オレンジ色の花

フレンチポップスの訳詞

ダリダの Le temps des fleurs (花の時代):歌と訳詞

メアリー・ホプキン(Mary Hopkin)の1968年の大ヒット曲、「悲しき天使(Those were the days)」。

私と同世代の方ならたぶん知っていると思いますが,そのフランス語版カバーバージョンである、Le temps des fleurs という曲と、歌詞を紹介します。

いろいろな人が歌っていますが、今回お届けするのは、1968年に発売されてヒットしたDalida(ダリダ)のバージョンです。

Le temps des fleurs は、直訳すると、「花の時、花の時期」です。「私たち、昔は若かったわよね~」と昔を懐かしんでいる内容なので、この記事のタイトルでは「時代」としました。「花の季節」でもいいとは思います。

花の時代、つまり青春時代です。



ダリダ:Le temps des fleurs

YouTubeにはダリダがスタジオで歌っている動画もありましたが、埋め込み禁止だったので、花がいっぱい出てくるこの動画にしました。

それでは訳詞に挑戦!

ロンドンの古い居酒屋
外国人が再会する場所
私たちの喜びでいっぱいの声が、薄暗がりからあがった
私たちの心が歌うのも聞いたわね
それは花の時代だった
2人は恐れを知らなかった
未来は、はちみつの味
あなたの腕は私の腕をとり
あなたの声は私の声に続いた
私たちは若く、天国を信じていた
ラララララ・・・

それから、霧の日が訪れた
耳慣れない音と、悲しみをつれて
月のない夜を何度過ごしたことか
私の心のパブを探しもとめて
まるで花の時代だった
恐れを知らなかった私たちが過ごしたのは
毎日がはちみつの味
あなたの腕は私の腕をとり
あなたの声は私の声に続いた
私たちは若く、天国を信じていた
ラララララ・・・

霧をふり払おうとしていた自分を思い浮かべる
あの時代に戻れると信じていた
月の光も自分で作り出した
私たちが昔のようにまた一緒に歌う場所
それは花の時代だった
2人は恐れを知らなかった
未来ははちみつの味
あなたの腕は私の腕をとり
あなたの声は私の声に続いた
私たちは若く、天国を信じていた
ラララララ・・・

今夜、私は扉の前にいる
もうあなたが来ることのない居酒屋の
この夜の歌を聞いても
私の心はそんな歌は知らない
それは花の時代だった
2人は恐れを知らなかった
未来は、はちみつの味
あなたの腕は私の腕をとり
あなたの声は私の声に続いた
私たちは若く、天国を信じていた
ラララララ・・・

単語メモ

criblé de + 無冠詞名詞  ~でおおわれた

lendemain  近い将来

brume  もや、霧、かすみ

chasser  追う、追い立てる、追い出す

時制メモ

■半過去形

昔のことを歌っているので、最後の、また1人でパブにやってきて扉の前にいる、というところ以外はほとんど半過去形です。

retrouvaient, montaient, écoutions, était, ignorait, avaient, prenait, suivait, vivait, avait, m’imaginais, croyais, m’inventais, chantions

半過去形の説明⇒半過去の活用と用法

■複合過去形

les jours de brume sont venus (霧の日々がやってきた) は、複合過去。

ここは、半過去で描写されているいわば背景の中で、あるアクションが起きた、というニュアンスで複合過去なのだと思います。

j’ai passé de nuits sans lune 月のない夜を過ごした

■単純未来形

tu ne viendras plus もうあなたは来ない

わりにシンプルな歌詞で、単語もそんなに難しくないですね。

ようするに、昔は、恋人と歌声喫茶的な飲み屋によくでかけて、2人で楽しく歌っていたけど、そのうち別れてしまったし、もう自分は年をとってしまった、という歌です。

ヴィッキーの歌う Le temps des fleurs

この曲はヴイッキー・レアンドロスも歌っております。

ウィキペディアによれば、ヴィッキーのバージョンは、1968年、日本とカナダの市場向けにレコディーングされたとのこと。

スタジオで口パクで歌っている動画です。最初にごく短いインタビューが入っています。ヴィッキーは故郷のギリシアについて話しています。

ヴィッキー、かわいいですね。きっと60年代、日本とケベックで人気があったのでしょう。

ヴィッキーは「恋はみずいろ」を歌った人です⇒恋はみずいろ L’Amour est bleu ~ヴィッキー:歌と訳詞

ダリダのほうが圧倒的に知名度が高いですから、フランス人にとっては、ダリダの歌声のほうがなじみがあると思います。

悲しき天使・メアリー・ホプキン

次に、オリジナルのホプキンの歌を紹介します。

映像はあまりよくありませんが、歌詞がついているので、これを選びました。

なぜ船の上(セットだと思いますが)にいるんでしょうかね? 船なんて歌詞には全然出てこないのですが。

オリジナルも、フランス語版と同じような歌詞ですが、フランス語版は、恋愛の歌になっているのに対して、こちらは、恋人同士というニュアンスはあまりありません。

「悲しき天使」の訳詞はたぶんいろいろなところにあると思うので訳しませんが、サビの部分だけ訳すと

Those were the days, my friend.
We thought they’d never end
We’d sing and dance forever and a day
We’d live the life we choose
We’d fight and never lose
For we were young and sure to have our way
La la la la la la…

あの頃は楽しかったわね
ずっと続くと思ってた
いつまでも、歌ったり踊ったりしたものよ
自分の選んだ人生を生きるつもりだった
戦って、絶対負けないと
だって私たち、若くて、自分の道を進むと確信していたから

‘d は would で、過去の習慣や習性を表していると思います。

そんなふうに鼻息荒かったわけですが、いったん社会に出たら、想像と全然違っていました。忙しくすごしているうちに、この人は、いったん、夢を見失いそうになります。

久しぶりに居酒屋にやってきたら、前とはずいぶん違っていました。扉のガラスに写っているのは、もう昔の陽気な自分ではなく、寂しげな女性です。

ところが、中から、聞き覚えのある笑い声がします。

おお、なんと、昔一緒に歌ったり踊ったりした彼(my friend)が中にいるではありませんか。しかも、この女性の名前を呼んでいます。

久しぶりに再会した2人。「お互い年をとったけど、相変わらずバカだよね、だって心の中には、昔の夢がまだ宿っているのだから。はははは…」。

こんな感じで終わります。

「悲しき天使」という邦題と歌の内容は合っていませんね。だって、別にこの人、最終的には悲しんでいないですよね? なつかしんでいるだけです。



「悲しき天使」はもともとはロシアの歌

Those were the daysは、もともとは、1910-1920年ごろのロシア語の歌謡曲だそうです。ソビエト連邦から亡命した人が、この曲を西側に広め、その後はロシア民謡として親しまれていました。

だから、ポーリュシカ・ポーレみたいにロシア民謡っぽいんですね。

この歌を今のような形にしたのは、1960年代に、グリニッチビレッジで奥さんとフォークソングを歌っていた、アメリカ人のジーン・ラスキン(Eugene Raskin)です。

ラスキンは、奥さんと一緒に、英語の歌詞をつけてレコーディングしました。このとき、彼はこの曲の歌詞と曲の著作権を取りました。

ラスキン夫妻は、毎年、イギリスのBlue Angelというクラブでコンサートをしていて、いつもしめはこの曲だったそうです。

Blue Angelといえば、リバプールにあり、ビートルズやローリング・ストーンズやらら60年代のはじめに演奏していた有名なクラブですが、英語版のWikipediaには、ラスキン夫妻が歌っていたのは、ロンドンのBlue Angelと書いてありました。

このクラブによく行っていたポール・マッカートニーは、この曲がいたく気に入り、ほかのミュージシャンにレコーディングさせようとしたものの、うまくいきませんでした。

ビートルズがアップル・レコードを作ったあと、マッカートニーは、メアリー・ホプキンに歌わせて(プロデュースして)、それが大ヒットしたわけです。

こちらが元のロシア民謡というか、ロシアの歌謡曲です。「長い道」というタイトルだそうです。

メロディーはまったく同じなのに、どうしてラスキンさんは著作権を取れたのでしょうか?

まわりは誰もこの曲を知らなかったからなのでしょうか。

いずれにしろ、メアリー・ホプキンのThose were the daysは大ヒットして、その後、20ヶ国語以上でカバーバージョンが出ています。

この曲、1曲のロイヤリティーだけで、ラスキンさんは、とても稼げてしまい、大金持ちになり家を何軒か建てたりして、裕福に暮したそうです。うらやましいですね。

ラスキンさん、まさか、こんなことになるとは夢にも思っていなかったでしょう。

まさか、あのポールがこの曲をプロデュースするなんてことは。

日本では、森山良子が歌ったりしましたが、今は、「花の季節」というタイトルで合唱曲として親しまれているようです。

ダリダの曲は、こちらでも紹介しています⇒あまい囁き(Parole parole)、ダリダとアラン・ドロン(歌と訳詞)

