ルルク運河

虎と小鳥のフランス日記

ルルク運河の散歩「虎と小鳥のフランス日記」第42話~後半

虎と小鳥のフランス日記第42話の後半の受講メモです。

この回は、ルルク運河が舞台の回です。

前半はこちら⇒ルルク運河の散歩「虎と小鳥のフランス日記」第42話~前半

前半、かなり盛り込んだので、後半はそんなにありません。きょうも写真多めでご紹介しますね。

後半は運河を見ながらの休憩中の会話からです。



キーフレーズその3

ルルク運河にはペニッシュ(*)があるというカミーユ。

そこでは、お酒を飲んだり、食事をしたりすることができます。催し物やコンサートもあります。

ルルク運河

この話をしてるときバックで犬が吠えていましたが、それがなんとなく夕方の雰囲気にマッチしていてよかったです。

休憩が終わって散歩の続きです。

ルルク運河

ペニッシュの中でオペラをやっています。

ルルク運河

ルルク運河

(*)péniche(ペニッシュ)は川や運河を運行している底が平たい船です。船として使われるほか、店舗や、イベントの会場として使われたり、ここに住んでいる人もいます。

たとえば、以前パリのキャラバン・ショップのすべてをあなたにで紹介した、キャラバンショップも、ペニッシュの映画館で、ポップアップショップを開いていました。

最後は、また橋の上に戻ります。

ルルク運河

このあたりは10年ほど前はそれほど話題の場所ではなかったけれど、今は人気スポットね、と話すカミーユ。ルルク運河が好きなアントワーヌは「ここの雰囲気を考えれば納得いくね」と答え、カミーユもそれに同意します。

★関連記事
ルルク運河の散歩「虎と小鳥のフランス日記」第42話~前半 | フランス語の扉を開こう

ルルク運河からパリの東北へ「虎と小鳥のフランス日記」第104話

・去年、この回を勉強した時に書いた受講メモ⇒#42 ルルク運河での散歩

・登場した場所や物について書いている記事、その1⇒地下鉄ジョレス駅、ジョレスカフェ、ルルク運河(虎と小鳥#42の補足その1)

・登場した場所や物について書いている記事、その2⇒MK2、ナヴェット、ペニッシュ(虎と小鳥#42の補足その2)

キーフレーズのフランス語よりlequelの仲間

その3の文章にはlesquelles という代名詞が使われています。その代名詞が受けている名詞が入っている、ちょっと前の部分から書いておきます。

Et sur le canal, comme sur la Seine, on peut trouver des péniches, comme tu vois. Dans lesquelles on peut boire un verre, on peut manger. Y’a des spectacles, des concerts.

セーヌ川のように、ルルク運河にも、見てわかるようにペニッシュがあります。そこでは、お酒を飲んだり、食事をすることができます。催し物やコンサートもあります。

lesquellesは直前のdes pénichesのことです。別に、Dans les péniches, としても意味は通じるのですが、同じことを二度繰り返したくないので、lesquellesにしているのですね。

lesquelles は les+quelles と分解することができますが、前の定冠詞の部分も後ろの quel の部分もそれが受けている名詞に性数一致します。

全部で以下の四種類あります。

男性単数 lequel
女性単数 laquelle
男性複数 lesquels
女性複数 lasquelles

前置詞+lequel(とその仲間)という形で、関係代名詞として使われることが多いです。
例文:
Voila la raison pour laquelle je le détester.
これが私が彼をきらいな理由です。

dans lequel という言葉が、フランス・ギャルの「夢見るフランス人形」の歌詞のサビの部分にでてきます。

Mes disques sont un miroir
Dans lequel chacun peut me voir

わたしのレコードは鏡です。
そのレコードの中に、それぞれが私を見ることができます。

lequel は un miroir (鏡)を受けています。

こんな曲です⇒夢見るシャンソン人形:フランス・ギャル(歌と訳詞)

lequelの仲間は、定冠詞の部分がその前の前置詞と縮約して以下のような形にもなります。

C’est un problème auquel je n’avais pas pensé.
それは私が考えていなかった問題です。

auquel = à+le quel で à+leがauに縮約



きょうのアルバム:夕方のルルク運河

ルルク運河

おじさんたちがやっているのはペタンクです。木の玉にむかって鉄の玉を投げるスポーツですね。

このあたりがきれいになったのは、パリ市の再開発のおかげです。確かに動画を見る限り素敵な場所でした。






ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 関係代名詞 qui que

    虎と小鳥のフランス日記

    もう迷わない!フランス語の関係代名詞 quiとqueの違い

    きょうは今週の「虎と小鳥のフランス日記」の解説動画を見ました。…

  2. パレ・ロワイヤル

    虎と小鳥のフランス日記

    ビストロ・ヴィヴィエンヌでお茶をする~「虎と小鳥のフランス日記」第24話

    ちょっと間があきましたが、「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバー、…

  3. モンマルトル

    虎と小鳥のフランス日記

    モンマルトルの裏通り~「虎と小鳥のフランス日記」第168話

    「虎と小鳥のフランス日記」第168話を見ました。今回は、モンマルトルの…

  4. ジュリー・シオンのアクセサリ

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」第91話 パリジェンヌのブティック

    私が毎週受け取っているビデオのフランス語の教材。なんともう91…

  5. 100th

    虎と小鳥のフランス日記

    おめでとう!第100話!「虎と小鳥のフランス日記」第100話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」は記念すべき第100話。カミー…

  6. マルシェ・サンピエール

    虎と小鳥のフランス日記

    マルシェ・サン・ピエールで生地のお買い物~虎と小鳥のフランス日記 第116話

    新しい虎と小鳥が配信されました。今回は、モンマルトルの丘のふも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しく書いた記事です。

  1. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2020年版…
  2. カーニバルはいつ始まったのか?
  3. 冬に関係のある単語:かわいいフランス語教えます(141)
  4. Saint Valentin (ヴァレンタインデー):Zaz…
  5. パルミエの作り方:フランスのお菓子39
  6. 日本語由来のフランス語
  7. 2月2日のシャンドルールにクレープを食べる3つの理由。
  8. Les filles d’aujourdR…
  9. 中国の新年の祝い方。
  10. なぜイランとアメリカは対立しているのか?(子供向けの説明)

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. フランス語の数字【第25回】31 – 40
  2. かわいいフランス語、教えます~その3野菜篇
  3. エッフェル塔建設から130周年を迎えて。
  4. 子供が出てくるイケアのCMのフランス語
  5. フランス語のことわざ66~みんなの友だちは誰の友だちでもない…
  6. 60年代のアイドル、フランス・ギャル、70歳で亡くなる。
  7. Pupille(後見人のいる孤児):予告編のフランス語
  8. 原爆投下から70年、広島の平和祈念式典のニュース~2度と繰り…
  9. あまい囁き(Parole parole)、ダリダとアラン・ド…
  10. フランス語の翻訳力をつけるには~オススメの勉強法

おすすめのまとめ記事

  1. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  2. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  3. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  4. フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  6. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  7. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  8. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  9. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  10. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 日めくりとpen
  3. 星の王子さまの本

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP