映画

虎と小鳥のフランス日記

レスト・シネ「虎と小鳥のフランス日記」第25話 

毎週土曜日に届くフランス語の教材『虎と小鳥のフランス日記』ですが、最新作を見るのと平行して、バックナンバーも週に一作のペースで受講しています。

きょうは第25話を見ました。

タイトルはレスト・シネ。映画を見て食事をするデートのことです。いつものように、教材ビデオのキャプチャー画像と3つのキーフレーズをご紹介します。このエピソードの撮影は2011年の初冬ぐらいです。



今週の3つの大切な表現

その1 ~を見るのはどう?

カミーユ(Camille)とアントワーヌ(Antoine)は映画館の前で何を見ようか検討しています。とても寒そうです。

虎と小鳥のフランス日記 第25話

アントワーヌは「«Polisse»(ポリス)を見ない?」と言います。

カミーユは「タンタンはどうか?」と言います。

虎と小鳥のフランス日記 第25話

いつもやさしいアントワーヌがいや、«Polisse»にしよう、と断言します。

タンタンを知らない人はこちらへ⇒タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(仏語版)の予告編。

その2 感動したけど、映画としては重い

映画を見終わって出てきたところ。アントワーヌに感想を聞かれて、カミーユが
「うん、感動したわ。でも映画としては重くないかしら?」

虎と小鳥のフランス日記 第25話

そのあとカミーユは「おなかがすいた」と言います。この流れ、この教材によくあります。二人は外食が多いような気がするのですが、こんなものでしょうか?

このあたりは古い町並みです。パリで一番古い舗道にいます。カミーユは「ここでは敷石さえ見ればよい」と言います。古い店もいろいろあるのですが。

虎と小鳥のフランス日記 第25話

ある店に入り、メニューを見ます。

虎と小鳥のフランス日記 第25話

その3 何をたのもうかな?

「さて、私は何をオーダーしようか。子どものころの思い出もあるし、ニース風サラダにするわ。」

虎と小鳥のフランス日記 第25話

実はカミーユは南仏のニース出身なのです。ふるさとの郷土料理を頼みました。

運ばれてきたニース風サラダはこれです。

ニース風サラダ

キーフレーズの答え
1.Ah ouais, ça peut être bien. Tu veux pas aller voir «Tintin» ?

2.Ouais, c’était…c’était émouvant euh…Ah, c’est dur comme film, quand même, non ?

3.Alors, je vais prendre euh…Pour me rappeler mes souvenirs d’enfance, je vais prendre une salade niçoise.

おなかがぺこぺこ~おもしろい表現

今回、キーフレーズ以外でちょっとおもしろい表現がありました。

J’ai les crocs.

私はクロックスを持っている?え?クロックスってあのゴムのような靴?

違います。croc は「(ものを吊るす)鈎、フック:肉食獣の牙」

J’ai les crocs. は「私はとてもおなかがすいている」
プチロワにも avoir les crocs (話)ひじょうにおなかがすいている

とありました。おなかがすきすぎて、人間なのに、肉食獣の牙を持ってる感じなのでしょうか?

日本人は「おなかがぺこぺこ」ですが、フランス人は「おなかが牙」なんですね。国民性の違いを感じます。



映画 ポリス «Polisse»

パリで未成年関係の事件を扱う課の刑事の仕事と日常をシリアスに映しだした映画。カンヌ映画祭などで話題になりました。
。タンタンとは全く逆のタイプの映画です。

予告編でちょっと雰囲気を見てください。
2分36秒

フランス語、聞き取れないな~(笑)

※第1話~24話まではこちらからどうぞ⇒「虎と小鳥のフランス日記」vol.1 第1話~第25話






波止場ジャン・ギャバンとミッシェル・モルガン~「霧の波止場」前のページ

フランス語脳プロジェクトのPDFの管理、3つの方法次のページ文法講座のテキスト

ピックアップ記事

  1. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 国虎屋パリ

    虎と小鳥のフランス日記

    オペラ地区で聞くジャズ・マヌーシュ「虎と小鳥のフランス日記」第115話

    新しい虎と小鳥のフランス日記が配信されました。第115話はオペ…

  2. ロマン

    虎と小鳥のフランス日記

    フランスの舞台関係者の不定期労働~「虎と小鳥のフランス日記」第155話

    「虎と小鳥」の最新号の受講メモです。今週は全編、インタビューで…

  3. トロカデロ広場

    虎と小鳥のフランス日記

    頑張れ、レ・ブルー~「虎と小鳥のフランス日記」第63話

    「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバー、第63話を見ました。今回の…

  4. コートをあててみるカミーユ

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」第30話 チープ&シック その2

    「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバー第30話の受講メモのその2で…

  5. リュクサンブール公園

    虎と小鳥のフランス日記

    リュクサンブール公園・その1~「虎と小鳥のフランス日記」第14話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーは14話を学習しました…

  6. パリ

    虎と小鳥のフランス日記

    パリのカフェでおしゃべり~「虎と小鳥のフランス日記」第150話

    今週の「虎と小鳥のフランス日記」は第150話。きりがいいですね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. ギロチンの歴史(前編)
  2. かわいいフランス語の目次、その7:発想のたねにしてください。…
  3. ジュリエット・グレコ、93歳で亡くなる。
  4. オウトウの木の絵を描く:ペッパピッグのフランス語(5)
  5. フランスの象徴、マリアンヌ像はどのようにして生まれたか?
  6. 世襲財産(patrimoine)とは何か?
  7. シャネルにゆかりのあるパリの5つの場所。
  8. ラスコー洞窟はどんなふうにして発見されたのか?
  9. Septembre(9月):La Femme(ラ・ファム)~…
  10. なぜフランス人は、フランス料理を誇りに思っているのか?

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 日めくりとpen
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

アーカイブ

PAGE TOP