パリ

時事ニュース

非常事態宣言。パリ同時多発テロに対するオランド大統領の措置

フランスの子ども新聞、1jour1actuから、今回のパリ同時多発テロに対して、オランド大統領がとった措置を伝えるニュースを紹介します。1月17日の記事です

オランド大統領は l’état d’urgence(非常事態)宣言をしました。国家緊急権の発動です。



Notre pays se défend 私たちの国は防戦します

Les attentats du vendredi 13 novembre ont été les plus meurtriers que la France ait jamais connus. Le président de la République a annoncé une série de mesures pour protéger les Français et lutter contre le terrorisme.

11月13日、金曜日のテロで、これまでフランスが体験したことのない多数の死者がでました。フランスの大統領は、フランスを守り、テロリズムと戦うために、一連の措置を発表しました。

パリで金曜の夜、少なくとも129人が殺されたテロのあと、フランスの指導者たちは対応に走り、フランスをテロから守ると同時に、この攻撃をしかけてきたダーシュを直接攻撃する措置をとりました。

金曜の夜、テロのあとすぐに、フランソワ・オランド大統領がテレビで表明しました。彼は、非常事態(l’état d’urgence)を宣言。これは大変重大な状況のもとでしか発動されません。大統領は13日のテロを「戦争行為« actes de guerre »」と呼びました。

以下が実施される活動の要約です。

L’état d’urgence 非常事態

フランスを守るために、オランド大統領は「非常事態」を宣言しました。この国ではとてもめずらしいことです。この体制をとると、ある一定期間、警察に、より権限が与えられ、人々の行動を制限することができます。

たとえば、イル・ドゥ・フランスでは、11月19日までは、デモに参加したり、グループ活動をすることが禁止されています。

さらにフランスの国境はよりいっそうきびしく検閲されます。そして、飛行場、駅、公共交通機関など人が大勢集まる場所も、よりきびしく監視されます。

Frapper Daech directement en Syrie シリアでダーシュを攻撃する

9月の終わりに、フランスはシリアに介入し、ダーシュのジハーディストのいる地域への爆撃を開始しました。

日曜の夜、ジハーディストたちの「首都」ラッカを初めて攻撃したあと、オランド大統領は、フランス軍の飛行機は、引き続きシリアのテロ組織に狙いを定めて攻撃すると発表しました。

フランスの戦闘力を強化するために、大統領は、諸外国とより強力な同盟を結びたいと希望しています。

シリアのラッカにはダーシュのテロリストがもっともたくさん集まっており、さらにジハーディストの訓練場もあります。

Continuer la lutte contre les terroristes en France フランスにおけるテロリストへの対策

フランス国内では、テロと戦うために、警察と憲兵などに新しい役職が作られました。警察当局の仕事を援助するために、1月のテロ以来、情報サービスが強化されています。ここでは毎日テロを起こしそうな個人の情報を集めています。

情報部のおかげで、2015年の1月から4月までに、およそ6回のテロを防ぐことができました。

元記事 → Notre pays se défend – 1jour1actu.com – L'actualité à hauteur d'enfants !

単語メモ

dirigeant 指導者

récapitulatif 要約

mise en œuvre 利用;実施

déjouer (相手の計画、行動などを)失敗させる、~の裏をかく

情報部が4ヶ月のあいだに6回のテロを未遂に終わらせたとさらっと書いてありますが、6回もあったというのが怖いですね。



テロの脅威はまだまだ続く

記事にあるように、フランス軍は15日にラッカを空爆。その後も続けています。ラッカは、イスラム国の拠点で、ISILはここを「首都」と宣言しています。

またロシアも空爆を強化しています。プーチン大統領はフランスと同盟関係を強くしたいと語りました。

イスラム国の幹部の家族は、ラッカから移動を始めているようです。

ラッカには、一般市民はまだふつうに住んでいます。ふつうと言っても、ISILの暴力的な支配のもと、殺される恐怖と、お金がない苦しい生活で、生きた心地は全くしていないと思いますが。

そこに来て、こんなに空爆が強化されていますが大丈夫なのでしょうか。

アメリカと有志連合によるシリアへの空爆はもう1年以上続いています。1日20回以上爆撃しているそうです。

ロシアはこの連合とは別枠で、空爆していなかったのですが、最近空爆を始め、このテロのあと、さらに強化しています。

パリでもたくさんの人が殺されましたが、シリアでも連日殺されているのです。

ニューヨークやパリではふつう人権が大事にされていて、通常あんなふうな非道な殺され方はしません。

だからテロが起きると大問題となります。しかし、中東では、大勢の人が、ちょっとした宗教の違いなどで大量に殺されているのです。

なんとかならないものでしょうか。暴力には暴力しか返ってこないと思います。

フランスでは、対テロ対策本部が強化されたおかげか、18日にサン・ドニにある今回のテロの首謀者のアジトを警察が強制捜索して2人が死亡、7人が身柄を拘束されました。

オランド大統領は、「l’état d’urgenceを3ヶ月延長したい」と考えているようです。記事にもあるように、この措置をとると、政府が市民の移動などを制限できます。もし延長されると、クリスマスやお正月がかかってしまいますね。

