昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

真夏に小春日和について考える~「虎と小鳥のフランス日記」第46話

カミーユ

パリの桜

虎と小鳥のバックナンバーから、きょうは第46話「小春日和のパリ」を見ました。

これは去年の4月はじめの撮影。ビデオの中に、イースター用のかわいいウサギのチョコレートをデスプレイした、ショコラ専門店が出てきます。

イースターのチョコレート

季節感あふれる映像がきれいで、春が来てうれしいという喜びに満ちている回なので、私の好きなエピソードです。

でも「小春日和」は春ではありませんから、このタイトルはいかがなものか、というメールが先生にたくさん(?)届いたといういわくつきの回でもあります。

この件については、記事の後半で書くとして、きょうは、サンプルビデオがあるので、そちらの勉強から始めます。

まずごらん下さい。

第46話サンプルビデオ冒頭の1分ほど

※YouTubeで見る方はこちらから⇒パリの春 (虎と小鳥・第46話サンプル)

カフェのテラスで語るカミーユです。続きにはスクリプトと和訳を書いています。

Alors, une chose qui est super à Paris, c’est que, dès que y’a le soleil qui arrive, les terrasses sont remplies.

Donc euh, on… on peut manger en terrasse, on peut boire un verre en terrasse, et…et du coup y’a vachement d’animation euh…dehors.

さて、パリにいると、とても素晴らしいことがあるのよ。それは太陽が出るとすぐに、テラス席が埋まるということ。

それでテラス席で食事をしたり、お酒を飲んだりできるので、外はとっても活気にあふれているの。

いつも冒頭は「きょうは~に来ています」というのが多いのですが、この回は季節のお便りで、ちょっとおもしろく、かつ難しげな言い方をしていますね。

【サンプル部分をちょっと解説】

1.最初の文

ヴィルギュル(カンマ)でかこまれた部分(後述)は、説明として入れ込んである部分(挿入)なので、文の骨組みだけを書き出すとこうなります。

une chose qui est super à Paris, c’est que les terasses sont remplies.

une chose (あること) を前に出して、c’est(それは~)と説明する形です。(文頭遊離構文と呼ばれます)

この文はune chose の説明として、qui est super à Paris(パリですばらしいこと)、そしてc’est以下も関係代名詞queを使ってque les terasses sont remplies(テラスの席が埋まること)と説明しているのでちょっとむずかしげです。

もっとシンプルな例だと、

Penguinne, c’est mon prènom.
ペンギーヌ、それは私のファーストネームです。

こんな感じです。

この形については、こちらのキーフレーズ3の説明で、詳しく書いています⇒「虎と小鳥のフランス日記」第26話 バルザックの家 その2

2.dès que y’a le soleil qui arrive(太陽があるとすぐに):これは時間の情報を付け加えるために挿入されています。

dès que ~したらすぐに queのあとには文章がつきます

Dès qu’il aura fini, il viendra.
終わったら彼はすぐに来るだろう。

dès は「~からすぐに」という意味の前置詞です。 

※単語メモ
rempli ~でいっぱいの (←remplirの過去分詞)
un verre bien rempli なみなみと注がれたグラス

y’a = il y a
カミーユはほぼいつもy’a を使ってますね。会話ではこういうほうがふつうなのかも(作文の地の文には書かないほうがいいです)

vachement たくさんの
il y a vachement de = il y a plein de ~がたくさんある
vahceは雌牛です。雌牛がうようよいるからできた言葉のなのかな~と勝手に想像しています。

辞書では(話)と書いてありますが、以前ラジオ講座でレナ・ジュンタ先生が「恋する乙女の秘密の日記」のダイヤローグでこの単語を使ってました。

animation 活気
Il y a beaucoup d’animation dans ce quartier.
この界隈はたいへんにぎやかだ。

【きょうの豆知識 小春日和】

小春日和は大辞泉によると、

初冬のいかにも小春らしい穏やかで暖かい日和[季 冬]

小春は

初冬の穏やかで暖かい春に似た日和が続くころ。また陰暦10月の異称。[季 冬]「ふりわけて片荷は酒の小春かな/龍之介」

つまり正式には初冬の春のような暖かい日ということですね。でも、私達は、年があけてからも「小春日和」使ってますよね?

それと同じで、パリの人たちも、4月のはじめ、まだまだ寒い日が多い中で、ふっと太陽さんさんのあたたかい日があると「小春日和みたい」と言うようです。

つまり4月のはじめでもまだ寒い日が多いのでしょうね。

余談ですが「ふりわけて片荷は酒の小春かな」という俳句ですが、この俳句は昔の生活感がなければ、小春がピンと来ないと思うのですが?

芥川龍之介は明治25年生まれです。

芥川龍之介のイラスト

片荷は棒の両端に荷物をぶらさげるものです。その片方がお酒ということは、とっくりがぶらさがった棒をかついで、冬なのに春のように暖かいから、どこかそこらの野原で酒盛りでもしようかな、るんるん、という意味だと思います。

フランス語で小春日和は l’été de la Saint-Martin

Saint-Martinはトゥールのマルティヌスという4世紀のローマの聖人です。男性ですが、La (fête) St Martinとfête(祝日)という女性名詞が略されているので、女性の定冠詞がついています。

なぜマルティヌスの日が小春日和なのか? 実はそれを説明しているらしきページを見つけたものの、あまりにフランス語がいっぱいで、まだ読みきれておりません^^;

※été indien インディアンサマーという言葉もありますが、これは辞書によると(北アメリカの)小春日和 です。カナダのフランス語(つまり英語)由来の言葉かと思います。

季節感というのは、その人の住んでる場所によってかなり違うので、この言葉はこの季節とはっきりいうことはできませんね。



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^