シェルブール

フレンチポップスの訳詞

桟橋で(映画「シェルブールの雨傘」#5):歌と訳詞。

映画、「シェルブールの雨傘」の劇中歌(=セリフ)を順番に訳しています。

今回は、サントラ盤の曲目リストによれば、7番めの、Sur le quai (桟橋で)という短い曲を紹介します。

映画開始から13分半のあたりで2人でオペラを見て、ダンスクラブに行って、帰りに桟橋を歩きながら、将来について語りあうシーンで。



Sur le quai

1分54秒。

歌詞

Guy : Nous aurons des enfants

Geneviève : J’appellerai ma fille Françoise

Guy : Et si c’est un garçon ?

Geneviève : Ce sera une fille, il y a toujours eu des filles dans la famille
Une heure ! Si maman ne dort pas
Oh là qu’est-c’que je vais entendre !
Je devrais me maquiller, tu ne trouves pas ?

Guy : Non, tu es très jolie comme ça

Geneviève : Un peu ici

Guy : Où ça ?

Geneviève : Là !
Nous vendrons des parapluies, et puis non, pas des parapluies
Nous vendrons le magasin

Guy : Nous achèterons une station service

Geneviève : Pourquoi ? Quelle idée !

Guy : Toute blanche avec un bureau, tu verras

Geneviève : Tu sentiras l’essence toute la journée
Quel bonheur !

Guy : Nous saurons très heureux

Geneviève : Et nous resterons amoureux
Mon Amour, mon Amour…

Guy : Tu n’as rien dis à ta mère ?

Geneviève : Pas encore

Guy : Pourquoi ? Tu es lâche

Geneviève : Il faut pas que tu te fâches, mais je sais ce qu’elle me répondra

Guy : Quoi ?

Geneviève : « Ma petit’ fille tu es folle, est-c’qu’on pense au mariage à ton age ? »

桟橋で:和訳

子どもを作ろう。

娘はフランソワーズと名付けるわ。

もし男の子だったら?

女の子よ。昔から女の子が生まれる家系なの。

[時計塔の鐘の音がする]

1時! ママがまだ寝ていなかったら、何を聞くことになるのやら。

お化粧をしたほうがいいかしら、どう思う?

そのままでとてもきれいだよ。

ここに少し。

どこ?

ここよ。

傘を売りましょう。あ、傘はだめ。店は売ってしまうわ。

ガソリンスタンドを買おう。

どうして? なんて考えなの。

真っ白でオフィスもあってさ。

1日中、あなたはガソリンの匂いがするわけね。なんて幸せなのかしら。

僕たち、すごく幸せになるんだ。

そして、ずっと愛し合うのよね。モナムール、モナムール

お母さんに何も言ってないの?

まだよ。

なぜ? 臆病だな。

怒らないで。でも、ママが何て答えるのかわかってるわ。

なんて?

「私の小さな娘よ、気がふれてるわ。あなたの年で、結婚を考えるかしら?」

単語メモ

lâche  臆病な

Un peu ici.
Où ça ?
Là !

の箇所は、ジュヌヴィエーヴが、口元をさわって、ギイにキスをねだっているシーンです。

桟橋で、補足

ここから内容にふれるので、ネタバレを読みたくない人は飛ばしてください。

このブログはフランス語学習ブログだから、ネタバレは関係ないですかね。

この歌で歌っている内容どおりのことが起きたのだと、ラストシーン(1963年の12月、クリスマスの頃)でわかります。

ジュヌヴィエーヴは、女の子を生み、フランソワーズと名付けるし、ギイは白い素敵なガソリンスタンドを経営しています。

このガソリンスタンドは、ESSOの店で、L’Escale Cherbourgeoise という名前です。

外側も中も白で、オフィスに当たる部屋の隣がキッチンです。ギイには、フランソワという男の子がいます。

よくこんなに歌にピッタリのスタンドを見つけたな、と思ったのですが、昔は、ガソリンスタンドと居住スペースが一緒なのが普通だったのかもしれません。

そんなふうに、2人で描いた青写真はだいたいその通りになりましたが、決定的なところが違っていました。 2人とも違う相手と結婚したのです。

それがこの映画のドラマというわけです。

●サントラ盤

●DVD



これまで訳した曲はこちら

この映画はセリフが全部歌なので、歌の内容がわかれば、映画の内容もほぼわかります。

修理工場のシーン(映画「シェルブールの雨傘」#1):歌と訳詞。

店の前で(映画「シェルブールの雨傘」#2):歌と訳詞。

伯母エリーズの家で(映画「シェルブールの雨傘」#3):歌と訳詞。

通りで + ダンスホールで(映画「シェルブールの雨傘」#4):歌と訳詞。

映画『シェルブールの雨傘』のテーマの訳詞

フランスの映画監督、ジャック・ドゥミの世界

*****

この映画は私が見たフランス映画の中で、1番フランス語が聞き取りやすいです。

まだ見たことがない人はぜひ見てください。聞き取れるところがいっぱいあって、学習のモチベーションが上がるでしょう。

女性向きだと思われているかもしれませんが、男性が見ても、ふつうにおもしろいはずです。

では、できるだけ早く続きを書きますので、お楽しみに。






ユズの木柚子(ユズ)の名産地、高知県の北川村を訪ねて。前のページ

世界の二大強国、中国とアメリカの対決。次のページアメリカと中国の国旗をデザインした家。

ピックアップ記事

  1. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 犬と月

    フレンチポップスの訳詞

    アンドーシンの J’Ai Demande A La Lune (僕は月に尋ねた)の訳詞

    Indochine(アンドーシン)の2002年の大ヒット曲、J'Ai …

  2. ポプラの木

    フレンチポップスの訳詞

    Juillet (7月)~トマ・フェルセン(歌と訳詞)

    トマ・フェルセンの«Juillet»という曲を紹介します。彼は…

  3. 家の前のブランコ

    フレンチポップスの訳詞

    Le Bonheur (幸せ)~ベリー:歌と訳詞

    フランスの女性歌手、ベリーの«Le Bonheur» (幸せ)という曲…

  4. ヴェローナのバルコニー

    フレンチポップスの訳詞

    バルコニー:Le Balcon ミュージカル、ロミオとジュリエットより(歌詞と和訳)。

    2001年の1月19日にパリで初演された、フランスのミュージカル、『ロ…

  5. 春の花

    フレンチポップスの訳詞

    ステイシー・ケントの「3月の水」(歌と訳詞)

    ジョルジュ・ムスタキの Les eaux de mars 「3月の水」…

  6. 父の日

    フレンチポップスの訳詞

    Un pere (父) シメーヌ・バディ、歌と訳詩

    「父の日」にちなんで、シメーヌ・バディ(Chimène Badi)の«…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP