葉っぱ

フランスのことわざ

6月の雨がもたらすもの : フランス語のことわざ42

こんにちは。penです。
もうすぐ今年も半分終りますね。

きょうは、6月のことわざをご紹介します。

Pluie en juin donne belle avoine et chétif foin.
6月に雨が降ると、見事な麦とよくない干し草がとれる。



6月に雨が降ると、見事な麦とよくない干し草がとれる。

6月はjuin

フランス語で6月はjuinといいます。
語源は、ローマの女神、Junon(ジュノン)
ローマ神話では、Juno ユーノー

ユーノーは、神の中の王様、ユーピテル(ジュピター)の妻で、女神としては最高位。空と愛の女神さまです。

女神ユーノー

Category:Statues of Iuno – Wikimedia Commonsより

この女神さまは、結婚と多産の象徴でもあります。

だから、「6月の花嫁は幸せになる」と言い伝えられ、結婚式が多いのですね。

雨の多い6月

日本の6月は梅雨のシーズンですが、フランスでも雨の多い時期です。そして、この時期、雨がしっかり降れば、秋の豊作が見込まれます。

フランスは農業大国ですから、この時期の天候は、昔から国民の大きな関心ごとでした。

ですので、6月のことわざや、言い伝えは雨に関するものがひじょうに多いです。きょうのことわざも、そういったことわざの一つです。



よくわかる!フランス語の文法解説

単語の意味

pluie 雨 ことわざなので、冠詞が省略されています。
La pluie en juin donne ~ という言い方もあり。

en ~に (時間を表す)

juin 6月

donne < donner 生み出す、作り出す⇒後述

belle 素晴らしい beau の女性形

avoine  えん麦、マカラス麦 (カラスムギ属の麦)

et ~と

chétif 虚弱な、育ちの悪い

foin まぐさ、干し草

無生物主語

このことわざの主語は「雨」という人間ではないもの。

こういうのを無生物主語といいます。無生物主語はフランス語ではとても多いですが、日本語では珍しいです。

donner は主語が人なら「あげる」でいいのですが、このような無生物主語のときは直訳すると、おかしくなるので、少し工夫する必要あり。

(例)
Ce pêcher donne beaucoup de fruits.
この桃の木には、実がたくさんなります。

Ce pays donne beaucoup de blé.
この国では小麦がたくさんとれる。

Le riz a peu donné cette année.
今年は、米は不作だった。

無生物主語についてはこちらをどうぞ⇒抽象名詞~翻訳講座第10回前半

直訳

6月の雨はたくさんの麦と乏しい干し草をもたらす。

補足

juin, avoine, foin 音は完全に同じではないですが、似た音で調子がいいです

Pluie de juin fait belle avoine et maigre foin. とも言います。

季節のことわざはこちらにも
6~クリスマスがバルコニーならイースターは暖炉の前

32~冬を夏に変える2つのものとは?

40~3月の風と4月の雨がもたらすもの

ことわざの記事の目次を作りました。ご利用ください。
その1⇒フランス語のことわざ~目次 その1

その2⇒フランス語のことわざ~目次 その2

湿度がたかくてムシムシする6月ですが、愛の季節でもあります。
そして、秋の豊作のために、地味な準備をする大事な月。

雨降りの日は、心が落ち着くので私はわりと好きです。
雨上がりは、緑がきれいだし、アジサイも目を楽しませてくれるし。

梅雨の晴れ間の太陽もうれしいもの。
夏至をすぎれば、夏もすぐそこですね。

皆さんも、心愉しい6月をお過ごしください。






ベルヴィル劇団パリで演劇を鑑賞する~「虎と小鳥のフランス日記」第154話前のページ

2014年春夏のバッグのトレンド[第3回]フォークロア次のページインディアンの羽

ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  3. 2020年版、フランス語学習用カレンダーのレビュー。

関連記事

  1. 空飛ぶ馬

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ24~遠くまで行こうとする者は馬を大切にする

    今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。遠くまで行こ…

  2. めんどり

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ38~笑っているやつが犯人だ

    きょうご紹介することわざはこちらです。C'est la pou…

  3. ロシアの川と橋

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ36~ちりも積もれば山となる(その2)

    今日も水にちなんだことわざをご紹介します。Les petits…

  4. pen 安来節

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ63~ささいな恥はすぐに忘れ去られる

    きょうご紹介するフランス語のことわざはこちらです。Un peu…

  5. オオカミ
  6. pen 黒板

    フランスのことわざ

    フランス語のことわざ~目次 その2

    ことわざの記事の目次その2を作りました。21個めのことわざから40…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新しく書いた記事です。

  1. フランスを代表する漫画、アステリックスの人気の秘密
  2. マクロン大統領の15日間の外出禁止令(抜粋)
  3. T’as vu (見えるでしょ)クリオ:歌と訳詞…
  4. セントパトリックデー(聖パトリックの祝日)の由来。ラッキーア…
  5. なぜ13日の金曜日は運がいいとか悪いとか言われるのか?
  6. やさしさ、思いやりに関する言葉:かわいいフランス語教えます(…
  7. 国際女性デーが生まれた背景とは?
  8. 勝手にしやがれ:予告編のフランス語(初心者向け)
  9. 3月の第1日曜日は、『祖母の日』。この日、フランス人は何をす…
  10. うるう年はなぜあるの?(簡単なフランス語の説明)。

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

おすすめ記事いろいろ

  1. エピファニーにちなんだ詩 Tirons les rois(王…
  2. アルフォンス・ミュシャ、ベル・エポックのイコン。
  3. 歌と訳詞:アナと雪の女王「雪だるまつくろう」~フランス語版
  4. 序数(5)~フランス語の数字【第46回】
  5. 13日の金曜日の迷信、あなたは信じますか?
  6. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…
  7. 3月の第1日曜日は、『祖母の日』。この日、フランス人は何をす…
  8. パリのノートルダム大聖堂で大きな火事、発生。
  9. ローマ数字(後編)~フランス語の数字【第53回】
  10. マヨネーズはフランス語で何という?【第26回】

おすすめのまとめ記事

  1. 「パッケージのフランス語」の記事の目次~その1
  2. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3(48…
  3. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次
  4. ハロウィン関連記事の目次
  5. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その2
  6. 歌の訳詞を書いている記事の目次~その1
  7. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L51~L…
  8. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  9. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課…
  10. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで

フランス語の勉強法とか

  1. 星の王子さまの本
  2. 黒板
  3. 日めくりとpen

スポンサーリンク



お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP