サンセット

フレンチポップスの訳詞

『涙のくちづけ』(シールド・ウイズ・ア・キス)のフランス語版:歌と訳詞

フレンチポップスフランス語を学習するシリーズ。今回は、Sealed with a kiss (涙のくちづけ)です。

もともとは英語の歌ですが、フランス語カバーをロラン・ヴルズィ(アマゾンではロラン・ブルジーとも書かれています)が歌っています。彼の名前はLaurent Voulzyで、発音を忠実に書うと、ロハン・ヴルズィという感じでしょうか。カタカナにしにくい名前です。

フランス語バージョンのタイトルはDerniers Baisers(最後のキス)です。
夏の終わりを歌っています。



Derniers Baisers 最後のキス

それでは訳詞に挑戦!

Quand vient la fin de l’été, sur la plage
Il faut alors se quitter
Peut-être pour toujours
Oublier cette plage
Et nos baisers

海辺に夏の終わりが来る時
さよならをしなければ
たぶん永遠に
この海辺と
僕たちのキスは忘れられてしまう☆

海辺に夏の終わりが来る時
愛は終わってしまう
この海辺で
1つのキスからそっと始まったのと同じように

★Le soleil est plus pâle
Et nous n’irons plus danser
Crois-tu qu’après tout un hiver
Notre amour aura changé

太陽の色はより薄くなり
僕たちはもう踊らない
冬がすっかり終わる頃には、
僕たちの愛は変わってしまうって思わないかい?★

☆海辺に夏の終わりが来る時
ここを去らなければならない
長かったバカンスが
僕たちのやさしいキスを運んで行ってしまう☆

★~★繰り返し

☆~☆繰り返し

歌詞はこちら⇒Laurent Voulzy – Derniers Baisers Lyrics

単語メモ

se quitter 別れる
pour toujours いつまでも
emporter 持ち去る、運び去る、持って行く

Les vacances ont duré
Emportant la tendresse
De nos baisers

直訳は
ヴァカンスは長く続いた、僕たちのキスのやさしさを運び去っていく
⇒長いバカンスはそろそろ終わり、優しいキスを持ち去ってしまう

Sealed with a kiss (涙のくちづけ) オリジナルの英語版

この曲はいろいろな人が歌っていますが、ブライアン・ハイランド Brian Hylandのバージョンが有名なのでこちらを紹介します。

こちらは夏場は会えないけど、夏のあいだはキスで封をした手紙を送るよ、という内容です。

学校は6月に終わるので、夏休みのあいだ、会えないのでしょうね。

SEALED WITH A KISS キスで封をして

Though we’ve got to say good-bye
For the summer
Darling, I promise you this
I’ll send you all my love
Everyday in a letter
Sealed with a kiss

夏には会えないけど、
きみに約束するよ
毎日愛をこめて手紙を書いて送る
キスで封をするから

★Guess it’s gonna be a cold, lonely summer
But I’ll fill the emptiness
I’ll send you all my dreams
Everyday in a letter
Sealed with a kiss

冷たくて寂しい夏になるね
でも、むなしさを埋めるために
毎日手紙に僕の夢を書いて送る
キスで封をするから★

太陽のもとにいる君が見える
そこら中で君の声が聞こえる
君にかけよってやさしく抱きしめる
でも君はそこにはいない

さよならを言いたくない
さみしくなるね
だから9月に会う約束をしよう
そして、キスで封をする

★~★ 繰り返し

歌詞はこちら⇒Bobby Vinton – Sealed With A Kiss Lyrics | MetroLyrics

ブライアン・ハイランドは、こちらでItsy Bitsy Teenie Weenie Yellow Polka-Dot Bikini(ビキニスタイルのお嬢さん)を紹介しています⇒予告編のフランス語:『屋根裏部屋のマリアたち』(1)



アグネタのバージョン(ファンの作ったビデオ)

元アバのボーカル、アグネタのバージョンです。

これはアグネタが17年ぶりにレコーディングしたカムバック作、My Coloring Bookに入っています。オールディーズのカバーを集めたアルバムです。

2004年に出たアルバムで、アグネタ(1950年生まれ)はもう50歳を過ぎていたのですが、とてもみずみずしい声で歌っています。

☆関連記事もどうぞ
歌と訳詞:Le Cantique Mécanique~ロラン・ヴルズィ

ブリジット・バルドーのラ・マドラグの訳詞 ロラン・ヴルズィのバージョンも紹介しています。

ブライアン・ハイランドのバージョンはブルー・コメッツに似ていますね。本家はアメリカで、ブルー・コメッツのほうが影響を受けているのでしょうけど。

それでは次回の歌の記事をお楽しみに。






赤いバラ「殺意は薔薇の香り」前編~予告編のフランス語前のページ

私が歌の世界で実現したいこと~パリのモンマルトルで歌う歌手にインタビュー次のページモンマルトル

ピックアップ記事

  1. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 女の子

    フレンチポップスの訳詞

    フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5

    フランス語の歌とその訳詞、関連情報をご紹介している記事のまとめ、その4…

  2. マーガレット
  3. こうもり

    フレンチポップスの訳詞

    歌と訳詞:こうもり~トマ・フェルセン 後編

    ハロウィンにちなんで、トマ・フェルセンの「 La chauve-sou…

  4. 海岸

    フレンチポップスの訳詞

    フリーダ・ボッカラ、Cent mille chansons (サン・ミル・シャンソン)の訳詞。

    1996年8月1日に55歳の若さで亡くなってしまったフランスの女性歌手…

  5. ロンドン

    フレンチポップスの訳詞

    パトリック・ブリュエルのShe’s Gone(彼女は行ってしまった)の訳詞。

    フランスでは人気俳優であり、国民的な歌手でありながら、日本ではあまり話…

  6. pen ギター

    フレンチポップスの訳詞

    歌の訳詞を書いている記事の目次~その3

    フレンチポップスの動画とその訳詞をご紹介している記事の目次、その3です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



新しく書いた記事です。

  1. アルツハイマー病とは何か?~子供向けのやさしい説明
  2. セザンヌと彼が好きだった山、サント・ヴィクトワール山。
  3. Les Mouchoirs blancs(白いハンカチ)Be…
  4. 使い捨てマスクが野生動物たちを殺してしまう。
  5. スーパーで買い物する:ペッパピッグのフランス語(7)
  6. Brexit:安堵と不安を感じる漁師たち。
  7. フランス人が大事にしているガレット・デ・ロワを食べる習慣
  8. 使い終わったツリーはどこに、どうやって捨てるべきか?
  9. 革新的なデザイナー、ピエール・カルダン、98歳で亡くなる。
  10. 雪だるまの作り方:ペッパピッグのフランス語(6)

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. 2021年の日めくり

アーカイブ

PAGE TOP