐらい行ったところにあるマルシェです。15区です。

    大きな特徴は地下鉄6号線の高架線の下にあること。だから天候に左右されません。

    実は第27話でも登場しています。
    「虎と小鳥のフランス日記」第27話 マルシェ・グルネル

    このときは、冬場で、カキも売っていました。

    ここには、豊富な食料品(肉、魚、シーフード、野菜、果物、卵、パン、チーズ、デザートなど)や、生花などが出され、どれも品質がよいとのこと。

    ここに店を出す希望者のウェイティングリストは5年待ちだそう。

    水曜と日曜日の、朝の7時から午後2時半ぐらいまで開いています。日曜日は観光客が多く、骨董品の店も出ます。

    カミーユが行ったのは、日曜の昼下がりで、もう人でのピークは過ぎていたと思います。それでもにぎわっていました。

    こんなマルシェです。

    Marché de Grenelle (15ème arr.)

    この動画はパリ市の水道(Eau de Paris)のプロモーションビデオ。2010年に再公営化されたのですが、その前の25年ほど、パリの水道事業は民営でした。

    聞くところによると、パリの人の半分ぐらいはミネラルウォーターを飲んでいるそうです。

    いかがでしたか?
    これで、カミーユの理想の日曜日シリーズは終わりです。

    子どものころ、暮しの手帖で「すばらしき日曜日」という投稿記事を読むのが好きでした。

    読者が、それぞれの日曜日の過ごし方を書いたものです。必ずしもいい日曜日ばかりではないのですが、どの投稿もこころがあたたかくなるものばかり。とても読み応えがありました。

    本になっているので、機会があれば読んでみたいです。






    パサージュ・ポムレーパサージュ・ポムレー~入門日記第24回前のページ

    歌の訳詞を書いている記事の目次~その2次のページ白いギター

    ピックアップ記事

    1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
    2. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
    3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

    関連記事

    1. ベルシー公園

      虎と小鳥のフランス日記

      「虎と小鳥のフランス日記」vol.4 第76話~第100話

      「虎と小鳥のフランス日記」の各エピソードの3つのキーフレーズを書いた記…

    2. マルシェ・デ・ザンファン・ルージュ

      虎と小鳥のフランス日記

      2014年 夏の思い出話~虎と小鳥のフランス日記第167話

      今週の「虎と小鳥のフランス日記」はカミーユが友だちとお茶を飲みながら、…

    3. 虎と小鳥のフランス日記

      虎と小鳥のフランス日記

      虎と小鳥のフランス日記 目次のまとめ

      「虎と小鳥のフランス日記」のキーフレーズを書いた記事を集めました。…

    4. タンゴ

      虎と小鳥のフランス日記

      タンゴ、情熱的な人生~「虎と小鳥のフランス日記」第148話

      今週の「虎と小鳥」のテーマはタンゴです。アルゼンチン生まれのヴ…

    5. 子どもむけの演劇

      虎と小鳥のフランス日記

      子供向け演劇のリハーサル~「虎と小鳥のフランス日記」第165話

      「虎と小鳥のフランス日記」の最新エピソードの受講メモです。この回は子ど…

    6. シネマ・ヌーヴェル・オデオン

      虎と小鳥のフランス日記

      パリのイラン映画のシネクラブ~「虎と小鳥のフランス日記」第137話

      今週の「虎と小鳥」は、イラン映画のシネクラブの話題です。今回の発話は短…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    スポンサーリンク



    新しく書いた記事です。

    1. 自由の女神像は、フランスからアメリカへの贈り物(後編)
    2. 自由の女神像は、フランスからアメリカへの贈り物(前編)
    3. サマータイム(le changement d’h…
    4. 夜間外出禁止令にショックを受けるフランスのレストランのオーナ…
    5. 魔女の指クッキーの作り方:フランスのお菓子43
    6. なぜ雄鶏がフランスのシンボルなのか?
    7. 子供の質問(フランスのスーパーのCM)
    8. 死刑って何ですか?
    9. Les Fleurs (花々):クララ・ルチアーニ(歌と訳詞…
    10. パリで初のシャネルの回顧展、始まる。

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    フランス語の勉強法とか

    1. 日めくりとpen
    2. 黒板
    3. 星の王子さまの本

    アーカイブ

    PAGE TOP