愛の物語

フレンチポップスの訳詞

ミシェル・フュガンの『愛の歴史(Une Belle Histoire)』の歌と訳詞~時制の学習に最適です

ミシェル・フュガンの1972年の大ヒット曲、Une Belle Histoire愛の歴史)という曲をご紹介し、訳詞をします。ひと夏の恋の歌です。



愛の歴史(Une Belle Histoire)

この曲では、1970年代に、日本でサーカスが歌ってヒットした「Mr.サマータイム」の原曲です(後半で紹介しています)。

Une Belle Histoire

C’est un beau roman, c’est une belle histoire
C’est une romance d’aujourd’hui
Il rentrait chez lui, là-haut vers le brouillard
Elle descendait dans le midi, le midi
Ils se sont trouvés au bord du chemin
Sur l’autoroute des vacances
C’était sans doute un jour de chance
Ils avaient le ciel à portée de main
Un cadeau de la providence
Alors pourquoi penser au lendemain

それは美しい小説、それは美しい物語
現代の恋の物語
彼は自分の家へ帰ろうとしていた。北の霧のほうへ
彼女は南へ、南仏へ向かっていた
二人は道の端で出会った
ヴァカンスにむかう高速道路の
幸運な日だったことは疑いない
手の届く所に空があったのだ
神さまの贈り物が
翌日のことなど、なぜ考える必要があったろう

二人は大きな麦畑に身を隠した
流れに身を任せたんだ
始まったばかりの自分たちの人生について語った
まだ子どもに過ぎなかったのだ。子どもだ
道の端で出会った
ヴァカンスにむかう高速道路の
幸運な日だったことは疑いない
2人は天国を手にしたのだ
人が幸運をつかむように
明日のことは考えていなかった

それは美しい小説、それは美しい物語
現代の恋の物語
彼は自分の家へ帰ろうとしていた。北の霧のほうへ
彼女は南へ、南仏へ向かっていた
2人は昼前に、道の端で別れた
ヴァカンスにむかう高速道路の
それは幸運な日の終わり
2人はまたそれぞれの道に向かった
手をふりながら、幸運に感謝した

Il rentra chez lui, là-haut vers le brouillard
Elle est descendue là-bas dans le midi
C’est un beau roman, c’est une belle histoire
C’est une romance d’aujourd’hui

彼は自分の家、北の霧のほうへ帰っていくのだろう
彼女は南仏に下って行ったのだ
それは美しい小説、それは素晴らしい物語
現代の恋の物語

☆歌詞はこちら⇒Fugain Michel – Une Belle Histoire Lyrics | MetroLyrics

単語メモ

providence  神の摂理、救いの神 la Providence 神

cueillirent < cueillir  摘む、迎える

creux  くぼみ

au creux de la main  手のひら、たなごころ

reprirent < reprendre  単純未来

saluèrent < saluer   単純未来 敬意を表する、たたえる

faire un signe de la main  手で合図をする

この曲に出てくる時制について

歌詞には5つの時制が出てきます。

現在形

物事の説明。
C’est un beau roman

半過去形

物語を語っている箇所、状況を伝える。
Il rentrait chez lui 彼は家路に向かっていた

単純過去

過去の1点をズームアップ。
Ils reprirent alors chacun leur chemin
Saluèrent la providence en se faisant un signe de la main
手を降って別れの挨拶をしているところがズームアップ

単純未来形

これから起きること。
Il rentra chez lui, là-haut vers le brouillard
彼は自分の家、北の霧のほうへ帰っていくのだろう

複合過去

複合過去は話者が強調したい大事なできごとを述べています。半過去は背景描写です。

詳しくは
「まいにちフランス語」34:L56 2つの過去~半過去と複合過去

半過去と複合過去の使い分け~仏作文力養成講座第4回 後半

Ils se sont trouvés au bord du chemin
Ils se sont cachés dans un grand champ de blé
Ils se sont quittés au bord du matin

Il rentra chez lui, là-haut vers le brouillard
Elle est descendue là-bas dans le midi

彼は北の霧のほうに向かうのだろう
彼女は南に下って行った

彼が車で出発したのを見送って、女性も逆方向に車を走らせてこの物語が終わります。

「愛の歴史」はこのアルバムに入っています。

ミュシェル・フュガンの春の曲もどうぞ

ミュシェル・フュガン Une Belle Histoire カテリーナ・カセッリとデュエット

カセッリはイタリアの歌手。彼女が登場してからイタリア語になります。

サーカス:「Mr.サマータイム」

1978年のヒット曲。このメンバーとしてサーカスのデビュー曲です。子の年のカネボウのキャンペーンソング。サーカスはリードボーカルがお姉さん、男性2人がその弟、もう1人の女性が従兄弟という、ファミリー・グループ。

YouTubeで聞けます⇒https://youtu.be/FpYdEcM7It0

このアレンジはフランスというよりアメリカンな感じがしますが、こちらも好きです。



レイモン・ルフェーブルの「愛の歴史」

Mr.サマータイムって、夏に会った行きずりの恋人のことのことなのか、もともといた恋人のことなのか、何度聞いてもよくわかりません。どっちみち彼女は両方とも失いました。美しい思い出が残っているからいいのでしょうか?






ココ・シャネルドレスがカーテンに見えていたココ・シャネル~映画『ココ・アヴァン・シャネル』の予告編でフランス語を学ぶ(2)前のページ

フランス旅行の準備で欠かせないこととは?次のページ飛行機

ピックアップ記事

  1. 2022年版、フランス語学習用カレンダー(日めくり)の感想:テーマは場所。
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. ステージ

    フレンチポップスの訳詞

    そこへ行くために(Pour en arriver là):ダリダ(歌と訳詞)

    20世紀のフランスを代表する歌手、ダリダの1980年代半ばのヒット曲、…

  2. 人魚

    フレンチポップスの訳詞

    Le chant des sirènes(人魚の歌声)、フレロ・デラヴェガ(歌と訳詞)

    前回、かわいいフランス語で思い出にまつわる単語を集めましたので、きょう…

  3. 紅葉
  4. 父の日

    フレンチポップスの訳詞

    Un pere (父) シメーヌ・バディ、歌と訳詩

    「父の日」にちなんで、シメーヌ・バディ(Chimène Badi)の«…

  5. ちょうちょ

    フレンチポップスの訳詞

    映画 Le Papillon(パピヨンの贈りもの)の歌(訳詞)

    「パピヨンの贈りもの」(Le Papillon)という映画のエンドロー…

  6. ニューヨーク

    フレンチポップスの訳詞

    ペトゥラ・クラーク『恋のダウンタウン』フランス語バージョンの訳詞

    フレンチポップスの歌詞を訳すシリーズ。今回はペトゥラ・クラークの『恋の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP