天使のオーナメント

フレンチポップスの訳詞

歌と訳詞:リトル・ドラマー・ボーイのフランス語バージョン

Little Drummer Boy(リトル・ドラマー・ボーイ)というクリスマス・ソングのフランス語バージョンをご紹介します。

たくさんあるクリスマスキャロルの中で、特に私が好きな歌です。



リトル・ドラマー・ボーイ

フランス語では、L’enfant au Tambour
tambour は 太鼓、ドラム、太鼓の音
直訳「太鼓を持った子ども」となります。

3分

それでは、訳詞に挑戦!

L’enfant au Tambour

太鼓を手にした子ども

Sur la route
Pa Ram Pam Pam Pam
Petit tambour s’en va
Pa ra pa pam pam
Il sent son cœur qui bat
Pa Ram Pam Pam Pam
Au rythme de ses pas
Pa Ram Pam Pam Pam
Ram Pam Pam Pam
Ram Pam Pam Pam
Ô ! petit enfant
Pa Ram Pam Pam Pam
Où vas-tu ?

道の上を
パランパンパンパン
小さな太鼓弾きが行くよ
パランパンパンパン
彼は自分の鼓動を感じてる
パランパンパンパン
自分のステップのリズムで
パランパンパンパン
ランパンパンパン
ランパンパンパン
お~い、ちびっこ
パランパンパンパン
どこへ行くの?

Hier, mon père
Pa Ram Pam Pam Pam
A suivi le tambour
Pa Ram Pam Pam Pam
Le tambour des soldats
Pa Ram Pam Pam Pam
Alors je vais au ciel
Pa Ram Pam Pam Pam
Ram Pam Pam Pam
Ram Pam Pam Pam

きのう父さんが
パランパンパンパン
太鼓弾きの後をついて行った
パランパンパンパン
兵隊さんの太鼓弾きだった
パランパンパンパン
だから、僕はお空に行く
パランパンパンパン
ランパンパンパン
ランパンパンパン

Là, je veux donner pour son retour
Mon tambour
Tous les anges
Pa Ram Pam Pam Pam
Ont pris leurs beaux tambours
Pa Ram Pam Pam Pam
Et ont dit à l’enfant
Pa Ram Pam Pam Pam
Ton père est de retour !
Pa Ram Pam Pam Pam
Ram Pam Pam Pam
Ram Pam Pam Pam
Et l’enfant s’éveille
Pa Ram Pam Pam Pam
Sur son tambour.

父さんが帰ってくるかわりに
僕の太鼓をさしあげたいと思います
天使さまは、全員
パランパンパンパン
きれいな太鼓を手にした
パランパンパンパン
そしてその子どもに言った
パランパンパンパン
きみの父さんは戻ってくる、と。
パランパンパンパン
ランパンパンパン
ランパンパンパン
そして、その子は目覚めた
パランパンパンパン
自分の太鼓の上で

。。。うーん、これは夢オチでしょうか?



Little Drummer Boy(リトル・ドラマー・ボーイ)

この曲は1941年にアメリカのキャサリン・ケニコット・デイビス(Katherine Kennicott Davis)というクラシックの作曲家とHenry Onorati(ヘンリー・オノレティ)が作りました。

ハリー・シメオンという合唱団の指導者が、20世紀の賛美歌を作りたいとして彼女に作曲を依頼したそうです。

1955年にまずトラップファミリー(サウンド・オブ・ミュージックに出てくる一家)がレコーディング。58年にハリー・シメオン合唱団がレコーディングして、人気が出ました。

今、一般に歌われてるアレンジは、この合唱団のものがベースになっています。

オリジナルの歌詞は、貧しい少年がキリストの生誕にさいして、何も贈り物をすることができないので、変わりにドラムを演奏してお祝いをする、という内容です。

こちらがほぼオリジナルといえるハリーシメオン合唱団の歌

リトル・ドラマー・ボーイは他のクリスマスキャロルにくらべて新しいのですが、賛美歌ふうのクラシカルな曲調が郷愁を誘いますね。

さて、この曲のカバーは数えきれないほどありますが、きょうはたぶん一番新しいカバーだと思われる、アメリカのPentatonix(ペンタトニックス)のバージョンをご紹介します。

ペンタトニックスはアメリカのアカペラ・グループで多様なその音楽性とすばらしいコーラスがデビュー前からYouTubeで話題になっていました。。

pentatonixとは五音音階のことです。たぶん5人組だからそういう名前にしたんだと思いますが。

ちなみにふつうの西洋音楽は七音音階

なんだか、さわやかですね。

このグループの母体は3人の幼友達。まだみんな若くて20歳ぐらい。最年長の人でも24歳ぐらいです。

アカペラのグループは楽器がいらないから、どこでもライブできていいですね。

それでは、次回の音楽の記事をお楽しみに。






パソコンに向かっている少女L27 フランスのインターネット事情前のページ

翻訳をするときの心構え、技術より大切なもの~翻訳講座第12回後半(終)次のページ辞書

ピックアップ記事

  1. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. ミントキャンディー

    フレンチポップスの訳詞

    パトリシア・カースのMon mec à moi(モン・メック・ア・モア)訳詞

    「虎と小鳥のフランス日記」第88話 日曜日の音楽のリハーサルのキーフレ…

  2. 黄金のバーリー麦畑

    フレンチポップスの訳詞

    とどかぬ愛~ジョニー・アリディ(歌と訳詞)

    きょうは「虎と小鳥のフランス日記」第110話で話題になっているジョニー…

  3. カフェ

    フレンチポップスの訳詞

    歌と訳詞:コーヒー・カラー~セルジュ・ゲンスブール

    セルジュ・ゲンスブールの「コーヒー・カラー」をご紹介します。オリジナル…

  4. 青い空と海
  5. ヨット
  6. 枯葉

    フレンチポップスの訳詞

    アリゼ:À cause de l’automne(秋のせいで)歌と訳詞。

    フランスの歌手、アリゼの秋にちなんだ歌を紹介します。タイトルは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. 使い捨てマスクが野生動物たちを殺してしまう。
  2. スーパーで買い物する:ペッパピッグのフランス語(7)
  3. Brexit:安堵と不安を感じる漁師たち。
  4. フランス人が大事にしているガレット・デ・ロワを食べる習慣
  5. 使い終わったツリーはどこに、どうやって捨てるべきか?
  6. 革新的なデザイナー、ピエール・カルダン、98歳で亡くなる。
  7. 雪だるまの作り方:ペッパピッグのフランス語(6)
  8. プラスチックを使わないゼロ・ウエイスト生活(後編)
  9. 世界の人、全員がクリスマスをお祝いするの?
  10. Le Dernier Noël (最後のクリスマス):Le …

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. 2021年の日めくり

アーカイブ

PAGE TOP