昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ダムブランシュ、食べたい?

アイスクリーム

Flunch(フランチ)というフランスのレストランのCM、その3です。

この店についてはその1に書いています。
私がきれいな理由、知ってる?

過去2回はキッズミールのCMでしたが、今回はデザートです。

カップルの会話です。

★2015/10/24追記:残念ながらYouTubeno動画は削除されていました。
こちらのページで見られます→Exercice d'écoute: Chez Flunch (3)

・・・いそうですね、こういう女の人。

スクリプトと和訳

Ah, je ne savais pas qu’ils faisaient des glaces chez Flunch.
Mmmm. Tu veux goûter ?
Oui!
Humm. La glace chantilly, c’est ce que je préfère.
Ah bon.
La vanille aussi, hein.
Ah oui. Je prends quoi alors?
Tiens!
Hm. Merci.
Elle est super bonne.
Ça a l’air.

Chez Flunch, la dame blanche est à 2 € 90. Tentant, non ?

※スクリプトはこちらを参考にしました⇒Exercice d'écoute: Chez Flunch (3)

ああ、フランチでアイスクリームを作ってるの、知らなかった。
やむやむ・・味見したい?
うん!
あ、ホイップクリームのとこ、それ私好きなの。
あ、そうなんだ。
バニラもなのよ。
ああ、そう、じゃ、僕はどこを食べれば?
はい!
あ、ありがと・・・
これ、すごくおいしいわ。
そのようだね。

フランチではダムブランシュが2ユーロ90です。そそられませんか?

アイスクリーム関係の単語をのぞけば、ほかは基本的な単語です。

でも、いきなり聴き取るのは難しいんですよね。
たった20秒なのに、すごく長く感じたりして。

※単語メモ
savais > savoir 半過去 1人称単数
faisaient > faire 半過去 3人称複数
tentant 気を引く、魅力的な|動詞 tenter (~の気をそそる)の現在分詞から派生した形容詞
offre tentante 心惹かれる申し出
plat tentant 食欲をそそる料理
bouches tentantes 奪いたくなるような唇(笑)

CMからすぐに使える口語表現

知らなかった。

je ne savais pas que~ 
私は~とは知らなかった。
この表現は虎と小鳥のフランス日記にもたまに出てきます。

たとえば48話のロマン派美術館では、

ジョルジュ・サンドが絵を描いていたなんて知らなかったわ。
という表現がありました。会話なのでneが省略され、
Je savais pas que Georges Sand peignait.

食べる?

Tu veux goûter ?
味わいたいですか?⇒食べる?

veux > vouloir 2人称単数
goûter (飲食物を)味わう

そう見える

Ça a l’air. そのように見える
avoir l’air… ~のように見える/思える

Ces pommes ont l’air bonnes.
これらのりんごはおいしそうだ。

Il a l’air en colère.
彼は怒ってるみたい。

アイスクリーム関連

glace アイスクリーム|氷、板ガラス、鏡という意味もあり。

glace chantilly 泡立てて砂糖をいれて甘くしたホイップクリーム
chantillyはホイップしたクリームです。

vanille バニラアイスクリーム

dame blanche ダムブランシュ 
CMにでてきたもののように、バニラアイスクリームにホイップクリームをのせて、その上からチョコレートソースをかけたもの。
dame blanche は「白い貴婦人」という意味です。

私はあんこ派でアイスクリームはあまり好きではなく、この手のものを店で食べたことはほとんどありません。

ただし、クリームソーダは好きで、父親の連れて行ってくれたレストランやデパートの食堂で、たまに食べていました。

クリームソーダ

クリームソーダは銀座の資生堂が明治時代33年に考案したのだそうです。たぶん日本独自のデザートで、こちらにはないと思います。

3年前に名古屋に帰ったとき、おそい昼ごはんを食べようと、栄地下街にある不二家(だったと思う)に娘と入りました。懐かしかったので、クリームソーダを注文。

700円もしてびっくり。

しかも隣のテーブルで、女子中学生か高校生か知りませんが、セーラー服のグループが、食事をしていたので、さらにびっくり。

「学校はどうしたんだ?」という疑問がまず一つ。

それから、食事メニューは1500円はしていて、
「量はちょっぴりなのに、なんてバカ高いのだ?やめとこ。」
と、私が注文しなかった物を食べていたからです。

私が中学生のときは、学校帰りに喫茶店などには行きませんでしたし、高校のときは、せいぜい「寿がきや」で200円未満(だったと思う)のラーメンを食べていたものです。

時代の流れを感じました。



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^