ハロウィンのpenとパム~アンティーク仕上げ

ファッション

ハロウィン・コスチュームのアイデア その2~『アダムス・ファミリー』

フランスの若い女性向けWebマガジンでハロウィン・コスチュームアイデアの記事を読んでいます。きょうは2回め。

この記事では、映画に登場する魔女からインスプレーションを得た仮装を紹介しています。
きょうは『アダムス・ファミリー』の2人です。



ハロウィン・コスチュームの6つのアイデア

Six idées de costumes pour Halloween

Les filles de la famille Addams

Si vous n’avez pas grand chose sous la main, le look de Mercredi Addams n’est pas très compliqué à réaliser : une chemise avec un grand col, une robe noire à manches longues, des bottines, deux tresses de chaque côté et le tour est joué.

アダムス・ファミリーの娘たち

あまり大げさなことをしたくない場合、メルクレディ・アダムスの扮装をするのは、それほど難しくはありません。

大きな襟のついたワイシャツに、長袖の黒いドレス、アンクル・ブーツを合わせ、両側に三つ編みをたらせば、ほらできあがりです。

Et pour celles qui préfèrent le look de Morticia, il vous faudra une longue robe noire (avec des froufrous aux manches c’est encore mieux), de longs cils de biche, un teint pâle et une bouche rouge comme les roses qu’elle aime tant.

そしてモーティシアの扮装のほうがいい人たちは、長い黒いドレス(袖に、ふりふりした飾りがついているとさらによいです)をあつらえ、牝鹿のような長いまつげ、青白い顔に、彼女が大好きなバラのような真っ赤な唇にしましょう。

単語メモ

bottine ボティーヌ:履き口がひもやゴムなどのアンクルブーツ、ハーフブーツ

tresse 三つ編み

Et le tour est joué ! ほら、これでできあがり!(イディオム)

froufrous リボンやレースの飾り

teint 顔色 

元記事はこちら⇒Six idées de costumes pour Halloween

この続きはこちら⇒ハロウィン・コスチュームのアイデア その3(終)~ディズニーとハリー・ポッターの魔女

初回はこちら⇒ハロウィン・コスチュームのアイデア その1

ハロウィンについてはこちらを
ハロウィンにまつわる単語 その1

☆もっとハロウィンの記事を読む方はこちらから⇒ハロウィン関連記事の目次

『アダムス・ファミリー』

1991年のアメリカ映画、『アダムス・ファミリー』の予告編です。

『アダムス・ファミリー』はもともとは雑誌『ニューヨーカー』に連載されていた一コマ漫画。ホラー・コメディです。

最初はキャクターにも名前はなく、まんがのタイトルもなかったので、作者の名前からアダムズ・ファミリーとなりました。

上記の映画の前に、60年代にテレビ番組になっています。

こちらは、1960年代のTVシリーズのテーマソング

こちらは90年代のアニメのオープニング。

登場人物全員お化けですから、ハロウィン・コスチュームのアイデアの宝庫ですね。



ウェンズデー・アダムス

Mercredi Addamsというのは、オリジナルではWednesdayという名前です。Wednesdayは英語で「水曜日」、mercredi はフランス語の「水曜日」です。

彼女は、この一家の中で一番暗く、一番、頭が切れます。ふだんは何もしゃべらず笑顔を見せません。ひとたび、口を開くと強烈な一言を放つ、という女の子。

ウェンズデーという名前は有名なマザーグースの「月曜日の子ども」から取られました。

「月曜日の子ども」はナーサリー・ライム(わらべ歌)なので、いろんなバージョンがあるようです。Wikipediaにのっていた、もっとも一般的に知られているとされるな詩がこちらです。

Monday’s Child

Monday’s child is fair of face,
Tuesday’s child is full of grace,
Wednesday’s child is full of woe,
Thursday’s child has far to go,
Friday’s child is loving and giving,
Saturday’s child works hard for a living,
But the child who is born on the Sabbath Day
Is bonny and blithe and good and gay.

月曜生まれの子どもはお顔がきれい。
火曜生まれの子どもは品がある。
水曜生まれの子どもは苦悩がいっぱい。
木曜生まれの子どもは遠くへ出かける。
金曜生まれの子どもは愛し、与える。
土曜生まれの子どもは暮らしのためにたくさん働く。
でも、安息日に生まれた子どもは
愛らしくて陽気で、気立てがよくて、楽しいよ。

訳は私がつけました。

この詩を見ると、自分の生まれた曜日が知りたくなりますよね?
ちなみに、私は金曜生まれです。

自分の誕生日の曜日を調べたい方はこちらから⇒曜日計算 – 高精度計算サイト

ウェンズデーとママのモーティシアの仮装用ドレスは市販もされています。

アマゾンでは「水曜日」となっていますが^^;、ウエンズデーという女の子の名前にしてほしかったです。

記事にもあったように、ごく普通の黒いワンピースに白い大きな襟をつければいいので、わざわざコスチュームを買う必要はありません。

ふつうすぎる服なので、死人のように化粧して、インパクトをつけたいところですね。

ウェンズデーは蜘蛛を集めていたり、マリー・アントワネットの人形を可愛がっています。ギロチンで処刑したので、その人形には頭部がありません。よって、首のもげた人形を持って歩くと雰囲気が出るでしょう。






pen・モーニングマグありえない失敗~masausa、penのおまけコーナー【第6回】前のページ

L10 フランスのメトロ事情次のページパリメトロ14番線~シャトレ駅

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」

関連記事

  1. new year pen

    暦、年中行事

    フランス人の大晦日とお正月の過ごし方。

    フランスでは大晦日から新年にかけて何をするのでしょうか?Fre…

  2. カーミット

    ファッション

    冬場のスポーツウエアの選び方 その4(終) 天気の悪いとき~小物

    冬場に外でスポーツするときにふさわしい服装を紹介している記事を読んでい…

  3. ガレット・デ・ロワ

    暦、年中行事

    なぜ1月にガレットを食べるのか?(エピファニーの説明)。

    1月6日は、エピファニー(公現祭)で、フランスではガレット・デ・ロワ(…

  4. ハロウィンナイト

    暦、年中行事

    ハロウィンって何ですか?(子供むけの簡単な説明)

    10月31日はハロウィンです。ハロウィンは『諸聖人の祝日』の前…

  5. クリスマスツリー

    暦、年中行事

    クリスマスの単語 その2「クリスマスツリー」

    先週からクリスマスにちなんだ言葉をチェックしています。前回は、「クリス…

  6. ペンギン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP