生誕~ラ・トゥール

フレンチポップスの訳詞

歌と訳詞:Un flambeau, Jeanette, Isabelle ~松明を持って来て、ジャネット、イザベル

きょうも私の好きなクリスマスソングをご紹介します。

タイトルは 

Un flambeau, Jeanette, Isabelle
松明を持って来て、ジャネット、イザベル

フランスのプロバンス地方に16世紀から伝わるクリスマスキャロルです。

flambeau は松明(たいまつ)です。棒の先に火をつけたやつ。昔はライトがありませんでしたので、暗闇では、松明とか、ろうそくを持って歩かなくてはなりませんでした。

日本語の曲のタイトルがわからなかったので、私の訳をつけました。

それではまずお聞きください。



松明を持ってきて、ジャネット、イザベル

3分16秒

とても美しい歌ですね。

それでは、訳詞に挑戦!

Un flambeau, Jeanette, Isabelle
Un flambeau! Courons au berceau !
C’est Jésus, bonnes gens du hameau.
Le Christ est né; Marie appelle !
Ah! Ah! Que la Mère est belle,
Ah! Ah! Que l’Enfant est beau !

松明を持って来て、ジャネット、イザベル
松明を!ゆりかごのもとに走りましょう
イエスです。村のみんなに伝えて
キリストがお生まれになったの。マリアさまが呼んでいます
ああ、なんて美しい聖母でしょう
ああ、なんて美しいおさな子でしょう

C’est un tort, quand l’Enfant sommeille,
C’est un tort de crier si fort.
Taisez-vous, l’un et l’autre, d’abord !
Au moindre bruit, Jésus s’éveille.
★Chut! chut! Qu’il dort à merveille,
Chut! chut! Voyez comme il dort!★

いけません、おさな子は眠っています
いけません、そんな大声で叫んでは
皆さん、まず静かに
物音でイエスが目をさましてしまうわ
しーっ すやすやと眠っていらっしゃる
しーっ 寝顔を見て

★~★ refrain

Doucement, dans l’étable close,
Doucement, venez un moment !
Approchez! Que Jésus est charmant !
Comme il est blanc! Comme il est rose !
☆Do! Do! Que l’Enfant repose !
Do! Do! Qu’il rit en dormant ! ☆

そっとね 馬屋の中では
そっとね さあ、来てください
近寄って イエスのなんと素敵なこと
なんて白いのでしょう、なんてピンクのほほなのでしょう
静かに おさな子はお休みになっています
静かに 眠りながら微笑んでいるわ

☆~☆ refrain

単語メモ

courons < courir 走る

berceau ゆりかご

hameau 小集落、部落

à merveille すばらしく、見事に
Il se porte à merveille.
彼はいたって元気です。

reposer (文)眠る

■クリスマスの記事の目次はこちら⇒クリスマス関連記事の目次

この曲は賛美歌にもなっています。もともとはクリスマスとは関係のない、貴族の踊るダンスの曲だったとか。確かに、ゆったりと踊るダンスにも合いそうですね。

歌詞を知らないで聞くと賛美歌というよりフォークロアみたいなのんびりとした牧歌的な歌です。

声楽バージョン

こちらは声楽です。オペラ風だと力が入るので、今いち好みではありませんが、オーケストラの演奏はいいですね。

英語バージョン

この曲は18世紀に英語の訳され、イギリスに入りました。英語では、
Bring a Torch Jeanette Isabella
というタイトルです。

英語版は女性デュオでお聞きください。



ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの「生誕」

トップの画像は、フランスのバロック時代の画家、ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(1593-1652)による、Le Nouveau-Né:Georges de La Tour(1648)「生誕」です。

彼はこの曲に触発されて、この絵を描いたそうです。

この人は、トランプでいかさましている絵が有名ですね。

「いかさま師」はアメブロの記事で紹介しています⇒カラヴァッジオとカラヴァッジズムを知っていますか?

それでは、皆さま、素敵なクリスマスイヴを!






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. コルヴィザール通り

    フレンチポップスの訳詞

    霧のコルヴィザール~フランソワーズ・アルディ(歌と訳詩)

    フランソワーズ・アルディがご主人のジャック・デュトロンとデュエットして…

  2. カップル

    フレンチポップスの訳詞

    恋人に捧ぐバラッド:Ballade pour toi(ミッシェル・ポルナレフ)の訳詞

    今もとても人気があると思われるミシェル・ポルナレフの『恋人に捧ぐバラッ…

  3. ジョワイユー・ノエル

    フレンチポップスの訳詞

    メリー・クリスマス(ジョワイユー・ノエル):バルバラ(歌と訳詞)

    きょうはクリスマス・イブなので、その名も、Joyeux Noël(ジョ…

  4. 枯葉

    フレンチポップスの訳詞

    秋がやってきたから(ア・ラ・ファヴール・ドゥ・ロートン)~テテ:歌と訳詞

    テテ(Tété)の秋の歌をご紹介します。大ヒット曲ですから、ご存知の方…

  5. 帽子をかぶった人

    フレンチポップスの訳詞

    シェリーに口づけ~ミシェル・ポルナレフ(歌と訳詞)

    かわいいフランス語、教えます~その11 愛をこめた呼びかけでちらっとふ…

  6. リンゴの花

    フランスの暦、年中行事

    歌と訳詞:『春は歌うよ』クロード・フランソワ その1

    今月はクロード・フランソワ(1939年-1978年)の春の喜びを歌った…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 連絡:お問い合わせいただいたプッゼさん、返信メールが戻ってき…
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。…
  3. クリスマスはいくつ?(Combien de Noëls ):…
  4. ドラマ、Dix pour cent (10パーセント)の予告…
  5. フランス語で知るハロウインの由来。
  6. ダンスに関係のある単語:かわいいフランス語(129)
  7. 伝説の歌手、シャルル・アズナブール、94歳で亡くなる。
  8. 私のおかしな人生についての歌(Chanson sur ma …
  9. シャネルを物語る5つの色(後編)
  10. 猛暑をフランス語でなんと言う?

おすすめ記事いろいろ

  1. L5 フランスの若者はどうやって就職する?
  2. かわいいフランス語教えます~その51 新年のお祝いの単語
  3. 部屋の名前~かわいいフランス語教えます(76)
  4. アバの記念ミュージアムが開館~ストックホルムその2
  5. 歌と訳詞:プレヴェールに捧ぐ~セルジュ・ゲンズブール 前編
  6. フランス語のことわざ24~遠くまで行こうとする者は馬を大切に…
  7. 2013年春夏ファッション、靴のトレンド~サファリ
  8. 『遠くの森で』~フランスの童謡、歌と訳詞
  9. L28 フランス人もコスプレがお好き?
  10. ノンノン人形~ミッシェル・ポルナレフ、歌と訳詞

おすすめのまとめ記事

  1. ニュースの記事のまとめ(2)
  2. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  3. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
  4. フランス語のことわざ~目次 その2
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  6. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  7. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  8. 『タイトルのフランス語』の記事の目次
  9. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  10. クリスマス関連記事の目次 2013年版

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP