昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語のことわざ61~困ったときにこそ本当の友だちがわかる(まさかの友が真の友)

まさかの友

きょうご紹介するフランス語のことわざはこちらです。

C’est dans le besoin qu’on connaît ses vrais amis.
困ったときにこそ、本当の友がわかるものだ。

⇒音声は、IVONA Text-to-speechで確認してください。Frenchで Céline か Mathieu を選び、文章を下の四角いところに入力し、playボタンを押すと聞こえます。

困ったときにこそ、本当の友がわかるものだ。

besoin は「必要、要求」という意味ですが、ここでは特に、貧困している、貧乏な状態をさします。

自分がお金に困ったときに、誰が本当の友だちなのかわかる、ということわざです。

人生がうまく行っているとき、いい顔をしてくれる人はたくさんいます。仕事で成功して金回りが良かったら、人がたくさん寄ってくることでしょう。

ですが、いったん自分が落ちぶれたとき、その中の何人が友だちでいてくれるでしょうか。

人生にはいろいろと大変なことが待ち受けています。病気になって仕事をやめなければいけない、リストラされてお金に困る、何かのトラブルに巻き込まれる、過ちを犯してしまうとか、周囲から誤解を受ける、などなど。

そのような逆風の中にいるとき、離れていく元友だちは多いもの。

そんな困ったときにこと、そばにいて、助けてくれたり、支えてくれる人が本当の友だちなのです。

よくわかる!フランス語の文法解説

単語の意味

c’est … que 強調構文 que以下は・・・だ⇒文法ワンポイント参照

dans ~の状態のとき

le  男性名詞につく定冠詞

besoin 貧困、窮乏
Il est dans le besoin.
彼はお金に困っている。

que = que + on

on 人は

connaît < connaître 知る ses 彼の/彼女の 所有形容詞: amis (友達)が複数なので、複数形です vrai 真の amis (友達)が複数なので、複数形です。 ami 友だち

文法ワンポイント~強調構文

c’est と que で文章のある部分をはさんで、前に持ってくると、その部分を強調することができます。

C’est Pam que j’ai rencontrée hier.
私がきのう会ったのはパムちゃんです。
penとパム

C’est dans un café que elle a oublié son sac.
彼女がバッグを忘れたのは喫茶店でです。

くわしくは⇒「まいにちフランス語」41:L63 強調構文

直訳

窮乏しているときにこそ、本当の友だちを知る。

バリエーション

connaît の代わりに reconnaît を使うこともあります。
reconnaître は それとわかる、識別できる、見分ける

C’est dans le besoin qu’on reconnaît ses vrais amis.
困ったときにこそ、本当の友だちがわかる。

le besoin の代わりにle malheur (逆境)を使うこともあります。

C’est dans le malheur qu’on reconnaît ses vrais amis.
逆境のときにこそ、本当の友だちがわかる。

英語では
A friend in need is a friend indeed.
意味は同じです。

日本語では
まさかの友こそ真の友
まさかの時の友こそ真の友

調べたわけではありませんが、これは英語のことわざから来たような気がします。

ほかに、「雨天の友」という言葉もあります。これは三木首相が言ったとされる、と辞書にありました。

雨天の友とは、雨の日に訪ねてくれる友だち。つまり、逆境の時に支持してくれる友人。あるいは厳しい忠告をしてくれる友だち。

「晴天の友となるなかれ、雨天の友となれ」という表現もあります。

いかがでしたか?

「本当の友だち」って定義が難しいですね。時には厳しいことを言ってくれ、逆境にいるときも、助けの手をさしのべてくれるのが本当の友人でしょうか。

人が友人に求めるものは、さまざまですから、常日頃から、自分が友人にしてもらいたいことをしていれば、自分にもそれが返ってくるのではないかと思います。

★ことわざの記事の目次を作りました。ご利用ください。
その1⇒フランス語のことわざ~目次 その1
その2⇒フランス語のことわざ~目次 その2
その3⇒フランス語のことわざ~目次 その3

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    • 樋沼達雄
    • 2014年 11月 18日

    この諺は田辺貞之助の本には出ていません。おっしゃるように英語をフランス語に翻訳したものではないでしょうか。 いつも感服して読んでいます。

      • フランス語愛好家
      • 2014年 11月 19日

      樋沼さん、こんにちは。

      そうですか。のっていないのですね。
      ことわざも、同じようなのが自然発生的にできたり、ある国のことわざが別の国に入ったり、
      いろいろな成り立ちがあるのでしょうね。

      コメントありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^