戦争状態でなはいにしろ、限りなく戦争に近いと思います。

こんなふうに空爆を続けていたら報復がありそうです。これ以上犠牲者が出ないことを願っています。

関連記事もどうぞ:
パリで同時多発テロ。120人を超える死者

パリの同時多発テロ:何が起きたのか理解するために






関連記事

  1. 神田明神

    時事ニュース

    神田明神で商売繁盛の祈願~日本のニュース

    きょうはEuronewsから日本の短いニュースをご紹介します。…

  2. 猫の顔

    時事ニュース

    パリで猫専用ホテル建設のプロジェクトが進行中

    以前、パリの猫カフェを紹介しましたが、今回は猫専用ホテル建設のプロジェ…

  3. パリ

    時事ニュース

    2017年フランス大統領選挙入門

    フランスの子ども新聞、jde.fr から、フランスの大統領選挙に関して…

  4. カプチーノ

    時事ニュース

    東京の3Dカフェアートは海外でも話題に

    先日、パリの猫カフェや、東京のヤギカフェをご紹介しましたが、きょうは東…

  5. ランブラス通り

    時事ニュース

    スペインのバロセロナとカンブリスで起きたテロ

    2017年8月1日の午後から夜にかけてスペインでテロの襲撃がありました…

  6. ブランデンブルク門

    時事ニュース

    ベルリンの壁崩壊25周年の記念式典

    ブランデンブルク門ベルリンの壁の崩壊 25周年の記念式典の様子…

コメント

    • moco
    • 2015年 11月 27日

    今日のフランス語のレッスンでこの記事を教材として使わせていただきます。
    ペンさんのブログは学ぶべきことがわかりやすく凝縮されていて凄いですね。
    ペンさんがどんな方なのかいつも想像しています。
    モコ

      • フランス語愛好家
      • 2015年 11月 28日

      モコさん、こんにちは。
      相変わらずがんばっていますね。

      ブログがお役にたってよかったです。

      私はごくふつうのペンギンです。

    • moco
    • 2015年 12月 03日

    ペンさん、こんばんは。

    私は、日本に居ながらもフランス人と話すこと、働く事は望めばできる事
    と気が付きました。ただ、「機会を作ろうと動く事。」をするかどうか。

    語学は自慢したり、先生に褒められたりするためにあるのではなくて

    自分の世界をただただ広げて、鳥のように俯瞰するためにあるような気がします。

    自分の為にコツコツやるだけですね。

    今夜も、勉強を続けます!

    モコ

      • フランス語愛好家
      • 2015年 12月 04日

      モコさん、こんにちは。

      今はスカイプがあるから、フランス人と
      話すことはそんなに難しくないです。

      >自分の世界をただただ広げて、鳥のように俯瞰するためにあるような気がします。

      そうですね。語学ってなんか楽しいですね。

      今後ともよろしくお願いいたします。

      pen

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. 『パリ20区、僕たちのクラス』で接続法半過去を学ぶ:予告編の…
  2. 地球温暖化対策の正念場、COP21は11月30日からパリで開…
  3. かわいいフランス語、教えます~その6 飲み物
  4. 名言その19~スタンダール「小説は街道を歩んでゆく鏡」
  5. 「彼は秘密の女ともだち」(Une Nouvelle Amie…
  6. 自分の性格を語るフランス語の表現と偏見について
  7. 生地の柄の名前~かわいいフランス語教えます(107)
  8. フランス人と日本人の「花の楽しみ方」の違いとは?
  9. アバの記念ミュージアムが開館~ストックホルムその2
  10. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?

新しく書いた記事です。

  1. クロード・モネの「睡蓮」がオランジュリー美術館に寄贈されるま…
  2. アメリカ・ラスベガスで起きたアメリカ史上最悪の銃撃事件。
  3. 初心者向け:英語とフランス語の発音で大きく違う5つのポイント…
  4. アリゼ:À cause de l’automne…
  5. このブログの更新の通知を受け取る方法
  6. 美食の祭典(フェット・ド・ラ・ガストロノミー)とは?
  7. 一口サイズがかわいい、ペ・ド・ノンヌの作り方:フランスのお菓…
  8. ヨーロッパ文化遺産の日とはどんな日でしょうか?
  9. 2017年秋季仏検受付開始~仏検関連記事とおすすめサイト
  10. 学校からでてきたら:ジャック・プレヴェールの詩を読んでみた

おすすめのまとめ記事

  1. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
  2. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  3. フランス語のことわざ~目次 その2
  4. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  5. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  6. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  7. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)
  8. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
  9. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  10. かわいいフランス語、教えます~目次 その3

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. ペンディクテ中
  4. 黒板
  5. penのイラスト

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. ガブリエル

    不思議の国のフランス

    プレタポルテ、オートクチュール、オーダー・メイドの違いとは?
  2. 読書するpen

    タイトルのフランス語

    『タイトルのフランス語』の記事の目次
  3. チェス盤

    おまけコーナー

    思いがけない発見~masausa、penのおまけコーナー【第5回】
  4. 凱旋門

    百合のFranceウォッチング

    L34 パリの夏はどんどん暑くなっている?
  5. カミーユ

    虎と小鳥のフランス日記

    ヴォージュ広場でかくれんぼ「虎と小鳥のフランス日記」第9話
PAGE TOP