発音練習

発音

初心者向け:英語とフランス語の発音で大きく違う5つのポイント。

10月になり、新たにラジオ講座、「まいにちフランス語」の新しいシリーズが始まりましたね。初級編は再放送ですが。

今週から、フランス語の勉強を始めたばかりという方のために、今回は、英語とフランス語の発音で大きく違う点を5つにまとめてみます。

まあ、違う言語なので発音も違っていて当然です。しかし、英語もフランス語も見た目は同じアルファベットを使うため、はじめてフランス語のテキストをながめてみると、なんとなく同じに見えたりします。

スペルが同じかちょっとだけ違う単語もたくさんあります。

ところが、発音がしっかり違うため、いざ読もうとすると、「あれ、よ、読めない…」となってしまいます。

日本人は義務教育で英語を学んでいるので、英語とフランス語の発音の違いから入っていくとなじみやすいのではないでしょうか?



1.フランス語には英語にない音がある

当たり前といえば当たり前ですが、同じ文字なのに、フランス語には英語にはない音があります。

その代表格はRの音

Rの発音の方法を伝授している動画はたくさんありますが、2分未満のこれを選んでみました。

英語とスペルが全く同じ単語が出てきます。

う~ん。授業(?)は悪くないけど、カメラをもっとしっかり固定してほしいものです。

フランス独自の音で、もう1つの有名な音は鼻母音(びぼいん)という鼻にひびかせる音です。

この動画で出てくる、オンとかアンといった音です。

鼻母音はポルトガル語やポーランド語にもあるそうです。

ここで母音と子音について説明しておきます。

母音は音(声)が口の外にでる途中で、舌や唇などに邪魔されず、わりとスムーズに出る音です。日本語で言えば、ア・イ・ウ・エ・オです。

邪魔されるという言い方は変かもしれませんね。そういう発音をしたくてやっているわけですから。

子音は母音以外の音です。

2.フランス語には二重母音がない

英語の発音の特徴に二重母音というものがあります。

二重母音とは、母音が重なっているというか、連なっています。

たとえば、日本語の「愛」はア・イ と発音しますが、アとイは単体でくっきり発音されます(少なくとも正式は発音は)。しかし英語のI(アイ)は、なだらか~に、I think so あ~いしんくそう と発音します。文字で書くとみな同じですが^^;

こんな感じです。

英語では、ア・イとかソ・オというようにカクカクというか、短く発音せず、母音と母音がなだらか~につながることが多いのです。so、 go という単語の発音は、ソウ、ゴウです。

フランス語にはこれはありません。

英語の no は ノウ(カタカナでうまく書けないけど)ですが、フランス語になると non ノン と短いです。

フランス語は、短く、カクカク発音します。この部分は日本語話者には発音しやすいと言えます。

3.つづり字記号(アクサンなど)というものがある

フランス語の単語をながめてみると、英語に比べ、やたらと文字に飾りがついているように見えます。これはつづり字記号と呼ばれるもので、単なる飾りではなく、ある一定の役割を果たしています。

下の画像は、イギリスの小説、The Girl on The Train の1ページ。その下は、同じ小説の仏訳です。同じ箇所です。

英語の文字の連なり
the girl on the train

フランス語の文字の連なり
la fille du train

英語のほうの記号はピリオド、コンマ、クエスチョンマーク、引用符、この画像にはありませんが、あとはクエスチョンマークやびっくりマーク(エクスクラメーションマーク)ぐらいです。

ところが、フランス語には、コンマやピリオド以外に、文字の上にチョンと斜めに横棒をひっぱったり、三角(△)の上の部分だけのっていたり、Cの下に、ちょろっとしっぽみたいなのがついていたりします。

これがつづり字記号です。この記号が発音に影響を及ぼす時があります。

ただの飾りやインクの汚れに見えますが、アクサンを正しくつけないと、テストで減点されたりします。

日本語で、「パパ」についてる◯を飾りだと思って、取ってしまうと「ハハ」になり、全く意味が変わります。これと同じです。

つづり字記号の詳しい説明を見たい方はこちら⇒フランス語のアクサン(つづり字記号)と句読点のまとめ

4.語末の子音を読まないことが多い

英語になれた人が、フランス語を始めて面食らうのは単語の最後の子音を発音しないことが多い、という事実です。

たとえば、フランスの首都パリは、Paris パリ です。日本でもパリはパリなので、Parisは意外と読めたりするかもしれません。しかし、英語では Paris はパリスです。

しかし大丈夫なのはパリぐらいで、ほかの単語はことごとく語末の子音を発音してしまい、「あれ?」っとなります。

たとえば

art は英語ではアート、フランス語ではアール(最後はRの音)

accident は アクシデント ですが、フランス語では、アクシダン (enは鼻母音)

grand は グラ~ンド なのに、フランス語ではグラン(Rと鼻母音が入っていて、すごくよく使う言葉ですが、発音が難しい単語です)。

fruit は フルートゥ(カタカナで書けませんが)ですが、フランス語ではフリュイです。なぜ、リュになてしまうのかというと、U の発音が「ユ」みたいな音だからです。

alphabet アルファベット これはフランス語ではアルファベです。Tを読みません。

私は今でこそ、「アルファベ」と読むのに何の抵抗もありませんが、始めたころは、語末のD、T、G、P、S あたりををどうしても読んでしまう、という状態から抜け出すまで、けっこう時間がかかりました。

超初心者時代の私の体験はこちらからどうぞ⇒フランス語入門日記~目次を作りました

しかし、いったんフランス語読みに慣れると、今度は英単語をフランス語読みしてしまい、娘に変な顔をされます。だから、最近、改めて、英語とフランス語の発音を学び直しているところです。



5.フランス語は英語に比べてつづりと音に規則性がある

英語の場合、たとえば同じAでも単語によって読み方が変わります。all オール among アマング catch キャッチ、すべて違う音です。そこで、(ある程度)正確に発音するためには、その単語を発音込みで知っていなければなりません。

一方、フランス語では、Aが出てくれば、たいてい「ア」と読みます。

ただし、an や am、ain、aim はこの形ひとそろいで、それぞれ1つの鼻母音なので、ア ではありません。

同様に、ai はこの2つで エ、au はこの2つで オ と読みます。

このように、ある一定の文字が2つや3つで、特定の読み方をすることがあるものの、こうしたルールを覚えれば、ほかのAはほぼいつもアなので、その単語を知らなくても、音だけは正確に読めるようになります(発音が正確にできるかどうかは別です)。

だから、最初は「うへ~、全然読めへん」となるのですが、読めるようになると、意味はわからないのに、読み方はわかる、という状態になります。

~~~~~

今回は、英語と比較しつつ、フランス語の発音やつづりの読み方の特徴をごく簡単に書いてみました。発音の記事、どうでしたでしょうか。

発音の説明をするときに、カタカナでは限界があります。

だからといってIPA(International Phonetic Alphabet 国際音声記号)を書くと、初心者はますますわからなくなるかもしれないし、IPAはワープロの変換で出せないので、入力も面倒です。

というわけでカタカナを使っています。きっちり身につけたい人は、辞書でIPAを参照しつつ音を確認したほうがいいのは言うまでもありません。

今回の記事、何のためにもならなかったかもしれませんが、フランス語のスペルと音の乖離(かいり)のショックが少しやわらいだのではないでしょうか?






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。

関連記事

  1. モガブティックスパンコール

    発音

    フランス語の発音を矯正~フランスダイレクトスクール『不思議の国のFrance』第12話

    毎週1話ずつ受け取っているフランスダイレクトスクールの動画教材『不思議…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. ダリダの Le temps des fleurs (花の時代…
  2. フランス人は働くことが好きなのでしょうか?
  3. シリアのドゥーマで何が起こったのか?
  4. 13日の金曜日の迷信、あなたは信じますか?
  5. 動物の名前:かわいいフランス語教えます(125)
  6. Dommage (ドマージュ):ビッグフロー・エ・オリー、歌…
  7. ペッパ・ピッグで学ぶフランス語2:春(エッグハント)の巻、前…
  8. 続・春をイメージさせる言葉:かわいいフランス語教えます(12…
  9. どうしてフランス語はほかの言葉より難しいの?
  10. セントパトリックデー(聖パトリックの祝日)の由来。ラッキーア…

おすすめ記事いろいろ

  1. いつでも生き直せる(フランソワーズ・サガン):名言その16
  2. 名言その2~ココ・シャネル~この世で一番勇気のいる行動とは?…
  3. ドレスがカーテンのように見えていたココ・シャネル~映画『ココ…
  4. 歌と訳詞:『昔小さな船があった』~フランスの童謡
  5. 連休にやること~かわいいフランス語教えます(68)
  6. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
  7. LU(リュ)のビスケット、プチ・ブール:フランスのお菓子(2…
  8. L32 パリ・プラージュとは?
  9. フランス語のことわざ22~同時に二つの場所にはいられない
  10. 歌と訳詞:『春は歌うよ』クロード・フランソワ その1

おすすめのまとめ記事

  1. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  2. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  3. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  4. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  5. かわいいフランス語、教えます~目次 その2
  6. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  7. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  8. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  9. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  10. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 2018年フランス語日めくりカレンダー
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. 虎と小鳥のフランス日記

    パリ・マラソン~2013年「虎と小鳥のフランス日記」第96話
  2. パリ

    フランス映画・テレビ

    フランス映画の予告編の記事のまとめ
  3. ハート型のコーヒーカップ

    フレンチポップスの訳詞

    愛の告白:フランス・ギャル(歌と訳詞)
  4. サン・トロペ

    フランスのお菓子

    サン・トロペ名物、タルト・トロペジエンヌのレシピと作り方~フランスのお菓子(5)…
  5. 図書館

    フランス語脳プロジェクト

    抽象名詞~翻訳講座第10回前半
PAGE TOP