虎と小鳥のフランス日記

私的ベスト3「虎と小鳥のフランス日記」

これまで配信された「虎と小鳥のフランス日記」のエピソードからベスト3を選ぶことになりました。



虎と小鳥って?

私、フランス語脳プロジェクトというネットのフランス語の教材でフランス語を勉強しています。

そのプロジェクトの主力教材に「虎と小鳥のフランス日記」というのがあります。

たまにブログに書いているからご存知の方もいるかと思うのですが、カミーユというフランス女性がパリのあちこちへ行って、いろんなことをするのを映しだしたビデオ教材です。

毎週土曜日に一話ずつ届くのですけど、なんともう92話まで配信されています。

おととい、先生から

虎と小鳥のこれまでの全92話の中で、あなたの中でのベスト3を選んでください。

というメールが来ました。

これまでのエピソードのリストまで添えられていました。

リスト

ベスト3を選ぶ目的

このアンケートの目的は二つあり・・・

1.電子書籍出版部の企画の参考とする。
2.「虎と小鳥のフランス日記」の今後の企画の参考とする。

のだそうです。

出版部って何って、思われるかもしれませんけど、フランス語脳プロジェクトは受講生さんがフェイスブックでいくつかコミュニティを作っておりそのうちの一つです。

ほかには

フェイスブックを少し見直した話で紹介した「2012年秋季仏検準1級受験者の会」や「ネイティブ会話力養成講座の会」などがあります。おもに受講している講座の情報交換を行なっています。

出版部もそういう会の一つで、電子書籍を出版するために活動中。現在、処女出版の大詰めの段階に来ているようです。

私が好きな3つのエピソード

さて、3つのエピソードは直感的に選べばいいとのこと。さきほど私的ベスト3をフォームに書いて送信しました。

きょうはその3つをご紹介しますね。

第3位 第57話 パリから東日本大震災を考える

去年の初夏にパリの市役所で行われた復興チャリティイベントの様子をおさめたものです。社会的意義のあるエピソードとして印象に残っています。

関連記事⇒パリより東日本大震災を考える~「虎と小鳥のフランス日記」第57話

第2位 第48話 パリ・ロマン派美術館

パリにあるこじんまりとしたロマン派美術館が舞台。この回は映像も音楽もきれいでした。そして、織田先生のロマン主義に関する解説がおもしろく、受講生のあいだでにわかにロマン主義ブームが起こりました。

関連記事⇒「虎と小鳥のフランス日記」第48話 パリ・ロマン派美術館 受講メモ

第1位 第2話 王のパティシエとライブ

ストレール(お菓子屋)⇒ポンピドー・センター⇒ノートルダム寺院⇒サン・ルイ島のアイスクリーム屋さんと初夏の美しいパリをカミーユがお散歩するエピソード。そして最後はライブハウスでの音楽。

私がこの回を好きなのは、とってものどかで、見ているとなごやか~な気分になれるから。

残念ながらサンプルビデオがないのですが、↓の記事にキャプチャー画像をたくさん紹介しているのでよろしければごらんください。

関連記事⇒第2話 王のパティシエとライブ

この回の最後で歌われている«Sophie»という曲はこちらの記事でご紹介しています⇒訳詞:Mon Ombre 私の影



選んだ理由

以上の3つのエピソードには共通点が一つあります。それはどれも美しい音楽がフィーチャーされていたこと。考えてみると「虎と小鳥のフランス日記」には毎回TIPAの音楽が流れます。

でもそれ以外に、第57話ではバッハのシャコンヌのバイオリン演奏、第48話ではショパンの練習曲のピアノ演奏、第2話では、ポンピドー・センターの前で演奏していたFleur Offwoodというインディーズのバンドの歌がありました。

音楽は映像をとっているアントワーヌが選んで入れてますが、いつもとてもうまく使っています。

これから、どんなエピソードが出てくるのかますます楽しみです。

私が見たエピソードはこちらにまとめてあります⇒「虎と小鳥のフランス日記」キーフレーズの記事の目次

ちなみに全92話のうち、まだ見てないバックナンバーが8話あります。週に1つずつ見ているのであと二ヶ月で追いつく予定です。

38話から50話までは実際に見ているのですが「3つのキーフレーズ」をまとめた記事はまだ書いていません。これも週一でやるとすると三ヶ月。二ヶ月+三ヶ月で五ヶ月後には上記のリストが完成するはずです。

こちらの完成も個人的には楽しみです。さぞかし達成感が得られることでしょう。






ピックアップ記事

  1. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集
  2. 2019年版、フランス語と英語が勉強できるカレンダーの紹介。
  3. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選

関連記事

  1. 仏検情報

    フランス語の勉強法

    仏検の日程、レベル、過去問など、仏検に関する疑問に答えます

    14時間前に準1級講座の募集も始まり、フランス語脳プロジェクトの仏検対…

  2. リュクサンブール公園

    虎と小鳥のフランス日記

    リュクサンブール公園・その2~「虎と小鳥のフランス日記」第15話

    「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーを毎週1つずつ見ています。き…

  3. ロシュフォールの恋人たち
  4. トロカデロ広場

    虎と小鳥のフランス日記

    頑張れ、レ・ブルー~「虎と小鳥のフランス日記」第63話

    「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバー、第63話を見ました。今回の…

  5. アベス広場

    虎と小鳥のフランス日記

    ブドウ収穫祭・その2 非結婚式~「虎と小鳥のフランス日記」第22話

    「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバー、今週は第22話の復習をしま…

  6. ノート

    フランス語脳プロジェクト

    水林章先生の「メロディ」~翻訳講座第11回前半

    ほかの受講生さんはとっくに終わっている翻訳講座第11回、前半の受講メモ…

コメント

  1. 私もシャコンヌの入ったものと、ショパンの別れの曲の、好きです。
    (っていうか、早く、メンバーに入れ!という感じですが……)
    来年度は私にとって外国語強化年。
    再来年には日本脱出計画中ですの。
    penさんのブログでモチベーション保ちます!

      • フランス語愛好家
      • 2013年 3月 23日

      ママリーヌ空さん、こんにちは。
      来年度ってつまり一週間後からですか?私もラジオ講座がんばりたいです。

      再来年はプチ留学とかですか?がんばってください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. イースター(復活祭)に卵を使う風習はどのようにして生まれたの…
  2. パリのノートルダム大聖堂で大きな火事、発生。
  3. フリーマーケットに関する言葉:かわいいフランス語教えます(1…
  4. 簡単チョコレートケーキの作り方:フランスのお菓子33
  5. Maman a tort (ママは間違っている):予告編のフ…
  6. エッフェル塔建設から130周年を迎えて。
  7. フランス人は朝ごはんに何を食べているか? 典型的なメニューを…
  8. 風に関する単語:かわいいフランス語教えます(132)
  9. スザンヌ:フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  10. 国際女性デーが生まれた背景。

おすすめ記事いろいろ

  1. ベジタリアンが好きなハム?CMのフランス語
  2. フランソワーズ・アルディ:1日の最初の幸せ(Le premi…
  3. あまい囁き(Parole parole)、ダリダとアラン・ド…
  4. 歌と訳詞:リベルタ~Pep’s(ペプス)
  5. 犬の名前、特に短い名前(2音節)特集:かわいいフランス語教え…
  6. エモーティコン(絵文字)は言葉の世界を変えるか?
  7. 東京の人混みに慣れません~フランスダイレクトスクール『不思議…
  8. 70歳だけど若々しい「星の王子さま」
  9. 鳥の目になろう~翻訳のコツ
  10. 4月の魚(フランスのエープリル・フール)の起源

おすすめのまとめ記事

  1. フランス語のことわざ~目次 その2
  2. 『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~L…
  3. 数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで
  4. masausaさんのカレンダー収録曲の記事の目次
  5. ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要…
  6. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  7. フランス映画の予告編の記事のまとめ
  8. フランス語入門日記~目次を作りました
  9. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  10. ハロウィン関連記事の目次

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 星の王子さまの本
  3. フランス語の日めくり

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP