昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

花火

百合のFranceウォッチング、第31回の学習メモです。

この週は、3人でパリの夏の風物詩の話をしています。ピエール夫妻が、百合の見たいものを案内してくれるようですね。

月曜日のきょうは7月14日の「革命記念日」の話題です。
季節が真逆ですが、おつきあい願います。

7月14日はパリではどんな行事があるの?
Qi’est-ce qu’il y a comme événements le 14 juillet à Paris ?

と百合が聞いていました。ここ、le 14 juillet à Paris のところを入れ替えれば、いろんな日のこと聞けますね。

きょうのメニュー

  • ce que …
  • direの活用
  • ポーズカフェ~7月14日
  • ce que … ~なもの

    Dis-nous ce que tu as envie de voir.
    あなたの見たいものを私たちに言って。

    ce que~ で 「~なこと、」と丸覚えすればいいです。

    Faites ce que vous voulez.
    あなたのしたいことをしてください。

    Je ne comprende pas ce qu’il dit.
    彼の言ってることが理解できない。

    dire 言う の活用

    上の Dis-nous は、tuに対するdire(言う)の命令形です。
    そこで、番組でdireの活用の確認がありました。

    不規則です。
    je dis, tu dis, il dit
    nous disons, vous dites, il disent

    *特に vous の活用が-ezで終わらないところに注意。

    発音確認用

    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒dire 直接法現在形の活用

    ポーズカフェ~7月14日

    書き取り

    この日をパリ祭と呼ぶのは日本だけらしいですね。

    Oui, en France le terme officiel, c’est «fête nationale», mais dans le langage courant on dit «le 14 juillet.» On ne dit jamais «la fête de Paris.» D’ailleurs c’est une fête qui a lieu non seulement à Paris mais dans toute la France.

    Le 14 juillet 1789, c’est le jour où la prison de la Bastille fut prise d’assaut par le peuple Paris. Et c’est pour commémorer cette journée qui marque le début de la révolution que le 14 juillet fut programmé «fête national» en 1880.

    Oui, il y a le défilé militaire avec l’école polytechnique en tête du cortège. Et une foule nombreuse se presse pour voir le défilé et à cette occasion, le président de la République donne un discours.

    *programmer のところは、établirというような意味だと思うのですが、そんな意味がprogrammerにあるのですかね?ちょっと自信なし。

    要約

    7月14日は公式には«fête nationale»(国の祝日)で、一般に«le 14 juillet»(7月14日)と呼ばれる。

    国全体のお祝いなので「パリ祭」とは絶対言わない。

    1789年7月14日は、バスティーユ襲撃のあった日で、フランス革命の始まりであるこの日を記念して、1880年に「国の祝日」として定められた。

    この日は軍隊のパレードがあり、大統領が演説をする。

    単語メモ

    langage courant 日常的な言い方

    langage 言葉づかい、語法、話し方、(使用者、用法によって区別される)言葉
    langage parlé 話し言葉
    langage écrit 書き言葉
    langage littéraire 文語
    langage populaire 俗語
    langage des fleurs 花言葉

    assaut 襲撃 *発音は「アソ」
    prendre une citadelle d’assaut
    城を攻め落とす

    c’est pour commémorer cette journée qui marque le début de la révolution que le 14 juillet fut programmé «fête national» en 1880.
    強調構文
    C’est … que
    国の祝日になったのは、…の理由からである。

    cortège 祭儀の行列

    se presser 押し合う、ひしめく
    La foule se presse sur les trottoirs.
    歩道には群衆がひしめいている。

    映画「巴里祭」

    Quatorze juillet 1933年 ルネ・クレール監督

    この映画の邦題のせいで、日本でこの日を「巴里祭、パリ祭」と呼ぶようになったそうです。

    7月14日と言うより、巴里祭と言ったほうがおしゃれですもんね。
    でも、この日は血で血を洗うような、壮絶な日だったわけです。

    この映画についてはこちらに書いています。
    数字:14|penのフランス語日記 アメブロ

    上の記事で、1932年としているのは、制作した年を書いているからです。公開は1933年ですね。

    関連記事

    フランス革命についてはこちらの記事に書いています。
    7月14日:なぜ国の祝日なのか? FC2

    バスティーユについてはこちらに少し書いています。
    映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』予告編のフランス語~後編

    それでは、次回のラジオ講座の記事をお楽しみに。



    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^