野原の上の木

フレンチポップスの訳詞

歌:グリーン・ウォッシング – Tryo(トリヨ) その1/2

フランスのアコースティックレゲエバンド、Tryo(トリヨ)の曲を訳してみました。

トリヨは1995年デビュー。社会的な歌を歌うことの多い4人組です。フランス、ヨーロッパ、ケベックで人気があります。

今年の2月20日に日本で初めてアルバムが発売され(つまり日本市場デビュー)、それにあわせて数日間プロモーションのために来日していました。



greenwashing(グリーンウォッシング)とは

greenwashing(グリーンウォッシング)は日本語にもなってますが、もと英語です。環境によい商品が売れるため、実はさほど環境によくない商品なのに、さまざまな手を使ってよさそうに見せかけることです。

英語に whitewash という単語があります。「白く上塗りする、漆喰を塗る」という意味から「上辺だけをとりつくろう、マネーロンダリングをする」という意味が派生しました。

この whitewash の white(白)にgreen(緑)をかけてできた言葉が greenwashing です。

ではまず聴いてください。
アニメがかわいい(?)PVです。3分4秒

こちらが今回日本で発売されたアルバムです。

歌詞はこちらを参照願います⇒Paroles Tryo – Greenwashing – Paroles.net (clip, musique, traduction)

この曲は、便利で快適な生活を求めてやまない現代人のことを歌っています。構文はそれほど難しくないです。みなが帆sがっているものが名詞でたくさん出てきます。

きょうは最初の48秒ほどを訳して、続きは後日にしますね。

Greenwashing グリーンウォッシング

僕達はグリーン、グリーン、グリーン、グリーン、グリーン、グリーンウォッシングを求めている。
僕達はディーゼルエンジンのエアバスで空の旅を、
年中手にはいるみかんを、大きな空の旅を、
家にはハイテク、新しい技術を求めている。
僕達は「すみません」と言って自分の気持ちを楽にできる事態を求めているんだ。
僕達はアルゼンチンの肉を、いつも肉を食べたがり、
台所では世界の料理、砂糖、脂肪がほしいんだ。
より安いもの、より良いもの、いつもいろんなところから少しずつ欲しいってわけだ。
僕達は海がほしい。冬なのに夏を求め、そして日焼けしたいんだ。

僕達はグリーン、グリーン、グリーン、グリーン、グリーン、グリーンウォッシングを求めている。
僕達こそチャンピオンなんだ、マーケティングの操り人形のね。
僕達はグリーン、グリーン、グリーン、グリーン、グリーン、グリーンウォッシングを求めている。

★この続きはこちらから⇒歌:グリーン・ウォッシング – Tryo(トリヨ) その2/2

単語メモ

diésel ディーゼル
soulager (人の)気持ちを楽にする、ほっとさせる
bidoche (口語で)肉
as チャンピオン、第1人者、エース
Pinochios du marketing ピノキオは操り人形なので、ここはマーケティングの操り人形としました。



Tryo(トリヨ) のインタビュー

Tryoのオフィシャルページに日本でラジオに出演した時のクリップがありましたので、貼っておきます。東京ですかね?
2分34秒

これはメンバー自身が撮影しているのでしょうか。曲の演奏が始まる前に映像が終わってしまって残念です。

それではこの続きはまた次回。






文法講座のテキストフランス語脳プロジェクトのPDFの管理、3つの方法前のページ

フランス語のことわざ1~虻蜂取らず次のページ欲張ってはいけない

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2022年版、フランス語学習用カレンダー(日めくり)の感想:テーマは場所。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト15選

関連記事

  1. エッフェル塔

    フレンチポップスの訳詞

    さよならを教えて~フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)

    フランソワーズ・アルディの1968年のヒット曲、「さよならを教えて」を…

  2. ミニスカート姿のバービー
  3. アレキサンドリア
  4. 船

    フレンチポップスの訳詞

    Les copains d’abord(仲間を先に): ジョルジュ・ブラッサンス(歌と訳…

    フランスの国民的歌手、ジョルジュ・ブラッサンスの、Les copain…

  5. ブランコ

    フレンチポップスの訳詞

    歌と訳詞:On ne change pas~セリーヌ・ディオン「私たちは変わらない」

    きょうはセリーヌ・ディオンの曲をご紹介します。1998年に発売された«…

  6. 凱旋門

    フレンチポップスの訳詞

    フランス語の歌の定番:オー・シャンゼリゼの訳詞

    「オー・シャンゼリゼ」の訳詞をご紹介します。ジョー・ダッサン(Joe …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP