フランス料理

フランスの暦、年中行事

美食の祭典(フェット・ド・ラ・ガストロノミー)とは?

毎年、秋分の日の週末にフランスでは、Fête de la Gastronomie (美食の祭典)というイベントが行われます。

直訳は、「美食法のお祝い」。gastronomie は美食法、料理法[学]。美食の国、フランスならではの行事ですね。

この行事について説明している FrenchPod101 のビデオカルチャーレッスンを紹介します。



美食の祭典とは?

みなさん、こんにちは。イングリッドです。

フランス料理はお好きですか? もしそうなら、きょうの話題はあなた向きです。

もしかしたら、美食の祭典(la fête de la Gastronomie) をご存知ではないでしょうか。フランス全土や、世界中で、毎年、秋の最初の週末に行われます。

このレッスンでは、なぜ、また、どうやって、フランス人がフェット・ド・ラ・ガストロノミーをお祝いするか学びます。

■クイズタイム

Si vous connaissez la cuisine français, pouvez-vous me citer trois mets français célèbres ?

フランス料理をご存知なら、3つの有名なフランス料理をあげることができますか?

答えはこの動画の最後にお伝えします。

ガストロノミーとは?

ガストロノミー(gastronomie)は、おいしい料理を作る技術です。 フランスでは、ガストロノミーは、以下のように定義されるでしょう。すなわち、食事をたのしむことに結びついた食卓でのアートです。

フランス人のガストロノミーの食事は、そのしきたりと盛り付けとともに、2010年に無形文化遺産に登録されました。

実際に、フランス料理には典型的な食べ方があり、食事に合ったワインを選び、ある順番にそって料理が供され、テーブルセッティングにも決まりがあります。

2011年にシルヴィア・ミネル手工業・商業・観光大臣が始めた「美食の祭典」は、フランスのガストロノミーの技術や伝統、イノベーションをたたえようという願望が込められています。

フェット・ド・ラ・ガストロノミーの目的

このイベントにはいくつか目的があります。

まず、フランス料理を世界中に推進し、観光客を増やすことです。

それと同時に、人々に、さまざまな地方の料理や農産物、ガストロノミーにかかわるたくさんの職業に関心を持ってもらうこともめざしています。

毎年、バラエティを持たせるために、1つのテーマがもうけられます。

アマチュアの料理人のコンクールなどの催しが行われます。

このイベントは、フランス全土だけでなく、諸外国でも行われます。南アフリカや日本、カナダは、この祭典に参加しています。

この行事は、まだ新しいので、ほとんどのフランス人には知られていません。それにもかかわらず、人気が高まっていて、フランスの98の県で、7万5千人以上のプロが参加しています。

■ファン・ファクト

ミシュランガイドをご存知ですか? ミシュランはもっとも古く、もっとも有名な世界のガストロノミーのガイドブックです。

ガイドの調査員の調べにもとづいて、レストランに、格付けを表す星印が与えられます。星3つが最上です。

フランスは2番めに星を獲得している国です。

フランス料理の例

では、最初に出したクイズの答えです。

「フランス料理をご存知なら、3つの有名なフランス料理をあげることができますか?」

フランス料理にはたくさんの種類があるので、回答もさまざまです。

たとえば、マカロン、フォアグラ、伝統的な子牛のブランケットは、世界中で有名なフランス料理です。

このレッスンはどうでしたか? 何かおもしろいことを学びましたか? あなたの好きなフランス料理は何ですか?

FrenchPod101.comにコメントを残してください。

それではまた。

単語メモ

mets  (皿に盛った)料理

présentation = présentation d’un plat  食事の盛り付け

mariant < marier  組み合わせる

succession  続いて起こること、連続

ambition  (~したいという)熱望、願望

savoir-faire  手腕、技量、腕前;ノーハウ

sensibiliser  関心を持たせる



動画で説明のあったフランスを代表する3つの料理

macaron  お菓子のマカロンです。卵の白身に砂糖をまぜてしっかり泡立てたもの(メレンゲ)を焼いたお菓子です。

これを「料理」と訳していいのかどうか迷いましたが、まあ、フランス発祥のお菓子です。

日本でも人気です。

マカロン

fois gras  フォワグラ
ガチョウやカモの肝臓を肥大させたもの、及びそのパテ。

fois は「肝臓」です。gras は、「脂肪分の多い」という意味の形容詞。

マルディグラのグラです⇒マルディグラ(カーニバル)の起源とお祝いの仕方

フォアグラはフランス料理における重要な食材ですが、「生産方法が残酷である」と反対する人も多い食材です。

フォアグラ

blanquette  ブランケット。 子牛、子羊、鶏肉を煮込んだクリーム煮(ホワイトシチュー)です。

白い(blan)シチューだから、blanquette だと思われます。

白ぶどうから作られる、ラングドック地方の発泡性白ワインもブランケットです。

veau は 満1歳までの子牛

blanquette de veau の作り方はこちら。

2017年の美食の祭典は、9月22日~24日まで行われます。日本のレストランでも協賛イベントがあるかもしれませんね。

詳しくはフランス政府のサイトでどうぞ⇒Accueil | Le portail des ministères économiques et financiers

関連記事もどうぞ:

ボキューズ・ドール国際料理コンクールとは?

10月16日は「食品の無駄捨てとたたかう日」

~~~~

フェット・ド・ラ・ガストロミーは、日本では「美食の祭典」と呼ばれているようなので、そう訳しました。

しかし、「美食」は、贅沢な大ごちそう、というイメージなので、ちょっとニュアンスが違うかもしれません。

フランスの郷土料理はわりと素朴だし、いわゆるコテコテのフランス料理も最近は、シンプルでヘルシーなものもあるのではないかと思います。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. ルーブル美術館

    フランスの暦、年中行事

    ヨーロッパ文化遺産の日とはどんな日でしょうか?

    毎年9月の第3週の週末は、フランスでは Les Journées du…

  2. オリーブ

    フランスの暦、年中行事

    歌と訳詞:故郷の九月~ジルベール・ベコー その2

    ジルベール・ベコーの「故郷の9月」の歌詞を訳しています。ベコー…

  3. pen バレンタイン

    フランスの暦、年中行事

    バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次

    バレンタインデーに関連する記事の目次を作りました。古い記事から並んでい…

  4. 果樹園

    フランスの暦、年中行事

    12ヶ月の言い方、総復習~フランス語の暦(10)

    1月から12月までの12ヶ月の呼び方の復習です。動画を2つつけました。…

  5. テディベアのカップル

    フランス語の語彙

    バレンタインデーのフランス語その1~かわいい愛の詩

    きょうから週末はバレンタインデーにちなんだフランス語について書いていき…

  6. ミュージックシート

    フランスの暦、年中行事

    フェット・ド・ラ・ミュジーク(音楽祭)の起源

    6月21日は、フランスでは Fête de la Musique(フェ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. なぜ、フランスでは7月14日が祝日なのか?
  2. オ・ボヌール・デ・ダム、デパートの発明:予告編のフランス語
  3. フランスの猛暑(2019年6月)のニュース
  4. Le pouvoir des fleurs(花のちから)ロラ…
  5. いやし、リラックスに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  6. おとぎ話に出てくる言葉(その2):かわいいフランス語教えます…
  7. フランスの試験、バック(バカロレア)とは何か?
  8. フェット・ド・ラ・ミュジーク(音楽祭)の起源
  9. 黒い森のさくらんぼケーキの簡単レシピ:フランスのお菓子34
  10. 深い愛(Un amour profond):アクセル・レッド…

おすすめ記事いろいろ

  1. 歌と訳詞:プレヴェールに捧ぐ~セルジュ・ゲンズブール 前編
  2. エリザベス女王がフランスを訪問、ノルマンディー上陸作戦70周…
  3. Maman a tort (ママは間違っている):予告編のフ…
  4. 美しいフランス語の歌詞にするための3つの工夫~『不思議の国の…
  5. 2013年、春夏流行のヘアスタイル~後編~ソバージュとワンシ…
  6. カーニバルの定番、ベニエ (ビューニュ) の作り方:フランス…
  7. L3 つづり字の読み方2~注意する子音,数字(1~20)
  8. なぜイースターにウサギが出てくるのか?
  9. スティーブ・ジョブズの神話を砕く。ドキュメンタリー映画「St…
  10. フランス人は朝ごはんに何を食べているか? 典型的なメニューを…

おすすめのまとめ記事

  1. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  2. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  3. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  4. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  5. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ
  6. フランス語のことわざ~目次 その1
  7. フランス語入門日記~目次を作りました
  8. かわいいフランス語、教えます~目次 その1
  9. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  10. 数字の記事のまとめ その1 0から18まで

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. フランス語の日めくり
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP