和柄

ファッション

2013年春夏ファッションのトレンドその1~和柄

フランスの若い女性向けのWebマガジンMagazine féminin – madmoiZelle.comに今年の春夏の女性ファッションの流行をわかりやすく書いた記事(2013年1月7日)がありました。

記事には7つのトレンドアイテムがあげられていますが、きょうは一番最初のアジアンなファッション(la tendance asiatique)を読んでみました。



アジアンファッションの流行

確かにアジアンなファッションはこの春の流行らしく、雑誌で畳の上にチェストが置いてあるようなシャネルの広告を見ました。

日本人にゆかりのあるものがたくさん出てくるので理解しやすいと思います。

アジアふう(和風ともいえる)のファッションの傾向は数年前からありましたが、今年はどんと表舞台に登場しました。

細かい刺繍や、アジアの伝統的な衣服のアレンジが見てとれます。

on se la joue geisha et le kimono en robe とあるように、(西洋人の思う)芸者ふうのメークや着物ふうのデザインが特徴です。(joueはほっぺた)

では上から順番に読んでいきます。

Les points forts

・Les motifs imprimés ou brodés tout droit venus du pays du Soleil Levant : pivoines, dragons, oiseaux, fleurs de lotus…
・Les coupes kimono très structurées mais féminines
・Les matières nobles et lumineuses : soie, velours…
・Les tabis en vinyle façon Geisha 2013
・Le rouge à lèvre prononcé

強み(特徴)
・プリントや刺繍のモチーフは太陽の国(le pays du Soleil=日本)から直接とられたボタン(牡丹)、龍、鳥、睡蓮などです。
・着物のカッティングはとてもきっちりした構成ですが、それでいて女性らしいものです。
・素材は天然の輝くようなもの:絹やベロワ。
・2013年の芸者風のビニールの足袋
・よく目立つ赤い唇

Les couleurs

・Noir
・Rouge
・Orange
・Doré
・Nacre

黒、赤、オレンジ色、金、真珠

The place to be:Sushi Shop

着ていく場所:寿司屋

Ton binôme:Mulan

あなたのパートナー:ムーラン

元記事→Les tendances mode printemps/été 2013

単語メモ

matières noble 天然素材

matière は素材、noble は貴重な

lumineux, lumineuse 光る、輝くような

binôme パートナー

この説明は時にプラダの春・夏コレクションをイメージして書かれているので、ミラノのコレクションの動画を貼っておきます。

1分6秒ぐらいで登場する女の子のイラストが記事には描かれています。

赤い唇やビニールの足袋がよくわかると思います。
2分23秒

最後にモデルさんが行列して歩いているところは、髪型や化粧がそっくりでクローンみたいですね。



補足解説

色の最初の三つ(ノワール、ルージュ、オランジュ))はみんな日本語になっていますね。doréは金箔の色、nacreは真珠ですが、シルクのような光沢をさしています。

また足袋(tabi)はフランス語になっているようですね。

動画を見た限りでは、靴ははいてないみたいですよね。つまり地下足袋なんでしょうかね?

binôme は辞書にはニ項式とあったのですが、ここではパートナー。
(ニ項式とは項が二つある式 i.e. a+b)
学生のスラングで化学の時間にペアになって実験するときのパートナーのことをbinômeというそうです。

★ムーランはこの人

ムーランは女性だけど男装して兵士になります。
たぶんフランス語ではミュロンという発音になると思います。

春夏のトレンドその2はこちら⇒2013年春夏ファッションのトレンドその2~幾何学模様

和柄といっても、花札を思わせる、大胆なイメージです。

記事では着ていく場所として寿司屋(sushi shop)を提案しています。もう少しひねりがあってもよかったのでは、と思います。

素材のサイトでゲイシャで検索したら、こんなイラストがありました。

芸者風

ピンクの丸いチークと赤くて小さな唇がポイントのようです。

お団子にかんざしがわりにお箸をぶすっとさしているのもよく目にします。

どこの国の人も自分にないものにあこがれるようですね。

フランスの質問サイトで中国人の目にするメイクのしかたを教えて、という質問を見たこともあります。

アジアンな私たちは、あて洋風の服を着ないほうが今年はトレンディなのかもしれません。






ピックアップ記事

  1. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. プレスオンマニキュア

    ファッション

    新世代のネイルチップ(つけ爪)「インプレス」その3

    「インプレス」という名前のつけ爪のレビュー記事の三回目です。シ…

  2. キャプリーヌ

    ファッション

    2013年秋冬ファッションのトレンド その3 40年代ルック

    フランスの若い女性向けWebマガジンで、2013年秋冬のトレンドの記事…

  3. 黄色いバラ

    ファッション

    2013年春夏ファッションのトレンドその7~フレア

    フランスの若い女性向けのWebマガジンMagazine féminin…

  4. 春

    フランス語の語彙

    2014年春夏のトレンド・カラー~その3

    2014年春夏のトレンドの色を紹介している記事の和訳、3回め(最終回)…

  5. 魔女ペン
  6. ラディアント・オーキッド

    フランス語の語彙

    2014年春夏のトレンド・カラー~その1

    この春夏の流行色についてご紹介します。たまに読んでいるフランスの若…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 1918年の11月11日に起きたこと。
  2. サンジェルマン・デ・プレの歴史と名所
  3. いろいろな箱やケース:かわいいフランス語教えます(140)
  4. ハロウィンって何ですか?(子供むけの簡単な説明)
  5. 夏時間と冬時間。年に2度の時間の変更は、意味があるのか、ない…
  6. ヴェルサイユ宮殿って何ですか?
  7. マリー・アントワネット、世界のイコン
  8. 2019年のノーベル文学賞発表、2人の受賞者が象徴するもの。…
  9. パリのボン・マルシェ百貨店の歴史 (後編)
  10. 男と女 人生最良の日々(2019):予告編のフランス語

おすすめ記事いろいろ

  1. 映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』予告編のフランス…
  2. かわいいフランス語教えます~その54 結婚に関する言葉
  3. 春に関係のある言葉~かわいいフランス語、教えます(64)
  4. 『奇跡のひと マリーとマルグリット』(後編)~予告編のフラン…
  5. ちあきなおみ「夜間飛行」に出てくるフランス語
  6. まぎらわしい形容詞、vieux と ancien の違いとは…
  7. フランス語の数字【第12回】1(アン)~10(ディス)の復習…
  8. フランソワーズ・アルディ、Mon amie la rose(…
  9. アントワーヌとコレット~入門日記第25回
  10. 映画『シチズンフォー』のレビュー:なぜエドワード・スノーデン…

おすすめのまとめ記事

  1. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  2. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  3. クリスマス関連記事の目次 2013年版
  4. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
  5. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  6. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  7. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  8. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  9. フランス語のことわざ~目次 その2
  10. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP