昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランソワーズ・アルディ:1日の最初の幸せ(Le premier bonheur du jour)~歌と訳詞

モーニングコーヒー

フランソワーズ・アルディLe premier bonheur du jourという曲をご紹介します。1963年発売のシンプルで素敵な歌です。

1分50秒あまりの短い曲。フランス語もやさしめです。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Françoise Hardy – Le premier bonheur du jour

歌詞の特徴は、まず名詞が出てきて、関係代名詞や、前置詞句で説明をしているところ。こういうとき、そのままの順番で訳すのと、後ろから訳す方法がありますが、今回は出てきた順番に訳しています。

歌詞は、一部のみ引用。全体の歌詞は、歌詞付き動画を参照してください。

それでは、訳詞に挑戦!


Le premier bonheur du jour 1日の最初の幸せ

Le premier bonheur du jour
C’est un ruban de soleil
Qui s’enroule sur ta main
Et caresse mon épaule

1日の最初の幸せ
それは太陽の光がリボンのように
あなたの手のひらに巻き付いて
私の肩をなでてくれること

C’est le souffle de la mer
Et la plage qui attend
C’est l’oiseau qui a chanté
Sur la branche du figuier

それはやさしい潮風
そのうち海辺にふいてくる
それは鳥が歌ったこと
いちじくの枝の上で

1日の最後の悲しみ
それは、扉がしまること
車が走り去り、
沈黙が訪れる

でもあなたはすぐに戻ってきて
私の暮しはもとに戻る
1日の最後の幸せ
それは灯りが消えること

単語メモ

s’enrouler  くるまる、丸くなる、巻き付く
souffle  (風の)そよぎ、そよ風、微風
figuier  イチジク(の木)
chagrin  悲しみ
s’installer  身を落ち着ける
reprendre son cours  (活動などが)再開する、正常に戻る
s’éteindre  消える

文法、表現のポイント

序数

premier  最初の
dernier  最後の

ともにあとにつく名詞に性数一致します。

le premier amour 初恋
la première impression 第一印象

un dernier effort  最後の努力
le dernière demeure 終(つい)の棲家(すみか)

☆序数についてはこちらをどうぞ⇒序数(1)~フランス語の数字【第42回】

関係代名詞

C’est un ruban de soleil qui s’enroule sur ta main
ruban を qui以下で説明。このqui が関係代名詞です。
qui は それは太陽のリボン(日差し)である、という文章と、太陽のリボンがあなたの手にからみつく、という文章をつなげる役割をしています。

上の文章を2つにばらすと

C’est un ruban de soleil.
Un ruban de soleil s’enroule sur ta main.

このquiは 太陽のリボンのことで、このように2つ目の文章(qui以下の部分)で主語として使いたい時はquiを使います。

qui は 人でも物でも説明できます。

Passez-moi le journal qui est sur la table.
テーブルの上にある新聞を取ってください。

Il n’y a rien qui lui plaise.
彼(女)を喜ばすものは何もない⇒彼(女)が気に入るものは何もない。

☆関係代名詞についてはこちら
「まいにちフランス語」39:L61 関係代名詞 qui と que

もう迷わない!フランス語の関係代名詞 quiとqueの違い

歌詞の動画

一緒に歌い方はこちらをどうぞ。ゆっくりテンポなので歌いやすいです。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Françoise Hardy – Le premier bonheur du jour – 1963

Le Premier Bonheur du Jour のカバーバージョン

■ムタンチス(Os Mutantes)


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Le Premier Bonheur du Jour – Os Mutantes (1968)

ムタンチスはブラジルのサイケデリックロックバンド。60年代のブラジルの「トロピカリア」ムーブメントを牽引。トロピカリアの音楽を簡単にいうと、ブラジルの伝統音楽(ボサノバ)と、欧米の音楽を融合したミュージック。

■Pink Martini
ムタンチスのアレンジを踏襲している感じです。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Pink Martini – Le premier bonheur du jour

フランソワーズ・アルディの他の曲

フランソワーズ・アルディのデビュー曲、「男の子と女の子」の訳詞

フランソワーズ・アルディの「さよならを教えて」訳詞

歌と訳詞:霧のコルヴィザール~フランソワーズ・アルディ

歌と訳詞:「あなたが旅立つというので」~フランソワーズ・アルディ 前半

いかがでしたか?
あなたの1日の1番最初の幸せは何でしょうか?朝ごはん?

それでは、次回の歌の回をお楽しみに。

☆この曲は「Françoise Hardy」というタイトルの2枚目のスタジオ・アルバムに収録されていますが、入手しにくいので、ベストアルバムをご紹介します。







関連記事

  1. フランソワーズ・アルディ

    大好きです。

    思春期にひたすら憧れたフランス語は彼女の口から流れてくるメロディでした。

    多感な頃を思い出し、うるうるしてしまいそうな懐かしい声。

    いつもフランス語の沢山の情報をありがとうございます。  (*^_^*)

      • フランス語愛好家
      • 2015年 5月 25日

      nobaraさん、こんにちは。
      久しぶりですね^^

      私もフランソワーズ・アルディの長年のファンです。

      そういえば、nobaraさんは大学でギター研究会か
      何かに所属されていましたよね?

      この曲はギター1本の伴奏で、決まりますね。

      こんな動画もあります。
      https://youtu.be/w4JnfDg8Nrs

      コメント、ありがとうございます。

      • Penさんレスをありがとうございます。

        ギターのこと随分前に書いたことがあるような気がします。

        よく覚えて下さってましたね。

        コード進行もあまり難しくないみたいだから練習してみようかな!(^O^)

          • フランス語愛好家
          • 2015年 5月 27日

          nobaraさん、こんにちは。

          はい、覚えていました。
          だって、nobaraさん、写真を入れていましたからね。

          ギターソロの楽譜も見つけましたよ。
          https://youtu.be/gq-TgCz7ur4

          • 楽譜、タブ譜までついててすごいですね!!

            よく見つけてくれました!! 

            ありがとう! (^O^)/

            • フランス語愛好家
            • 2015年 5月 29日

            nobaraさん、こちらこそありがとうございます。
            今後ともよろしくお願いいたします(・∀・)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^