昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

パサージュ・デュ・グラン・セール その1~「虎と小鳥のフランス日記」第133話

パサージュ・デュ・グラン・セール

2014年はじめての「虎と小鳥のフランス日記」のエピソードが届きました。今回はパサージュ・デュ・グラン・セール(アーケード街)にあるセシル・ボカラというアクセサリーのクリエイターのブティックをカミーユが訪れます。

さて、「虎と小鳥のフランス日記」のビデオ、今年からちょっと変わったところがあるんです。

まずはサンプルをごらんください。冒頭の1分30秒です。

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。現在は「不思議の国のフランス」という新しいシリーズを配信中⇒ウィンドウショッピング~不思議の国のFrance#2

お気づきになりましたでしょうか?最初に出る虎と小鳥のイラストとエッフェル塔の旗の絵が動くようになりましたね。ちょっといい感じです。

きょうのメニュー

  • サンプル部分のスクリプトと訳
  • 2つのキーフレーズ
  • キーフレーズをちょっと解説
  • パサージュ・デュ・グラン・セール
  • ・・・私の受講メモは代わり映えしませんね^^;

    サンプル部分のスクリプトと訳

    今回サンプルに比較的たくさん発話が入ってましたので、スクリプトと和訳を描いておきます。

    一番最後の文が今週のキーフレーズの一つ目です。

    サンプル部分の発話

    Alors nous sommes dans le passage du Grand-Cerf. Et on peut observer un rez-de-chaussée, un premier étage et un deuxième étage.

    Alors apparemment, à l’époque, avant, il y avait au rez-de-chaussée, donc, les boutiques, au premier étage, euh…les ateliers de travail, et au deuxième étage les habitations. Bon…il me semble que c’est toujours le cas.

    さて、私たちはパサージュ・デュ・グラン・セールにいます。1階、2階、そして3階が見えます。

    え~と、昔は、1階にブティック、2階に職人のアトリエ、そして3回に住居があったようですね。

    えー、それは今もそのようです。

    ※単語メモ
    rez-de-chaussée 1階、メインフロア
    フランス語と日本語では階の数え方が違います。
    詳しくはこちらで説明しています⇒第31話 グランマガザンのクリスマス

    apparemment おそらく

    à l’époque 当時は

    habitation 住居

    2つのキーフレーズ

    いつも、3個ぐらい書いていますが、きょうはサンプル部分をチェックしたので、2つにしました。

    今もそうです。

    今もそのようです。

    パサージュ・デュ・グラン・セール

    Il me sembre que c’est toujours le cas.

    おなかすいた

    ところで、わたしおなかがすいたわ。

    パサージュ・デュ・グラン・セール

    Par contre j’ai un p’tit creux.

    キーフレーズをちょっと解説

    c’est toujours le cas

    いつもそうです。

    cas は事態、立場、事例、ケース。
    英語のcaseで日本語にもなっていますね。
    ケースバイケースのケースです。

    leと定冠詞がついているので、「いつもそのケースである。」

    この場合は、昔のパサージュはこうだったけど、今もそうです、ということ。

    casの入ってる熟語としてよく出てくるのは、
    en tout cas  いずれにせよ
    このミルクのCMにも出てきました。

    avoir un creux

    おなかがすいた

    creux は 空洞、穴

    avoir un creux dans l’estomac (空腹である)の略です。
    avoir un petit creux のpetitは必ずしも「少し」という意味ではなく、前にpetitをつけて使うことが多いそうです。

    パサージュ・デュ・グラン・セール

    パサージュ・デュ・グラン・セール

    Le Passage du Grand-Cerf

    このアーケード街は2区にあり、ツーリストスポットからはちょっとはずれています。

    grand cerf は「大きな鹿」という意味ですが、以前この場所に、Hôtel du Grand Cerf(大鹿ホテル)という名のホテルがあったので、1825年に、このパサージュができたとき、そのまま名前を継承しました。

    幅は3メートルと狭く、反面高さは12メートル近くあります。カミーユの言うように、3階建てで、ガラス張りの屋根から光が入ってとても美しいアーケード街です。

    長さは117メートル。つまり100メートル足らずなのですが、その中に、今回のビデオに出てきた店のようなジュエリーなどのアクセサリーのブティックや、古い雑貨や手工芸品などユニークな品物を扱う店が多く、ちょっと変わったおみやげを買うのいいい場所ではないでしょうか?

    このパサージュはルイ・マル監督の1960年の映画、「地下鉄のザジ」で、登場します。
    5分17秒

    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒「地下鉄のザジ」のワンシーン

    白と黒とグレーのタイルを貼った床がおしゃれですね。ところどころに使われているアイアンもいい感じです。

    さて、冒頭のアニメーション以外にも、変わったことがあります。まず、この回からエピソードに、フランス語のタイトルもつき、字幕がフランス語のものは、そのタイトルが表示されるようになりました。

    今回のタイトルは Le passage du Grand Celf 01 です。

    そしてもう1つ、解説のPDFの最初の虎と小鳥の絵も、こんなふうに変わりました。

    虎と小鳥の新しい絵

    先日、受講生にアンケートが届き、いろんな希望を書くようになっていましたので、また少しずつ、みんなの声を取り入れて変わっていくことと思います。

    今年も楽しみな「虎と小鳥のフランス日記」です。

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●虎と小鳥って?⇒新「虎と小鳥のフランス日記」が初学者にも優しくパワーアップ!
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^