バター

フランス語を読む練習

バターに関するホントとウソ。

バターがテーマの短い動画を紹介します。

タイトルは、Vrai/Faux sur le beurre(バターについての本当と嘘)。



バターの真実

1分47秒。フランス語の字幕があります。

Le beurre トランスクリプション

C’est le compagnon de nos tartines, l’allié de nos cuissons… Mais, parmi toutes les matières grasses, le beurre a parfois mauvaise réputation.

Pour tout savoir sur le beurre, nous nous sommes rendus dans une ferme laitière, de la région parisienne, où nous avons rencontré Brigitte Coudray.

Le beurre est mauvais pour la santé.

/Faux/

– Non, bien sûr, le beurre n’est pas mauvais pour la santé ! D’ailleurs, aucun aliment n’est mauvais pour la santé.

Tout est, en fait, une question d’équilibre et de quantité.

Le beurre est intéressant parce que, non seulement, il contient des matières grasses, il est riche en vitamine A et il contient aussi de la vitamine D.

Ainsi, pour le beurre, on conseille environ 15 grammes par jour et par personne.

La margarine est moins calorique que le beurre.

/Faux/

– En fait, margarine et beurre apportent la même quantité de matière grasse, donc la même quantité de calories, environ 750 kilocalories pour 100 grammes.

Ainsi l’habitude de prendre, par exemple, la margarine pour maigrir, ce n’est pas justifié.

Les margarines sont plutôt destinées pour des indications médicales particulières, par exemple quelqu’un qui aurait tendance à un trop de cholestérol, certaines margarines peuvent être intéressantes.

Le beurre absorbe les odeurs.

/Vrai/

– C’est vrai. En effet, les lipides et matières grasses sont des très bons supports d’arômes.

Donc, si on laisse son beurre dans le réfrigérateur, comme ça, à découvert, et qu’à côté, il y a des aliments, il va prendre le goût des aliments qui sont autour.

Les cuisiniers savent bien utiliser cette capacité du beurre à absorber les arômes et les goûts.

Par exemple, moi, je fais régulièrement du beurre de sardine ; en mélangeant des sardines à l’huile avec du beurre et on met ça sur des toasts.

Et c’est très bon pour l’apéritif.

Le beurre est plus gras que l’huile.

/Faux/

– C’est faux. En fait, le beurre est moins gras que l’huile. L’huile, par définition, parce que c’est une huile, contient 100% de matière grasse, alors que le beurre en contient 82%.

Vous, voilà armés pour ne profiter que des bienfaits du beurre.

バターについて。和訳

バターはタルティーヌの相棒で、料理の味方です。

ですが、脂肪の中でも、バターは時として評判がよくありません。

バターのことを知るために、パリ近郊の酪農家を訪ねて、ブリジット・クードレーに会ってきました。

– バターは、健康に悪い。

/ウソ/

いえ、もちろん、バターは、健康に悪くはないですよ。実際、健康に悪い食べ物はありません。

すべては、バランスと量の問題です。

バターは面白いんです。というのも、脂肪を含むだけでなく、ビタミンAが豊富で、ビタミンDも含まれていますから。

だからバターは、1日1人、15グラムぐらいをおすすめします。

– マーガリンはバターよりもカロリーが低い。

/ウソ/

実際は、マーガリンとバターは、同量の脂肪分を含んでいるので、カロリーも同じです。だいたい100グラムあたり、750キロカロリーです。

だから、ダイエットのためにマーガリンを食べるという習慣は、根拠がありません。

マーガリンは、どちらかというと、特定の適応症に使うためのものです。例えば、コレステロールが高すぎる人は、マーガリンを使うのがいいかもしれません。

– バターは匂いを吸収する。

/ホント/

これは本当です。確かに、脂質や脂肪は、よく香りを運びます。

だから、バターをこんなふうに、ふたをせずに冷蔵庫に入れて、そばに食べものがあると、周囲の食べものの味がつきます。

料理人は、バターが香りや味を吸収する特性を活かしています。

たとえば、私は、定期的にサーディン・バターを作ります。イワシの油漬けにバターを混ぜて作り、トーストに塗るんです。

食前酒にとてもよく合いますよ。

– バターは油よりも脂肪分が多い。

/ウソ/

間違いです。実際は、バターは油よりも脂肪分が少ないのです。

油は、そもそも、脂肪分が100%のもののことで、バターの脂肪分は82%です。

さあ、これで、バターの良さを利用する手はずがすっかり整いましたね。



単語メモ

laitier, laitière 乳の produits laitiers 乳製品

une indication   適応症の指示

un lipide   脂質、リピド

tartine(タルティーヌ)はバターやジャムを塗ったパン(フランスパンの切れ)です。詳しくはこちらをどうぞ⇒かわいいフランス語、教えます~その5 パンとお菓子

こちらも参考になります⇒フランス人は朝ごはんに何を食べているか? 典型的なメニューを紹介。

■関連記事もどうぞ

フランス語のことわざ59~バターとそれを売ったお金をいっしょに持つことはできない

フランスのチーズの秘密(1分の動画)

ノルマンディーのカマンベールチーズができるまで。

かわいいフランス語、教えます~その4 乳製品

フランスのチーズの上手な切り方。

チーズの動画はいくつか紹介していますが、バターは初めてですね。

バターとマーガリンのカロリーがほぼ同じことは意外と知られていません。

マーガリンのほうがカロリーが低いような気がするのは、なぜでしょうか? 口あたりのせいですかね。バターは、こくがありますから。






オリンピックパーク近代オリンピックの歴史。前のページ

フードロスを減らすにはどうしたらいいか?(2)次のページりんご

ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2021年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。テーマはファッション。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. キャンディケーン

    フランス語の語彙

    クリスマスの単語 その6~キャンディ・ケーン

    きょうは3歳から10歳の子どもむけの読み物が集めてあるサイト、Il é…

  2. チョコレート

    フランス語を読む練習

    バレンタインデーとその神秘~その3

    フランスのWebマガジンにのっている、バレンタインデーの記事を読んでい…

  3. エクス=アン=プロヴァンス

    フランス語を読む練習

    セザンヌと彼が好きだった山、サント・ヴィクトワール山。

    フランスの画家、、ポール・セザンヌが、好んでよく描いた、サント・ヴィク…

  4. 星のペン王女さま

    フランス語を読む練習

    「星の王子さま」の作者、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの生涯

    6月29日は「星の王子さま」を書いたフランスの作家、Antoine d…

  5. サラダ

    フランス語を読む練習

    ヴィネグレット(フレンチ・ドレッシング)を外国に広めた人。

    ヴィネグレットの説明しているARTEのKarambolageの2分の動…

  6. スマーフの学校

    フランス語を読む練習

    フランスで新学年開始~スケジュールの大きな変更

    楽しかった夏休みも終わり、新学期が始まりました。フランスは9月…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP