昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

2013年秋冬ファッションのトレンド その5~マニッシュスタイル

ガブローシュ(レ・ミゼラブル)
ガブローシュ(Gavroche)
File:Gavroche (Les Misérables).jpg – Wikipedia, the free encyclopediaより

2013~14年秋冬ものファッションのトレンドの記事を読んでいます。5つめはマニッシュなスタイルです。

ちなみに、これまで見てきた4つは
その1⇒グランジ
その2⇒スポーツシック
その3⇒40年代ルック
その4⇒カモフラージュ柄
でした。

フランス語ではLa tendance garçonne となっているのをマニッシュと訳しました。
garçonneは男のような娘
男装、と訳してもいいかもしれません。

それでは、早速記事を読んでいきましょう。

La tendance Garçonne マニッシュの流行

Je ne sais pas si le film Les Misérables a fait son petit effet sur les créateurs de mode mais la tendance garçonne du 19ème siècle va cartonner dès la rentrée avec des vestes à gros boutons, des godillots à lacets et des casquettes gavroche.

映画「レ・ミゼラブル」がファッションデザイナーにちょっとした影響を与えたのかどうかはわかりません。でも、19世紀のマニッシュなスタイルが新学年にすごい人気です。

たとえば、大きなボタンのついたジャケットや、ひものついた軍人の靴、そして、ガブローシュキャスケット(後述)です。

Les points forts

  • La veste longue d’inspiration militaire à gros boutons
  • Les godillots à lacets
  • La casquette gavroche
  • Le pull en maille
  • Les gants et mitaines
  • La veste courte à brandebourgs
  • 特徴

  • 大きなボタンのついた、軍服ふうの長いジャケット
  • ひものついた軍人の靴
  • ガブローシュキャスケット
  • ゴム編みのセーター メッシュのセーター
  • かざりひものついたジャケット
  • 手袋や指先のない手袋
  • Les couleurs

  • Noir
  • Marron
  • Gris
  • Bordeaux
  • Crème
  • 色:黒、栗色、グレー、ボルドー、クリーム色

    The Place to Be
    Les égouts de Paris

    Ton binôme
    Cosette

    行くところ パリの下水道
    あなたのパートナー コゼット

    元記事 → Les tendances mode automne/hiver 2013-2014

    単語メモ

    cartonner 大成功する、圧勝する

    godillot 軍靴

    lacet ひも

    mitaine ミット(指先のない婦人用長手袋)

    brandebourg 上衣の前身頃につけるかざりひお、軍服の肋骨(ろっこつ)(後述)
    またはルイ14世時代にドイツのブランデンブルクから伝わった長袖の外套(がいとう)。プティロベールによるとこの意味で用いられるようになったのは1656年。かなり古いですね。

    égout 下水、下水道

    補足

    Les Misérables 「レ・ミゼラブル」

    この記事でふれている映画「レ・ミゼラブル」は2012年のイギリス映画。ミュージカルを映画化したもので、映画もミュージカルです。

    フランス語の予告編を探してきました。
    2分42秒

    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒レ・ミゼラブル(2012)予告編~フランス語

    原作はフランスの作家ビクトル・ユゴーが1862年に出した本です。
    パンを一切れ盗んだだけで19年牢獄にいなければならなかったジャン・バルジャンが主人公
    よく知られている話だと思います。
    邦訳のタイトルは「ああ無情」です。

    この物語の2人の登場人物が記事に出てきます。
    ガブローシュキャスケットのガブローシュ(Gavroche)
    そして、パートナーのコゼット(Cosette)です。

    ガブローシュは宿屋を経営しているテナルディエの息子ですが、両親に愛されず、ほぼ路上で暮らしている浮浪児。

    ガブローシュキャスケットは彼のかぶっていた帽子から名前がついています。

    これは楽天の商品画像ですが、こんな感じです。

    コゼットは主役、ジャン・バルジャンにひきとられる美少女。彼女も小さいときはテナルディエの宿屋でつらい仕打ちを受けていました。

    レ・ミゼラブルという小説には下水道がよく出てきますので、「あなたの行く所」が下水道になっているのでしょうね。

    brandebourg

    フランス語ではブロンドブールですが、日本語ではブランデンブルクです。
    もともとはドイツの地名、あるいはこのあたりを統治していた神聖ローマ帝国の貴族の名前。

    日本語でこのジャケットを何ていうのか知らないのですが、
    見れば、「ああ、あれか」とわかると思います。

    ビートルズの4人がサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドのアルバムのジャケット写真で来ています。こんな派手な上着を来ている軍人はいないはずです。

    アマゾンの画像
    サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド

    ジミ・ヘンドリックスも着ています。
    60年代に流行っていたのでしょうか?

    これもアマゾンの画像
    ジミヘンドリックス / JIMI HENDRIX JIMI HENDRIX(ジミヘンドリックス)Stars & Stripes/ポスター 【公式商品 / オフィシャル】

    きょうの動画

    ガブローシュがおしゃれになったようなのがいっぱい出てくるコレクションをご紹介します。
    ラルフ・ローレンのものです。

    3分16秒

    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒ラルフ・ローレン 2013 秋冬コレクションハイライト

    ロシアのコサック帽をおしゃれに着ています。

    いかがでしたか?

    実は私が一番最初に親しんだ「レ・ミゼラブル」はみなもと太郎の漫画です。今でもいくつかのシーンを覚えています。

    この秋冬のファッションの記事はきょうで終わりです。
    次は何を読もうかな?

    ★このシリーズを最初から読む方はこちらから⇒2013年秋冬ファッションのトレンド その1 グランジ



    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^