ノルマンディー

フランス語を読む練習

なぜノルマンディー上陸作戦は伝説となったのか?(4・終)

ノルマンディー上陸作戦が、欧米で必要以上に称賛されているのではないか、と疑問を投げかけている Le Monde の動画の紹介、最終回です。

タイトルは、タイトルは、Débarquement de Normandie : l’exploit du 6-Juin est-il un mythe ? 



ノルマンディーの上陸:6月6日の偉業は神話か?

8分15秒 フランス語の字幕を表示させることができます。

今回は6分40秒から最後まで。

トランスクリプション

Probablement… moins qu’on le croit.

Des documents déclassifiés montrent qu’en mars 1944, 62% des officiers américains en Europe se demandaient si la guerre méritait d’être livrée.

Et seuls 18% des soldats américains déclaraient vouloir détruire le Reich, alors qu’ils étaient à 70% favorables à l’anéantissement du Japon.

Ce qu’il faut retenir c’est que l’étendue des crimes nazis, dans toute leur horreur, n’a vraiment été découverte et rendue publique officiellement que dans les tous derniers mois de la guerre.

Reste une question.

Que fête-t-on de nos jours, chaque 6 juin ?

Le débarquement des Alliés ?

La victoire du bien contre le mal ?

Ou l’image que chaque pays veut, aujourd’hui, faire paraître de lui même ?

Chaque pays, chaque participant, a pu trouver dans cette narration presque sublimée de l’évènement, de quoi satisfaire son orgueil national. Pour les pays anglo-américains, et tant que libérateurs. Et puis même pour la France. Se remémorer c’est en même temps oublier. À la fois la défaite de la France en 1940.

Et puis le rôle de la France et de la Grande-Bretagne face à la montée du péril hitlérien dans le courant des années 1930. Des attitudes qui sont, elles, balayées sous le tapis de l’histoire.

和訳

おそらく、そう思っていた人は、私たちが考えているより少ないでしょう。

公開された、当時の機密文書によると、1944年の3月、ヨーロッパにいたアメリカ人将校の62%が、この戦争は戦う価値があるのか疑問に思っていました。

アメリカ兵士の18%だけが、ドイツ帝国を滅ぼしたいと宣言していたのです。一方、70%の兵士が日本の滅亡を望んでいましたが。

忘れてはならないのは、実は、ナチスの犯罪の恐ろしさは、この戦争の最後の数ヶ月になって、ようやく公式に公開されたことです。

1つ疑問が残ります。

毎年、6月6日に私たちは何を祝うのか?

連合国の上陸?

悪に対する善の勝利?

それとも、それぞれの国が、今日、見せたいと思っている自国のイメージ?

それぞれの国、それぞれの参加者が、この浄化されたできごとの物語の中に、自国の誇りを満足させるものを見つけることができたのです。欧米諸国は、解放者として。そしてフランスですらも。思い出すことは、同時に忘れることです。1940年のフランスの敗戦も(忘れられてしまった)。

1930年代、ヒトラーの台頭の危険を前にしたフランスとイギリスの役割も。両国の姿勢は、歴史のじゅうたんの上に、一掃されてしまったのです。

単語メモと補足

déclassifier   機密扱いを解除する、公開する

livrer  (戦いなどを)始める、交える

le Reich  ドイツ帝国

un anéantissement  消滅、滅亡

et tant que + 無冠詞名詞  ~として、の資格で

se remémorer  思い出す

un péril  危険

hitlérien  ヒトラーの

1930年代に、ドイツが強引に領土を拡大していったとき、フランスとイギリスはわりと放置していました。

ドイツとの戦争を避けるために、ヒトラーのむちゃくちゃな要求を認める宥(ゆう)和政策を取っていたからです。

また、ファシズムの勢力に、ソ連を倒してもらいたいという気持ちもありました。

そういうふうにヒトラーの暴走を許したくせに、ノルマンディー上陸作戦で、「悪の権化、ドイツを成敗したのだ。我々は民主主義を救ったのだ」と主張するのは、おかしいのではないか、というのがこの動画で言っていることだと思います。



ノルマンディー上陸作戦・関連記事動画

Débarquement de Normandie : l’opération Overlord

この作戦を説明する1分半のニュースクリップです。

■関連記事もどうぞ

なぜノルマンディー上陸作戦は伝説となったのか?(1)

なぜノルマンディー上陸作戦は伝説となったのか?(2)

なぜノルマンディー上陸作戦は伝説となったのか?(3)

どうして第二次世界大戦が起きたのか?(子供むけの簡単な説明)

映画「フランコフォニア」は第二次世界大戦中、ドイツの占領下のルーブル美術館が舞台

第二次世界大戦で起きた奇跡の救出作戦、「ダンケルクの戦い」とは?

******

ノルマンディー上陸作戦は映画にもなっているし、悪を打ち倒すヒーローの物語と捉えられている部分はありますね。

この戦争で、ものすごくたくさんの人が死んでいるから、勝者は、自分たちのやったことを正当化したいのかもしれません。






ノートに筆記している手ディクテ~このきわめてフランスらしいもの(前編)。前のページ

Le train du soir (夕暮れの列車)ラファエルとポム:歌と訳詞次のページ電車

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト15選
  3. 2022年版、フランス語学習用カレンダー(日めくり)の感想:テーマは場所。

関連記事

  1. 美術館

    フランス語を読む練習

    サルバトール・ムンディ(ダ・ヴィンチ、最後の作品)の謎

    サルバトール・ムンディ(救世主、という意味)は、レオナルド・ダ・ヴィン…

  2. 日本画

    フランス語を読む練習

    フランスの子ども向けのサイトで日本に関する話を読んでみた

    以前フランス語の子どもむけのお話が読めるサイト(音声つき)で紹介したフ…

  3. パリのパンテオン

    フランス語を読む練習

    パンテオン(パリにある建物)とは何ですか?

    パリにある建物、パンテオンを簡単なフランス語で説明している 1 jou…

  4. ハロウィンを楽しむ子どもたち。

    フランス語を読む練習

    お菓子と仮装が好きな人のためのお祭り、ハロウィンの起源とは?

    すでに日本は11月ですが、北米ではこれを書いている今が10月31日です…

  5. 石けん

    フランス語を読む練習

    石けんが汚れを落とす仕組み。

    なぜ石けんが汚れを落とすのか、3分半で説明している動画を紹介します。…

  6. 原爆

    フランス語を読む練習

    5分でわかる、核兵器が世界に行き渡るまで。

    原子力爆弾が世界を恐怖に陥れるまでになった歴史を5分で説明している動画…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP