昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

【第27回】マスタードをフランス語で?

マスタードロール

うちに転がっている製品の容器や箱のラベルの英語とフランス語を読み比べるシリーズ。きょうは、前回、マヨネーズだったので、仲間のマスタードを選びました。

マスタードは辛子(からし)です。洋辛子ですね。からしはわりあい好きですが、最近は野菜中心の食事にしているので、口にしていません。

マスタードって、サンドイッチなどを食べないとあまり出番がないですよね?

うちは、家族がたまにホットドッグやハンバーガーを用意して食べるので、きょうご紹介するマスタードを常備しています(家人が買って来る)。これはイエローマスタードで、たいして辛くありません。私はもっと辛いもののほうが好きです。

まず先にマスタードのフランス語を確認しておきましょう。マスタード(mustard)は英語由来の外来語ですが、語源はフランス語です。

フランス語では moutarde
発音はこちら⇒ ▶をクリックすると音声が始まります。

ではラベルを読んで行きましょう。

イエローマスタード

英語の表記

35% More
than our 400 ml  400 ml より35%増量

French’s フレンチーズ 商標

Made with Natural Ingredients 自然素材よりできています。

Classic  
YELLOW クラシックイエロー 製品名

PREPARED MUSTARD 調味マスタード(←調理されたマスタード)

550 ml 

特に問題はないですね。イエローマスタードからできている調味マスタードです。

仏語の表記

意味は同じなので書きません。

35% de plus
que notre format de 400 ml

plus que ~より多い
比較の表現
詳しくは⇒「まいにちフランス語」19:L41~比較

notre 我が社の

format サイズ
 

Fait d’ingrédients naturels

fait < faire (作る)の過去分詞 d' = de ~から 'ingrédient 成分、中身 naturel 自然の *いくつかの材料から成っているので複数形 MOUTARDE PRÉPARÉE préparée < preparer 準備する *moutarde が女性名詞なので、過去分詞も女性形 フランス語のほうもそんなに難しくないですね。

マスタードとは

マスタードはカラシナの種子を粉末にしたものです。パウダー状でも販売されています。

これに、水や酢、小麦粉などを入れて練ったものが調理マスタードで、ねっとりした状態のもの。

この製品の原材料を見ると、
vinegar お酢
water 水
mustard seed マスタードの種子
salt 塩
turmeric ターメリック
paprika spice パプリカスパイス
natural flavors ナチュラルフレイバー(後述)
garlic powder ガーリックパウダー

と、これだけ入っています。お酢がたくさん入っているからあまり辛くないんでしょうか。

ナチュラルフレイバーとは?

ナチュラルフレイバーは一応、自然界にあるナチュラルなもの(香辛料、果物、野菜、イースト、ハーブや根、葉っぱなどの植物、肉、海産物、乳製品、発酵製品など)を調合して作った風味です。

この「風味」は、フードサイエンティストが実験室で、ありとあらゆるものを調合して作ります。あまりにいろいろ混ぜているので、「ナチュラルフレイバーより、原材料が少ないアーティフィシャルフレイバー(人工の風味)のほうが健康によい」、という説もあるぐらいです。

「風味のもと」にする前に、自然からとれたそれぞれのものを加工しなければ、風味のもとにできないでしょうから、加工につぐ加工を経た物質ではないかと思います。

これは、マスタードの風味を強調するために入っています。

マスタードのみならず、スーパーに売っているありとあらゆる加工食品にこの「ナチュラルフレイバー」は加味されていますね。

French’s フレンチーズ

アメリカのマスタードメーカーの老鋪。メーカー名は、1904年に市場にマスタードを販売した、ジョージとフランシス兄弟の名前より。会社自体はその数年前に、長男のロバートが起こしていました。

こちらはコマーシャル。これを見るといかにもアメリカ的な商品だな、と思います。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒フレンチーズのマスタードのコマーシャル

★French’s のホームページはこちら⇒Great Recipes from FRENCH’S® Foods | FRENCH’S Classic Yellow Mustard

フランスのマスタードのCM

フランス語のCMもご紹介しておきます。
フランスは北米よりいろんな種類のマスタードがあります。

こちらはマヨネーズの記事でもとりあげたマーユというメーカーの「グルメマスタード」のCMです。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒pub Maille Fins Gourmets 2014

いかがでしたか?粒粒が入っているマスタードのほうがおいしそうですね。

それでは、次回のパッケージのフランス語の記事をお楽しみに。

■このシリーズの目次はこちらです⇒「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^