**********

ダリダが歌うと、大人という感じがするので、メアリー・ホプキンスのバージョンより好きだったりします。

とはいえ、昔は私も、「悲しき天使」が好きでした。ラジオでかかりまくっていましたからね。

今回、ダリダのこの曲を紹介したのは、5月19日に日本で公開されるダリダの伝記映画、Dalida(邦題、ダリダ~あまい囁き~)で、ひじょうに印象的に使われていたからです。

この映画、映画としてのできはともかく、ダリダの音楽がふんだんに流れるところは楽しいです。

次回もまた、ダリダの曲を紹介するかもしれません。






ピックアップ記事

  1. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. パリ

    フレンチポップスの訳詞

    「きみの遺産」(バンジャマン・ビオレー)歌と訳詞(後半)

    フレンチポップスの歌詞でフランス語を学習しています。今回は、バンジャマ…

  2. カップル

    フレンチポップスの訳詞

    『男の子女の子』~フランソワーズ・アルディ:歌と訳詞

    先週の金曜日に、70歳の誕生日を迎えたフランソワーズ・アルディ(194…

  3. 森

    フレンチポップスの訳詞

    もう森へなんか行かない(フランソワーズ・アルディ):歌と訳詞。

    フランソワーズ・アルディが1967年に発売したアルバムと同名のシングル…

  4. ヨット
  5. 若い女性

    フレンチポップスの訳詞

    キャラクテール:ジョイス・ジョナサン(歌と訳詞)

    フランスの女性シンガー、ジョイス・ジョナサン(Joyce Jonath…

  6. モンマルトル

    フレンチポップスの訳詞

    エリック・サティ~Je Te Veux(ジュ・トゥ・ヴ)、歌と訳詞

    フランスの作曲家でピアニストのサティの歌曲でたぶんもっとも有名なJe …

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. [連絡]ご質問いただいた、めいさんへ
  2. もう森へなんか行かない(フランソワーズ・アルディ):歌と訳詞…
  3. シャネルを物語る5つの色(前編)
  4. モードの帝王、イヴ・サンローラン:予告編のフランス語
  5. Le Sens de la Vie(人生の意味):タル(歌と…
  6. おにぎりの作り方をフランス語で説明するには?
  7. 遊園地に関係のある言葉:かわいいフランス語(127)
  8. アメリカとメキシコの国境で親から引き離された子どもたち。
  9. モンテリマールのヌガーの作り方:フランスのお菓子(31)
  10. フランスの大型スーパー、ルクレール:CMのフランス語

おすすめ記事いろいろ

  1. フランス語のことわざ25~角を矯(た)めて牛を殺す
  2. ビオの野菜やフルーツが人気のパリ。マルシェラスパイユでチェッ…
  3. 【簡単レシピ】チョコレートチップクッキーの作り方~バレンタイ…
  4. 孤児、ガブリエル・シャネルはいかにしてココ・シャネルになった…
  5. 0から1000億の位までの復習~大きな数字の読み方のコツ:フ…
  6. 『エール!』La famille Belier (3)~予告…
  7. ヌーヴェルヴァーグの代表作、大人は判ってくれない:フランス映…
  8. L23 フランスのデパート事情
  9. カヌレとは?~フランスのお菓子~その1
  10. フランス人と日本人の「花の楽しみ方」の違いとは?

おすすめのまとめ記事

  1. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  2. ニュースの記事のまとめ(2)
  3. フランス語のことわざ~目次 その3
  4. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(4)
  6. かわいいフランス語、教えます~目次 その3
  7. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  8. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  9. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  10. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. 2018年フランス語日めくりカレンダー

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. アトリエ「ダロ」

    虎と小鳥のフランス日記

    パリ18区のダロの陶芸工房~「虎と小鳥のフランス日記」第135話
  2. フィアドン

    フランスのお菓子

    コルシカ島名物、フィアドンの作り方:フランスのお菓子(20)
  3. 2013年の手帳

    私のお気に入り(レビュー)

    レビュー:日付入りA5ツイン手帳(チャーム)
  4. 少女

    フランス映画・テレビ

    壁に気づくことに意義がある。『パリ20区、僕たちのクラス』の予告編(4)
  5. アップルパイ

    フランスのお菓子

    すごく簡単なりんごケーキの作り方~フランスのお菓子(4)
PAGE TOP