昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

映画 Les Émotifs anonymes(匿名レンアイ相談所)予告編のフランス語 後篇

チョコレート

先週にひきつづき、ジャン=ピエール・アメリス監督の«Les Émotifs anonymes» (匿名レンアイ相談所)という映画の予告編のスクリプトのご紹介です。

映画の概要については前回を参照願います⇒映画 Les Émotifs anonymes (匿名レンアイ相談所) 予告編のフランス語 前篇

予告編はこちらです。

きょうは50秒あたりのレストランのシーンから最後までです。

Bonsoir !
Ah tiens, bonsoir !

こんばんわ。
あ、こんばんわ。

Être seul avec une femme, pour moi c’est une torture.

女性とふたりきりになるなんて、僕には拷問だ。

Mademoiselle Delange!

デランジュさん!

Vous allez devoir toucher quelqu’un.

誰かをさわってください。

Toucher ? Toucher comment ?

さわる?どうやってさわるんだ?

J’avais réussi à lui prendre la main. Wouf…

彼女の手を握ることができたぞ。やれやれ・・

Je suis désolée, mais on est tous les deux émotifs, on court à la catastrophe, c’est obligé.

ごめんなさい、でも、私たちふたりとも、感受性が強すぎるわ。ろくでもないことになるに決まってるわ。

C’est comme tu l’aimes…

でも、あなたは彼女が好きなんでしょう。

Courage ou pas courage il va falloir y aller.
Hao…,

勇気があろうとなかろうと行かなくては。
は~

Alors, comment ça, non ?
L’angoisse l’emporte.
Ne la laissez pas partir. C’est la femme de votre vie.

ほら、こういうふうに。だめですか?
不安でいっぱいです。
彼女をひきとめなければ(←行かせてはだめです)。あなたの人生にとって大事な女性です。

Non, non, je ne suis pas prêt. On va attendre un peu. Hum.

だめです。まだ心の準備ができていません。時間を下さい(←もう少し待ちます。)はぁ。

Je vais dormir dans le canapé.
Mais il n’y a pas de canapé.
Ah oui…

私はソファで寝ます。
でも、ソファ、ないですよね。
ほんとだ。

★スクリプトはLes Émotifs anonymesを参考にしました。

※単語メモ
court < courir 走る、(時間、物事が)推移する。 angoisse (胸をしめつけるような)不安 Vous allez devoir toucher quelqu’un. 直訳:あなたは誰かをさわる必要があるでしょう。 ⇒誰かをさわってください。 これは主人公のチョコレートの会社の社長のジャン・ルネが治療を受けている精神科医のことばです。 主語は2人称なのに、しゃべっている人の意志や命令を織り込んでいる文で、時制は近接未来です。 こういう文の形は先日翻訳講座で聞きました。

アンジェリークも怖がり屋さんですが、ジャン・ルネもそうとう恥ずかしがり屋です。

女性と一緒にいるのが怖い問題を克服するために、食事に誘ったり、さわったりしてだんだん慣れていくように医者に言われます。これが、正規の治療法なのかどうか知りませんが、とにかく「自分から行動をおこせ。ほかの人にあなたの病気はなおせません」というわけです。

そして、何かの事情で、アンジェリークがどこかに行ってしまいそうになった時も、医者は「ひきとめろ!」と言います。

それに対して、ジャン・レネは不安でおしつぶされそうになり「とてもそんなことはできない」のです。

ジャン・レネはちょっと恥ずかしがり屋とかそんな程度ではなく、女性と一緒にいると心拍数があがってる感じですね。

会社の事務員に「怖かろうが、なかろうが、やるしかない!」と言われてしまってます。

社会的に「男性がリードをとるもの」という通念があるので、彼はよけいにつらいはずです。

以前も書きましたが、私もとても人見知りのはげしい子どもだったので、人ごととは思えません。ほんとうに他の人がこわいんですよね。

dotline470

【きょうの豆知識】

ギャラリー・ヴィヴィエンヌ

ギャラリー・ヴィヴィエンヌ

撮影:User:Benh – Wikimedia Commons

予告編で主人公がお店の紙バッグを両手に持って、ぐるぐる回っているのは、ギャラリー・ヴィヴェンヌというパリの美しいアーケード街(パサージュ)です。

「虎と小鳥のフランス日記」でもこのパサージュが3回登場しています。
第24話 ビストロ・ヴィヴィエンヌでお茶をする
第138話 虎と小鳥2014年パリ新年会・その1
第139話 虎と小鳥2014年パリ新年会・その2

ふだんでも充分美しいパサージュですが、ホリデーシーズンはさらにはなかやでしょうね。

ビッグ・ジェット・プレイン

予告編でも流れているこの映画のエンディングの曲はAngus & Julia Stone(アンガスとジュリア・ストーン)というオーストラリアのデュオの”Big Jet Plane”という曲です。2010年のヒット曲ですね。

(アマゾンの画像です)

ふたりは姉と弟です。姉と弟のデュオってめずらしいような気がしますが、どうでしょうか?クラシックであれば、二人が別々の楽器でステージにたつということは多いような気がしますけれど。

その昔マクシム・ル・フォルスティエもはじめ、お姉さんと活動していましたが、それぐらいしか思いつきません。

こちらがビデオクリップです。とても大きなダラーストア(100円ショップ)が出てきますね。ダラーストアは、全部の商品が1ドルではなく、たまにもうちょっと高い(3ドルぐらい?)商品もあります。

4分6秒

このビデオ・クリップも一つの物語を創りあげていて見応えがあります。

☆映画についての詳しいことは匿名レンアイ相談所:上映作品/フランス映画祭2011公式サイトのサイトでどうぞ。

フランスのアマゾンでサウンドトラック(Mp3)を購入できます。
  ↓↓↓
Les Emotifs Anonymes (Original Motion Picture Soundtrack)
Les Emotifs Anonymes (Original Motion Picture Soundtrack)

☆女性が怖いチョコレート店のオーナーを演じたブノワ・ポールブールド Benoit Poelvoordeは、ココ・アヴァン・シャネルでは自信満々な金持ち、バルザンを演じています⇒映画『ココ・アヴァン・シャネル』の予告編でフランス語を学ぶ



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^