numbers 51-60

数字

フランス語の数字【第27回】51 – 60

慣れないと難しいフランス語の数字を少しずつチェックしています。きょうは51から60まで。

21から69までパターンは同じです。10の倍数に1の位の数字を組み合わせるだけです。



数字 51-60

数字 51

作り方は21、31、41と全く同じで、「50と1」と書きます。

cinquante et un
数詞として扱うときは常にcinquante et un

後ろに女性名詞が続くときは
cinquante et une

※1990年の清書法では、cinquante-et- un とトレデュニヨンで結びます。
参考⇒【第24回】21 – 30

数字 60

今回初めて出てくるのは、60 soixante ソワサーント
oi は二つセットで「オワッ」。
xはsの発音
an は鼻母音です。

発音はこちら

■語源はラテン語の soixante ← sexanginta

■派生語など
soixantaine ソワソンテーヌ およそ60
soixantième ソワソンティエム 60番目の

sexagénaire セクサジェネール 60歳代の人

■soixanteを使った表現、文章
les années soixante 60年代

Le soixante a gagné.
60番の選手が勝った。

数字 51から60

52から59は22~29、32~39、42~59、と同じ要領で、soixanteと1の位の数字をトレデュニオンでつなぎます。

51 cinquante et un
52 cinquante-deux
53 cinquante-trois
54 cinquante-quatre
55 cinquante-cinq
56 cinquante-six
57 cinquante-sept
58 cinquante-huit
59 cinquante-neuf
60 soixante

発音はこちらで確認を。

cinquante の Tの音を発音していない数字もありますが、これは正式にきっちり言うときは発音するのだと思います。

1の位の数字があまりにあやふやな場合は復習をどうぞ⇒【第12回】1(アン)~10(ディス)の復習

★この続きはこちら⇒フランス語の数字【第28回】61 – 70

★このシリーズを最初から読む方はこちらからどうぞ⇒フランス語の数字【第1回】~0(ゼロ)

5:55

歌詞に数字55が出てくる曲をご紹介します。
曲のタイトルは 5:55
cinq heures cinquant-cinq 5時55分 という意味。

実は、この曲は英語の歌です。が、5:55の部分はフランス語です。歌っているのは、シャルロット・ゲンズブールですから、5:55はちゃんとフランス語として発音していると思います。

では動画をどうぞ

歌詞はこちらを参照してください⇒Charlotte Gainsbourg – 5:55 Lyrics | MetroLyrics

冒頭の歌詞は

A cinq heures cinquante-cinq
Awake with open eyes
A drift upon the night
And miles away from land

5:55
5:55

5時55分に
目覚める
夜の余韻
地上の果て

5時55分
5時55分

もとの歌詞はごらんのように4行すべてA(ア)から始まっていて、詩的なんですが、私の訳は今ひとつです。

一番最後のリフレインも
And again
And again
と続いています。



シャーロット・ゲンズブールについて

シャーロット・ゲンズブールは1971年生まれの43歳。フランスの人気女優です。ご存知の方も多いでしょうが、父はセルジュ・ゲンズブール、母はジェーン・バーキン。

、歌手としての活動は1986年に父親のプロデュースで、Charlotte for Ever 『魅少女シャルロット』というアルバムを出しています。

その後は音楽活動はほとんどしていませんでしたが、2006年に 5:55 というアルバムを発売し、これがものすごく売れました。

プロデュースはイギリスのレディオヘッドのナイジェル・ゴドリッチ(Nigel Godrich)、曲や演奏には、フランスのデュオ エール(Air)、英国のジャーヴィス・コッカー Jarvis Cocker、アイルランドのニール・ハノンらが協力。当代の一流ミュージシャンとコラボして、セルジュ・ゲンズブールの世界を超えたという感じでしょうか。

そこまで行くのに20年の歳月を要したのかもしれないですね。

このアルバムは彼女が大人になって初めて発表したアルバムでもありますし、実質的にファーストアルバムと呼べるかもしれません。

シャルロット・ゲンズブールの5:55というアルバム。1曲をのぞいてすべて英語です。というのも両親の影響から離れたところで音楽を作りたかったからだそうです。

父親が偉大すぎて、いろいろ苦労があったのでしょうね。






ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. seventeen

    数字

    フランス語の数字【第19回】~17(ディセット)

    フランス語の数字を1つずつチェックしています。今回は17です。…

  2. 数字20

    数字

    フランス語の数字【第22回】~20(ヴァン)

    慣れないと難しいフランス語数字を毎週1つずつチェックしています。今週第…

  3. ラジオの受信パネル

    数字

    数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで

    フランス語の数字を少しずつ学習している記事の目次、その2です。数字…

  4. nine muses

    数字

    フランス語の数字【第10回】~9(ヌフ)

    フランス語の数字を1つずつチェックするシリーズです。10回目は「9」で…

  5. 数字41-50

    数字

    フランス語の数字【第26回】41 – 50

    フランス語の数字を少しずつチェックしています。きょうは41から…

  6. one

    数字

    フランス語の数字【第2回】~1(アン)

    フランス語の数字をひとつずつチェックしています。初回は«0»でした…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 風に関する単語:かわいいフランス語教えます(132)
  2. スザンヌ:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  3. 国際女性デーが生まれた背景。
  4. マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方(2019年版…
  5. なぜ日本は捕鯨をやめないのか?
  6. ファッション界の大物、カール・ラガーフェルド、85歳で亡くな…
  7. アラビア語由来の単語:かわいいフランス語(131)
  8. ポワソン・ルージュ(サン・プリヴァ)の歌と訳詩、映画「シンプ…
  9. 黄色いベスト運動の終結をめざし、マクロン大統領が国民討論会を…
  10. ラ・シャンドルール(聖燭祭でありクレープの日)ってどんな日?…

おすすめ記事いろいろ

  1. ジャック・プレヴェールの詩『朝食』は複合過去の学習に最適
  2. 第89回アカデミー賞授賞式はいろいろな意味で前代未聞でした。…
  3. 【第24回】チョコレートチップブラウニーをフランス語で?
  4. レペットでダンス用の靴を買う~「虎と小鳥のフランス日記」第6…
  5. 『パリ20区、僕たちのクラス』で条件法現在を学ぶ:予告編のフ…
  6. ハロウィンにまつわる単語 その2
  7. ポッドキャストで書き取りの練習を始めた頃~入門日記第17回
  8. フランス人は働くことが好きなのでしょうか?
  9. クリスマスの単語 その7 レヴェイヨン~イヴやおおみそかのご…
  10. ビートルズの「ミッシェル」に出てくるフランス語

おすすめのまとめ記事

  1. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  2. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  3. 翻訳者養成講座関連記事の目次
  4. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  5. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  6. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  7. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  8. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  9. ニュースの記事のまとめ(2)
  10. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 黒板
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP