バービー

ファッション

2014年秋冬のファッションのトレンドその4~60年代ルック

今シーズン(2014/2015)秋冬のファッショントレンド、4回め。ミリタリー、アスペンルック、ポップカルチャーに続いて、きょうは「60年代」です。

タイトルは
La tendance 60’s
60年代の流行

シックスティーズは私も好きです。古い映画や音楽が好きですし。

シックスティーズはずっと流行ってますが、今年らしいテイストがあります。早速和訳しますね。



La tendance 60’s 60年代の流行

毎年、そのシーズンの流行にあわせて、リバイバルする時代があります。この秋冬はイエイエの時代で、ミニのサックドレスやヴィヴィッドな色が見られます。

この冬は、映画『パイレーツ・ロック』に出てくる60年代ルックとイエイエファッションが合わさって登場。

さあ、ツイッギーやフランソワーズ・アルディのようなスタイルになるために、アドバイスを読んでください。

60年代ルックの特徴

Les robes chasubles

  • Les robes droites très courtes
  • Les cols roulés
  • Les longs manteaux
  • Les bottes, à porter avec une robe ou même un short
  • Les collants opaques, de couleurs vives de préférence
  • Les chemises dont le col dépasse de ton pull ou de ta robe
  • Les trenchs et manteaux boutonnés sur le côté
  • La tenue monochrome, idéalement de couleur vive
  • Les petits sacs à main
  • Les imprimés fous et colorés venus tout droit des 60′s
  • Les matières brillantes
  • サックドレス
  • ストレートラインのとても短いワンピース
  • ロールカラー
  • 長いコート
  • ブーツ。ワンピースやショーツに合わせます
  • マットなタイツ(透けないタイツ)。お好みの明るい色で
  • シャツの襟をトップスやワンピースの襟から出して着る
  • 脇にボタンのあるトレンチコートやコート
  • 単色の服、理想はヴィヴィッドな色
  • 小さなバッグ
  • 60年代そのものの変なプリントや色
  • 光る素材
  • 60年代ルックの色、場所、パートナー

    Les couleurs
    Toutes les couleurs vives, encore une fois !

    The Place to Be 
    Londres

    Tes binômes
    Twiggy, Jackie Kennedy

    色:明るい色ならなんでも。

    行くところ:ロンドン

    あなたのパートナー:ツイッギー、ジャッキー・ケネディ

    元記事 → http://www.madmoizelle.com/tendances-mode-automne-hiver-2014-2015-280996 ☆リンク元のサイトがリニューラルされ、ページが見つからないのでリンクをはずしました。

    単語メモ

    décennie 10年間

    robe chasuble ジャンパードレス、サックドレス
    ※chasuble(シャジューブル)は カズラという司祭がミサで羽織る袖なしの服です。転じてこれとよく似たワンピース

    cols roulé ロールカラー

    collant タイツ

    dépasser de ~からはみ出る

    tenue 服装

    映画 Good Morning England (パイレーツ・ロック)

    イギリスとドイツ制作の2009年のコメディ映画。60年代のイギリスの海賊放送局が舞台です。

    Good Morning England は英語ですが、フランスでのタイトル。

    原題は The Boat That Rocked
    ロックするボート。

    ボートの中にラジオ局を設置するので、ロックする(ゆれる)ボートであり、またロックンロールを流す局なので、こちらのロックもかけています。

    60年代に、北海に船を浮かべて、ロックを放送し人気を集めていた実在の海賊ラジオ局をモデルにした映画です。

    当時、まだイギリスには民放ラジオがなく、BBCでは、ロックンロールの曲は一日45分しか流してはならないという規定がありました。

    予告編はこちら(英語です)

    60年代の音楽はもとより、風俗がたくさん出てきます。

    Twiggy ツイッギー (1949生)

    ツイッギーは、60年代後半から70年代初めにとても人気のあったイギリスのモデル。女優や歌手でもあります。twig は小枝という意味。

    枝のように細いので、Twiggyと呼ばれるようになったそうです。うらやましいですね。

    「ミニスカートの女王」という異名を持ちます。

    当時、イギリスのロンドンでは、新しい音楽であるロック(ビートルズなど)やミニスカートがとても流行っていました。ツイッギーはミニを素敵に着こなしていたのです。

    こうした一連のロンドンのポップカルチャーはスウィンギング・ロンドン(Swinging London)と呼ばれています。

    スウィンギング・ロンドンのファッションが今年は流行るということですね。

    こちらはツイッギーのドキュメンタリーです。
    人気があったときに作られたもの。1967年から1971年のツイッギーが見られます。英国製ですが、ナレーションなどはフランス語の吹き替えです。

    ツイッギーのしゃべる言葉はもちろん英語ですが、部分的に字幕、部分的に吹き替えです。

    9分49秒と長いですが、興味のある方はごらん下さい。

    Françoise Hardy フランソワーズ・アルディ

    フランソワーズ・アルディ(1944生)はフランスの歌手。今も現役ですが、デビュー当時はYé-yé(イエイエ)の歌手でした。60年代から70年代前半のフレンチポップスはイエイエが主流。

    イエイエは「いえいえ、どういたしまして」のイエイエではなく、英語の”yeah! yeah!”から来ています。

    60年代のイギリスでビートルズなどが「ヤー・ヤー・ヤー」と歌っていますが、その「ヤー」です。いわゆるビートミュージック。

    イエイエの音楽は特に若くてかわいい女性歌手が歌うちょっとビートの聞いた親しみやすいポップチューンです。

    たとえばフランス・ギャルなど。
    こんな曲ですとか⇒歌と訳詞:Laisse tomber les filles~フランス・ギャル(娘たちにかまわないで)

    ほかにシルヴィー・ヴァルタンもいます。フランソワーズ・アルディも最初はそういう曲を歌っていました。

    彼女のデビュー曲はこちら⇒歌と訳詞:男の子女の子~フランソワーズ・アルディ



    関連ファッションコレクション

    60年代のミニスカートとブーツをフィーチャーしたサンローランのコレクション。

    サンローランの特徴のタキシードもミニです。髪はストレートですね。色はほとんど黒で、やたらと光っています。

    1分20秒に出てくるモデルさん、一人だけ歩き方が汚い(?)のですが、わざとでしょうか。

    ☆サンローランに関する記事はこちら⇒モードの帝王、イヴ・サンローラン:予告編のフランス語

    この続きはこちら⇒2014年秋冬のファッションのトレンドその5~スポーティ

    ★最初から読む方はこちらから⇒2014年秋冬のファッションのトレンドその1~シックなミリタリーファッション

    ミニスカートはイギリスのデザイナー、マリー・クワントが売りだしたのが最初と言われています。売りだしたのであって、発明したわけではありません。

    スカート丈を短くするのは、スウィンギング・ロンドンの文化を背景に、当時チェルシー地区のストリートファッションを身につけていた若い女性(チェルシー・ガールズ)たちのあいだで、自然に生まれたそうです。

    マリー・クワントはそれを商品化したのですね。それまでスカートは長かったですから、商品化したのだってすごいと思いますが。

    実は私は彼女とミニスカートのことは子どものころ漫画で読み、いたく感激しました。内容はすっかり忘れましたが、もう一度読んでみたいです。

    スウィンギング・ロンドンの女子はミニスカートですが、男子はモッズと呼ばれるタイトなスーツです。

    この頃は、全体的に細身が流行。

    ミニスカートはツイッギーみたいに細くないと似合わないですね。






    ピックアップ記事

    1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
    2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
    3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

    関連記事

    1. ペンギン
    2. レザージャケット

      ファッション

      2014年春夏のバッグのトレンド[第4回(終)]ロックンロール

      春夏流行のバッグの記事の最終回です。この記事のタイトルはL…

    3. ハロウィンのpenとパム~アンティーク仕上げ

      ファッション

      ハロウィン・コスチュームのアイデア その2~『アダムス・ファミリー』

      フランスの若い女性向けWebマガジンでハロウィン・コスチュームのアイデ…

    4. 靴

      ファッション

      ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(1)

      根強い人気がある、ファッションやおしゃれがテーマの記事を集めました。…

    5. 色見本

      フランス語の語彙

      2014年春夏のトレンド・カラー~その2

      今年の春夏、流行する色を紹介した記事の2回めです。記事のタイト…

    6. フリンジのついたバッグ

      ファッション

      2014年春夏のバッグのトレンド[第1回]

      女性向けWebマガジン、madmoiZelle.comから、この春夏流…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね♪

    CTL+D でお気に入りに登録。

    Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

    follow us in feedly

    更新情報をメールで配信中

    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    新しく書いた記事です。

    1. プラスチックの海を掃除する船、オーシャンクリーンアップ
    2. レオナルド・ダ・ヴィンチ、天才のひらめき
    3. 8月13日は左利きの日。なぜ左利きの人がいるのか?
    4. ベーキング・お菓子作りに関係のある言葉:かわいいフランス語教…
    5. ムッシュ・アンリと私の秘密:予告編のフランス語
    6. アルフォンス・ミュシャ、ベル・エポックのイコン。
    7. ガレット・ブルトンヌ(厚焼きクッキー)の作り方:フランスのお…
    8. Pupille(後見人のいる孤児):予告編のフランス語
    9. そこへ行くために(Pour en arriver là):ダ…
    10. なぜプラスチックのストローの使用が禁止されるのか?

    おすすめ記事いろいろ

    1. フランスで大人気、カフェ・グルモンってどんなデザート?~フラ…
    2. 映画「ノーと私」予告編のフランス語 前編
    3. チョコレートに関係のある単語:かわいいフランス語教えます(1…
    4. 『7つの習慣』のオーディオブックをFebeで買ってみた。
    5. WordPress(ブログ)を乗っ取られたときフランス語でど…
    6. エマニュエル・マクロンとマリーヌ・ル・ペンが決選投票へ(20…
    7. 『100歳の少年と12通の手紙』(後編)~予告編のフランス語…
    8. 「新宿」という街を名詞構文を使ってフランス語で説明してみよう…
    9. 第14回『雪の女王』~アナと雪の女王の原作
    10. L26 RER (首都圏高速交通網)って何?

    おすすめのまとめ記事

    1. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その1(L1~25…
    2. ニュースの記事のまとめ(2)
    3. バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次
    4. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2
    5. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
    6. 「虎と小鳥のフランス日記」vol.2 第26話~50話
    7. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
    8. フランス語入門日記~目次を作りました
    9. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
    10. 猫に関連する記事の目次~猫好きさんに捧ぐ

    フランス語の勉強法とか

    1. フランス語の日めくり
    2. 黒板
    3. 星の王子さまの本

    お問い合わせはこちらから

    お問い合わせはこちらからどうぞ

    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ


    お気軽に^^

    ☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

    アーカイブ

    PAGE TOP