パリのノートルダム大聖堂

時事ニュース

パリのノートルダム大聖堂で大きな火事、発生。

2019年4月15日の夕方6時50分ごろ(パリ時間)、パリのノートルダム大聖堂で火災が発生し、尖塔が焼け落ちました。日本のメディアでも大きくとりあげあられていますね。

パリのノートルダム大聖堂(ノートルダム大寺院)は、ゴシック様式を代表する建物であり、パリの顔であり、フランスを象徴する建物の1つです。カソリックの信者はもちろん、ごくふつうの人も、毎年、たくさんこの聖堂を見に訪れています。

いまのところ、火事の原因は、修復工事をしていたどこかから火が出たから、と考えられています。つまり事故です。屋根裏から出火してどんどん火が大きくなりました。

今回は、Euronewsの火事のリポートを紹介します。



パリのノートルダム大聖堂の火事

Notre-Dame de Paris : l’incendie qui ravage un symbole…et le cœur des Français

ノートルダム・ド・パリ:フランス人のシンボルであり心のよりどころが、火事で焼けた

ニュースのトランスクリプト

Notre-Dame de Paris, cœur de France et centre du monde hier soir, ravagée par les flammes.

Les minutes semblent durer des heures.

Un spectacle de désolation auquel assistent des millions de Parisiens et de Français devant leur télévision, retenant leur souffle…

Jusqu’à l’effondrement de la flèche construite par Viollet-le-Duc.Il est 19h50 et l’un des symboles de Paris s’effondre.

Avec acharnement, quatre cents pompiers équipés de 18 lances à incendie sont engagés dans un combat avec les flammes.

Le feu est parti des combles, qui étaient au cœur d’un vaste chantier de rénovation qui serait la cause de l’incendie.

Très vite, le feu se propage au toit et dévore la charpente, longue de plus de 100 mètres, en moins de deux heures.

À cet instant, les télévisions du monde entier ont les yeux rivés sur l’un des monuments les plus visités au monde, sur le point d’être totalement défiguré par les flammes. Dans les rues de Paris, l’émotion est considérable.

On est un peu choqués. C’est 850 ans d’histoire. Voilà ça fait mal au cœur, c’est comme ça, on est tristes.

C’est un patrimoine culturel, historique, très très fort. Pour moi on a touché la France, c’est la France qui brûle.

I feel like Paris is all crying now, not just me.

Tôt ce mardi dans la nuit, le feu était maîtrisé et partiellement éteint.

Seuls des foyers résiduels demeuraient actifs.À l’intérieur, les dégâts sont considérables.

Il faut désormais sauver ce qui peut l’être. Selon le recteur de la cathédrale, la couronne d’épines et la tunique de Saint Louis ont notamment pu être sauvées des flammes.

Mais la reconstruction prendra des années. Dans la nuit, la famille Pinault, l’une des plus riches de France, a annoncé débloquer 100 millions d’euros pour la cathédrale.Jusque tard dans la nuit, ils sont restés des milliers dans la rue à observer silencieusement ou à chanter.

Comme si une part d’eux s’éteignait devant ce symbole français que les flammes embrasaient.

トランスクリプトはフランス語の学習サイト、iliniの字幕を参照しました⇒Ilini | France in shock after fire damages Notre-Dame cathedral

トランスクリプトの和訳

パリの中心であり、世界の中心でもあるパリのノートルダム寺院が、ゆうべ、炎に呑まれました。

その数分間は何時間にも感じられました。

悲痛なさまを、何万ものパリ市民とフランス人がテレビを通して見ていました。じっと息を詰めながら。ヴィオレ・ル・デュクが作った尖塔が崩れ落ちるまで。

午後7時50分、パリの象徴の1つが崩壊しました。

400人の消防士が18のホースを使って、火を消そうとがんばりました。

火は屋根裏から出ました。ここでは、大規模な修復工事が行われており、それが火災の原因だと考えられています。

またたく間に火は屋根に広がり、100メートル以上ある枠組みを2時間あまりで燃やし尽くしました。

この瞬間、世界中のテレビ局が、世界でもっとも人が訪れる記念構造物の姿に釘付けでした。それが、完全に火に飲まれてしまうさまを見ていたのです。

パリの街角で、人々は感極まっていました。

- うーん、ショックですね。850年の歴史があるんですから。心が痛みます。こんなふうになるなんて、悲しいです。

- (ノートルダム大寺院は)とても偉大な文化遺産で、歴史的な遺産です。私には、フランスがどうにかしてしまう感じがします。フランスが燃えているような。

- 私だけでなく、パリ中が泣いているような気がします。

火曜日の未明、ようやく火を抑えることができ、部分的に消火されました。残り火だけが燃えています。

内部には大量の残骸があります。救出できるものは、救出しなければなりません。

聖堂所属の司祭によれば、いばらの冠の刺(la couronne d’épines)と、聖ルイのニュニック(la tunique de Saint Loi)は、炎の中から助け出せました。
ですが、再建には何年もかかりそうです。

夜になって、パリで富豪のひとりである、ピノル家が1億ユーロを大聖堂のために差し出すと発表しました。

夜遅くまで、人々は道に立ち、静かに大聖堂を見守ったり、歌ったりしました。まるで、炎に包まれるフランスのシンボルの前で、自分たちの身体の一部が死んでしまったかのように。

単語メモ

ravager  ひどく荒らす、大損害を与える

désolation  悲痛、悲嘆、困惑

retenir son souffle  息をつめる

flèche  教会の尖塔

Viollet-le-Duc  ヴィオレ・ル・デュク(1814-1879) 19世紀のフランスの建築家。18世紀、廃墟となっていたノートルダム大聖堂を修復した中心人物。失われていた尖塔を復元しました。

river  固定する、リベット締めにする:しばりつける
être rivé sur  固定された

s’effondrer  崩壊する、崩れ落ちる

acharnement  激しさ、熱中

lance   散水ホースなどのノズル

résiduel  残留性の

demeurer  ~のままである

combles  屋根裏(部屋) ☆複数形で

chantier  建設現場、工事現場、作業場

se propager  広まる

charpente  構造物の骨組み

patrimoine  世襲財産

maîtriser  抑制する、抑える

recteur  支聖堂付き司祭(カトリック)

débloquer  価格、融資などの凍結を解除する、統制を解く

s’éteignait < s’éteindre  火、明かりが消える;死去する、息を引き取る

embrasaient < embraser  ~に火をつける、を燃やす



パリのノートルダム大聖堂について

Notre-Dame は直訳すると、「わたしたちの貴婦人」で、聖母マリアのことです。

フランス語圏各地に、聖母マリアにささげられた聖堂があり、すべてNotre-Dameと呼ばれます。

その中で一番有名なのが、パリにあるノートルダム大聖堂です。正式には、Cathédrale Notre-Dame de Paris という名前です。

人がノートルダムと言うとき、たいてい、このシテ島にある大聖堂をさしています。

1163にある司教が建設を開始し、1182年に内陣が完成しました。その後拡張工事をし、14世紀に現在の五廊式聖堂になりました。

ゴシック様式を代表する建造物で、1991年に、「パリのセーヌ河岸」として、周囲にある建物と一緒に、世界遺産(文化遺産)に登録されています。

900年近くの歴史がある建物というわけです。

火事になる前のノートルダム大聖堂

こちらは火事になる前の大聖堂の様子です。

2分。発話はなし。

火事の前とあと

こちらは火事の前とあとを見比べている動画です。

50秒

一部の人はすべて焼け落ちたみたいに言っていますが、しっかり焼けたのは、屋根(一部は13世紀に、残りは19世紀に作られたもの)です。ステンドグラスのバラ窓は3つ落ちてしまいましたが、ほかの窓は残っています。

尖塔は落ちましたが、ここはもともと修復作業中で、下のほうにあった16の彫像はたまたまとりはずしたあとだったので、無事とのこと。

中にあった聖遺物も無事です。

ノートルダム大聖堂のサバイバルの歴史

こちらはFrance Cultureの作った、「ノートルダム大聖堂のサバイバルの歴史(Notre-Dame de Paris : histoire d’une survivante)」を伝える動画です。

3分23秒。フランス語の字幕つき。

これまで、何度も攻撃されたり、火事にあったりしてきたけれど、そのたびに修復されて今日まできた、ということですね。

ヴィオレ・ル・デュクが尖塔を作る前は(18世紀、フランス革命のあと)、この大聖堂は打ち捨てられていたのです。

しかし、ヴィクトル・ユゴーが Notre-Dame de Paris(ノートル・ダム・ド・パリ、邦題:ノートルダムのせうし男)という小説を書き、この聖堂を復興させるべきである主張し、それがいまの大聖堂につながりました。

そんなわけで、これまでの長い歴史の中、何度もこわされ、修復されてきた大聖堂なのだから、今度もまた修復して、より力強い、ノートルダムになって返ってくる、と思っている人が多いです。

実際、マクロン大統領は「修復する」と言っておりますが、かなりの年月とお金がかかりそうです。

すでに篤志家の何人かがお金を寄付すると言っているし、海外からも、寄付の申し出があり、すでにかなり巨額なお金が集まっています。

ノートルダム大聖堂関連記事⇒王のパティシエとライブ「虎と小鳥のフランス日記」第2話

余談ですが、大聖堂が火事のあと、ユゴーの「ノートル・ダム・ド・パリ」がフランスのアマゾンのベストセラーのトップになったそうです。

*****

消防士の中にけがをした人がいますが、一般人の中にはけが人はいません。

とても悲しいできごとでしたが、大聖堂は焼け落ちた、というより、一部がこわれた、と表現したほうがいいと思います。

ただ、見上げれば、いつもノートルダム大聖堂が目に入る毎日を送っていたパリの人にとっては、喪失感が大きいでしょうね。

ノートルダム大聖堂は石造りなのに、なんで燃えるのかな、と思うわけですが、屋根の内部は、木で枠組みを作っていたので、それが燃えてしまったようです。

枠組みが燃えたから、本体の支えがなくなって尖塔がガラガラと崩れ落ちてしまったんですね。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。

関連記事

  1. ヒトコブラクダ

    時事ニュース

    韓国でMERS(マーズ:中東呼吸器症候群)の感染が拡大

    韓国でMERS(中東呼吸器症候群)の感染者が増えているニュースをご紹介…

  2. 禁煙のサイン

    時事ニュース

    最近のフランスのたばこ事情。政府は禁煙を奨励。

    毎年5月31日は禁煙の日(世界禁煙デー)だと知っていましたか?…

  3. pen新聞

    時事ニュース

    フランス語のニュースの記事のまとめ(4)

    時々訳しているフランス語の時事ニュースの記事の目次、その4です。…

  4. カンヌ映画祭

    時事ニュース

    カンヌ国際映画祭の階段であったおもしろいこと

    南フランスのカンヌで行われているカンヌ国際映画祭に関する記事を読みまし…

  5. 猫

    時事ニュース

    フランスで初めての猫カフェがオープン その2

    フランスの猫カフェ第1号の記事の続きです。2013年9月下旬に…

  6. 紫

    時事ニュース

    プリンス、57才で亡くなる。死因は不明

    2016年4月21日に、突然アーティストのプリンス(1958-2016…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. 黒い森のさくらんぼケーキの簡単レシピ:フランスのお菓子34
  2. 深い愛(Un amour profond):アクセル・レッド…
  3. なぜノルマンディー上陸作戦は伝説となったのか?(1)
  4. サーカスに関する単語:かわいいフランス語教えます(135)
  5. ゼロ・ウエイスト(Zéro déchet)とは?
  6. 2019年、欧州議会議員選挙の結果はいかに?
  7. 小さな舟で(Dans un petit bateau):ロベ…
  8. 第72回カンヌ国際映画祭が始まったニュース。
  9. 水に関する単語:かわいいフランス語教えます(134)
  10. どうして第二次世界大戦が起きたのか?(子供むけの簡単な説明)…

おすすめ記事いろいろ

  1. ルノーの電気自動車、ZOE(ゾエ):CMのフランス語
  2. 東京の3Dカフェアートは海外でも話題に
  3. 子どもの日の由来~前編:鯉のぼり
  4. 2017年フランス国民議会選挙は、マクロン大統領の政党が過半…
  5. 謎のマレーシア航空370便の海中捜査打ち切り
  6. ダウン症の従業員が6人いるナントのちょっと特別なレストラン。…
  7. インディラの「最後のダンス(Derniere Danse)」…
  8. フランス語を始めて二ヶ月半たったころ~入門日記第13回
  9. イースターにフランス人が食べるものは何?
  10. 歌と訳詞:秋のさなかに~マリー・ラフォレ

おすすめのまとめ記事

  1. フランス語のことわざ~目次 その3
  2. フランス語のCMの記事のまとめ。ディクテに最適。
  3. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  4. 2013年4月開講のNHKのラジオ講座のラインナップ
  5. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
  6. フレンチポップスと訳詞の記事のまとめ:その4
  7. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  8. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  9. フランス語入門日記~目次を作りました
  10. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…

フランス語の勉強法とか

  1. フランス語の日めくり
  2. 星の王子さまの本
  3. 黒板

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP