昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

時間の表現(4)~フランス語の数字【第57回】

目覚まし時計

慣れないとさっと出てこないフランス語の数字を少しずつチェックしています。今回は時間の表現の最終回。

時間の聞き方と答え方のバリエーションをいくつかご紹介します。


時間の聞き方、答え方のフランス語の文の例

hはheureの略です。

Quelle heure est-il ?
Il est trois heures.

何時ですか?
3時です。

Il est quelle heure ?
Il est trois heures et demie.

何時ですか? 
3時半です。

Tu sais quelle heure il est ?
Il est quatre heures et quart.

何時ですか?(何時かわかる?)
4時15分です。

Vous avez l’heure ?
Oui, j’ai neuf heures sept.

何時かわかりますか?
はい、9時7分です。

Tu as quelle heure ?
Non je n’ai pas l’heure.

時間わかりますか?
いいえ、わかりません。(時計を持ってないです。)

À quelle heure passe le bus ?
Il passe à sept heures moins le quart.

バスは何時に来ますか?
6時45分に来ます。

À quelle heure part ce train ?
Il part à 19h 15.

電車は何時に出ますか?
7時15分に出ます。

C’est à quelle heure, le prochain TGV pour Lyon ?
Il est dix-sept heures.

リヨン行きの次のTGVは何時ですか?
午後5時です。

Il va être une heure.
もうすぐ1時です。

Il est deux heurs juste.
ちょうど2時です。

Le matin, Antoine se lève tard, vers 11h.
アントワーヌは朝が遅く、だいたい11時頃に起きる。

このほか日常生活で◯時に何をしたとか、テレビ番組が◯時に始まるとか、会議が◯時に終わったとか、いろんなシチュエーションが考えられます。

時間を言うためには、数字そのものがすらすら言えないと難しいです。時々ふっと時計を見て時間を声に出す練習をするといいかもしれません。

これまでの時間の表現の記事:
時間の表現~フランス語の数字【第54回】

時間の表現(2)~フランス語の数字【第55回】

時間の表現(3)~フランス語の数字【第56回】

時間の言い方を練習できる動画

7分43秒 数字の入らない時間の表現もあり、丁寧で参考になる動画です。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒French Lesson 11 Quelle heure est-il

フランス語の歌 Quelle heure est-il ? Pauline Croze

時間の表現が出てくる歌として、ポリーヌ・クローズ(Pauline Croze)の「Quelle heure est-il ? 今何時?」という歌をご紹介します。

これはパリの道端で歌っている動画


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Pauline Croze “Quelle heure est-il ?”

時間に関係する表現は

Quelle heure est-il ?
今何時?

Quelle heure est il ? Si tôt si tard
Je confonds chaque fois les quais de gare

今何時?早いのか遅いのか
私、いつも駅のホームを取り違えてしまうの。

Jamais, je n’arrive jamais à l’heure pile
Jamais, je n’arrive jamais à l’heure pile

絶対、私絶対時間に間に合ったことないの 
絶対、私絶対時間に間に合ったことないの 

pile は、ぴたっと、きっかり、ちょうどよく、という意味の副詞です。

歌詞はこちら⇒Paroles Pauline Croze Quelle heure est-il ? lyrics – clip en parole officiel

ポリーヌ・クローズは1979年生まれのフランスのシンガー。2005年にデビュー。この10年間に作ったアルバムは3枚のみ。少ないほうですね。きっとマイペースな方なのでしょう。

この曲は2012年に出た  Le Prix de l’Eden というアルバムに入っています。 エデンの代償、という意味でしょうか。

この続きはこちら⇒気温の言い方~フランス語の数字【第58回】

☆数字の記事のまとめはこちら☆
数字の記事のまとめ その1 0から18まで

数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^