昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

歌と訳詞:Un flambeau, Jeanette, Isabelle ~松明を持って来て、ジャネット、イザベル

生誕~ラ・トゥール

Le Nouveau-Né:Georges de La Tour(1648)
生誕:ジョルジュ・ド・ラ・トゥール

きょうも私の好きなクリスマスソングをご紹介します。

タイトルは 

Un flambeau, Jeanette, Isabelle
松明を持って来て、ジャネット、イザベル

フランスのプロバンス地方に16世紀から伝わるクリスマスキャロルです。

flambeau は松明(たいまつ)です。棒の先に火をつけたやつ。昔はライトがありませんでしたので、暗闇では、松明とか、ろうそくを持って歩かなくてはなりませんでした。

日本語の曲のタイトルがわからなかったので、私の訳をつけました。

それではまずお聞きください。

3分16秒

※YouTubeで見る方はこちらから⇒松明を持って来て、ジャネット、イザベル(フランス語)

とても美しい歌ですね。

それでは、訳詞に挑戦!

Un flambeau, Jeanette, Isabelle 松明を持って来て、ジャネット、イザベル

Un flambeau, Jeanette, Isabelle
Un flambeau! Courons au berceau !
C’est Jésus, bonnes gens du hameau.
Le Christ est né; Marie appelle !
Ah! Ah! Que la Mère est belle,
Ah! Ah! Que l’Enfant est beau !

松明を持って来て、ジャネット、イザベル
松明を!ゆりかごのもとに走りましょう
イエスです。村のみんなに伝えて
キリストがお生まれになったの。マリアさまが呼んでいます
ああ、なんて美しい聖母でしょう
ああ、なんて美しいおさな子でしょう

C’est un tort, quand l’Enfant sommeille,
C’est un tort de crier si fort.
Taisez-vous, l’un et l’autre, d’abord !
Au moindre bruit, Jésus s’éveille.
★Chut! chut! Qu’il dort à merveille,
Chut! chut! Voyez comme il dort!★

いけません、おさな子は眠っています
いけません、そんな大声で叫んでは
皆さん、まず静かに
物音でイエスが目をさましてしまうわ
しーっ すやすやと眠っていらっしゃる
しーっ 寝顔を見て

★~★ refrain

Doucement, dans l’étable close,
Doucement, venez un moment !
Approchez! Que Jésus est charmant !
Comme il est blanc! Comme il est rose !
☆Do! Do! Que l’Enfant repose !
Do! Do! Qu’il rit en dormant ! ☆

そっとね 馬屋の中では
そっとね さあ、来てください
近寄って イエスのなんと素敵なこと
なんて白いのでしょう、なんてピンクのほほなのでしょう
静かに おさな子はお休みになっています
静かに 眠りながら微笑んでいるわ

☆~☆ refrain

単語メモ

courons < courir 走る berceau ゆりかご hameau 小集落、部落 à merveille すばらしく、見事に Il se porte à merveille. 彼はいたって元気です。 reposer (文)眠る

この曲は賛美歌にもなっています。もともとはクリスマスとは関係のない、貴族の踊るダンスの曲だったとか。確かに、ゆったりと踊るダンスにもあいそうですね。

歌詞を知らないで聞くと賛美歌というよりフォークロアかなと思うようなのんびりとした牧歌的な歌です。

声楽バージョン

こちらは声楽です。オペラ風だと力が入るので、今いち好みではありませんが、オーケストラの演奏はいいですね。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒松明を持って来て、ジャネット、イザベル(フランス語)

英語バージョン

この曲は18世紀に英語の訳され、イギリスに入りました。英語では、
Bring a Torch Jeanette Isabella
というタイトルです。

英語版は女性デュオでお聞きください。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒松明を持って来て、ジャネット、イザベル(英語)

ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの「生誕」

フランスのバロック時代の画家、ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(1593-1652)はこの曲に触発されて、Le Nouveau-Néという絵を描いたそうです(記事トップの画像です)。

この人は、トランプでいかさましている絵が有名ですね。

「いかさま師」はアメブロの記事で紹介しています⇒カラヴァッジオとカラヴァッジズムを知っていますか?

それでは、皆さま、素敵なクリスマスイヴを!

■クリスマスの記事の目次はこちら⇒クリスマス関連記事の目次

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^