昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

パリのポップ・アップ販売「虎と小鳥のフランス日記」第102話

ポップアップショップ

今週の虎と小鳥のテーマはファッションです。パリのボルペール通りにあるサロンが舞台でした。

タイトルの「ポップ・アップ販売」とは、最近日本でもポップ・アップ・ショップという名称で呼ばれますが、ある場所に突然お店ができて、数日間販売することです。

突然出現(pop-up)するので、ポップアップなのです。

特にイギリスで人気の販売形態です。店舗を持っている店が、意外なところに店を出して宣伝効果を狙ったり、今回のサロンのように、店舗は持っていないクリエーターたちが集まって、場所を借りて作品を販売する事もあります。


今回の見どころ

今回のエピソードの私の思う見どころは
・ごく短い疑問文。
・長い話のつなぎ方。
・カミーユの服装を含め、あれこれ出てくるファッションアイテム

若いクリエーターたちのいろんな作品が背景に映り込んでいたので、ファッション好きの方には楽しい回だと思います。

それでは、いつものように3つのキーフレーズをご紹介します。

3つのキーフレーズ

キーフレーズその1

颯爽と登場したカミーユ。「ボルペール(Beaurepaire)通りにいます」と話してから

なぜ『きれいな目印«beau repaire(=repère)»*後述』なのでしょう?

ぼるペール通りのカミーユ

Pourquoir un beau repaire ?

キーフレーズその2

サロンの中でカミーユと主催者の会話

-ここのコンセプトは何ですか?
-はい、コンセプトはクリエーターによる販売ですが、期間限定の販売です。

ポップアップショップ

Alors, c’est quoi le concept, ici ?
Alors le concept c’est une vente de créateurs, mais c’est une vente éphémère.

キーフレーズその3

主催者へのインタビューの終わり。

-さて(店内を)まわってみます。
-どうぞ、ごゆっくり。

ポップアップショップ

Et j’vais, j’vais me balader alors.
Faites un petit tour, allez voir.

覚えておくと使えそうな表現

Pourquoi un beau repaire ?
なぜ、きれいな目印なのでしょう?

『pourquoi + 名詞』という簡単な構文で、

『なぜ、~なの?』と言い表せます。

通常pourquoiが文頭に来ると、次は主語と動詞を倒置させるのですが、この文ではそもそも主語と動詞を省略しています。

会話ならではの便利な言い方です。

ほかの例:

Ppourquoi moi ? なんであたしなの?

これは誰かに「これはpenさんの担当ね」などと突然言われたときに「なんで、私の担当なのだ?(いきなりふるなよ)」と言うときなどに使える表現。

「なぜ私は私なのか」という哲学的な問いではありません。

C’est une vente éphémère.
期間限定(=ポップアップ)販売です。

éphémère は「つかの間の、一時的な」という意味の単語ですが、そこから派生して「期間限定の」という意味になっています。

これは「ポップアップ販売」という意味の業界用語です。

ポップアップショップはle magasin éphémère, boutique éphémère です。

ポップアップ(pop-up)と英語であれば、突然出現するインパクトや、カジュアルな響きがありますが、マガザン・エフェメール(le magasin éphémère)とフランス語にすると、なんだかはかないイメージを持ってしまうのは私だけでしょうか?

ちなみにéphémèreの派生語のéphémérideは「ひめくり」です。

J’vais me balader alors. ちょっと見てきます。

se balader 散歩する、ぶらぶらする

本当にぶらぶらしたいときはもちろんのこと、このような何かのイベント会場で話を切り上げたいときに使える表現。

また、その場を離れたいときにも使えますね。

Faites un petit tour, allez voir.

どうぞ、見てきて下さい。

上の「ちょっとそこらを見てきます」と言われたときの答えかた。

Faites un petit tour.の直訳は「小さな一巡(tour)をしてきてください」→そこらを見てきてください。

これも何かを案内しているときなどに使えそうですね。

関連記事

ファッション関連のエピソード、もいろいろあります。
第93話 ライブ用のメイクアップ@イヴ・ロシェ

第91話 パリジェンヌのブティック

第62話 レペット(オペラ地区)で靴を買う

第32話 マルシェ・レトロ

第30話 チープアンドシック

第8話 サマーショップ

第7話 マダムベルガモット

きょうの洒落

キーフレーズ1はカミーユの洒落(言葉遊び)です。
冒頭のセリフに入っています。

Alors, on est dans la rue Beaurepaire qui est un très beau repaire.

Pourquoi un beau repaire ?

Parce que c’est une super rue avec plein de magasins, plein de vêtements, jolis, de toutes sortes, tout près du canal Saint-Martin.

さて、私たちはボルペール通りにいます。そこはとてもきれいなrepaireです。

なぜ、きれいなrepaireなのでしょうか?

それは、この素敵な通りは、サンマルタン運河のすぐ近くに位置し、そこにはあらゆる種類のきれいなブティックやヨウクがたくさんあるからです。

解説によるとBearurepaireという通りの名前を分解して、beau+repaireにした言葉遊びです。

・・・と言われても、私、この単語を知らなかったため^^;、ボルペエ~と聞いたとき、「きれいな修理って何?」と思ってました。

ちなみに、フランス語で修理はréparer レパレ)です。

repaireを辞書をひいたら、

repaire:(野獣の)隠れ場、すみか、巣 

では、このまま「きれいな隠れ場」でいいのではないかと思ったのですが、博学の樋沼様の記事に、

Beaurepaire のhomonyme (同音異議)である beau repère に引っ掛けた jeu de mots 語呂合わせと思われる。Repaire は(野獣の)隠れ場;(盗賊の)巣窟 Repère はpoint de repère(物・場所の)目印,である

と書いてありました。

そこでrepèreを辞書でひいたら、

repère :(目標への)目印、てがかり(repaireの変形)とあり、repaire, rèpereは同じ発音でした。

・・・・そうだったのか。

日本語の洒落は好きな私ですが、フランス語の洒落を解するまでにはまだまだ修行が必要です。


きょうのアルバム

いつもおしゃれなカミーユですが、今回もおしゃれのテクニックでいくつか盗めそうなところがありましたのでご紹介します。

カミーユファッションアルバム

ジーンズにシンプルなトップスというカジュアルな服のうえにちょっとゴージャス系のコートとイヤリングををあわせています。ミスマッチ(死語?)がおもしろいと思います。

そして、ポイントにカラフルなトートバッグを選び、それだけでなく、バックパックのように背負って、無地のコートに華やかさをそえております。

左下はイヤリングをあわせてみているところ。

カミーユ、イヤリングが好きみたいで、いつも大きくておもしろいのをしていますね。

こちらは、このポップショップの主催者の女性。

ポップアップショップの主催者

細かいプリーツのはいったスカーフをおしゃれに巻いています。






関連記事

    • 樋沼達雄
    • 2013年 5月 28日

    Pen さん
    駄文を読んで頂いたようで、ありがとうございました。Repaire と repère は直感で homonyme だと感じたので、そのように書きましたが、貴女に教えられて、改めて常用TLF のRepaire のéthymologie を引いてみましたところ Repaire: Déverbal de repairer*. V. aussi repère とありました。「Repairer という動詞から派生したdéverbal 動詞発生名詞」だというので、しからばと、repairer を引いてみましたところこの動詞は出ていませんでした。このようなことはこの字引を使って10年以上経ちますが初めてです。次に「V. aussi repère」 と書いてありますので、repère を引きましたが、それらしい説明はありませんでした。これも珍しいことで、この字引の限界をはじめて知りました。しかし、これらの記述から repaire と repère との間にはなんらかの関連性があることが分かります。私の直感では「動物の隠れ場所に目印をいれる」かもしれません。貴女がお使いの辞書では 「repère は repaire の変形」と書かれているようですが、この辞書は何という辞書でしょうか。
    そこで最後に repérer を引いてみましたら、「Repérer: Homon. repairer. Att. ds Ac. 1935」とあり、repérer と repairer は 「honomyne 同音異議語だ」とあり、さらに 「att.ds Ac 1935」 とあることから想像すると1935年版の Académie Française の辞書にrepairerという言葉が採録されていると言うのですから、現在の Académie Française はそのような注釈をしていない、とも読めます。それにしても、もしCamille がこのことを知った上で例の語呂合わせをしたとすれば、大変な知識人です。Jazz のstandard の自作のフランス語の歌詞を作詞していますが、この歌詞をみると驚異的です。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 28日

      樋沼さん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      私は、repaireは「隠れ家」なのに、なぜ「目印」なのか不思議でした。
      カミーユは「隠れ家」の意味で使っていて、字幕を作っている健さんか、アントワーヌが
      間違えて(失礼ですね、すみません・・)「目印」にしたのかな~と思ったのですが、
      意外とrepèreとrepaireの語呂合わせみたいなのはネイティブの間では、有名なのかもと思ったりもしています。
      でも、確かにこのあいだのカミーユ作詞のジターバグワルツにも
      なんか聞いたこともないような単語がいっぱい出てきてましたね。
      しかし、自分が単語を知らなすぎるため、いかにまわりがアカデミックでもそれを察知できないでおります。

      「repère は repaire の変形」 と書いてあったのは、小学館のロベール仏和大辞典です。

      ついでにその元の、PETIT ROBERTの定義の語源の箇所も書いておきますね。

      REPÈRE -1676;repaire 1578 ♢ de l’ancien verbe repairer, repadrer
      «revenir au point de départ»,
      latin rapatriare, de patria

      REPAIRE -1080 ♢ de repairer

      両方とも先日購入したカシオのEX-word(電子辞書)に入っています。

    • petitkimono
    • 2013年 5月 30日

    penさん、こんばんは。
    カミーユのファッションまで、気付くのはさすがですね。
    しかも、主催者の方のスカーフまで、細かいところまで、ビデオを観察なさっているのですね。

    penさんの写真は、いつもくっきり写真になっていますが、
    何かツールをお使いですか?
    私は動画からスクリーンキャプチャで切り取るので、
    画像が粗くなってしまうのです。

    また、いろいろ教えてくださいね。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 31日

      petitkimonoさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      そうですね、わりと細かいところまで見ているほうかもしれないですね。
      なんせ、パソコン椅子探偵ですから。

      写真は同じように、ビデオからキャプチャーしてます。
      っていうか、それしか方法がないですよね。ただ、高画質のやつをキャプチャーして、
      場合によっては、コントラストをはっきりさせたりということはしています。
      でもワンクリックのおまかせのやつでやってますよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

友だちのブログ

友人、知人のブログをまとめました。

管理人がよく行くサイト

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^