昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

TGV

「虎と小鳥のフランス日記}のバックナンバー、今回は65話を学習しました。

前回はリヨン駅でしたが、
こちら⇒パリのリヨン駅~虎と小鳥のフランス日記第64話

そこからリヨン行きのTGVに乗車。

TGV(テージェーヴェー)とはフランス国鉄の超高速列車で、フランスの新幹線のようなものです。«train à grande vitesse»の略です。

★きょうのメニュー

  • 3つのキーフレーズ
  • iDTGV
  • 今回は相づちの打ち方の勉強になります。それでは復習行ってみよう。

    3つのキーフレーズ

    ~に都合がよい

    車中で、アントワーヌがご婦人にインタビュー。このご婦人は、パリ-カンヌ間のTGVをよく利用するそうです。

    アントワーヌ:パリ-カンヌ間ですか。これ(TGV)を便利だと思いますか?
    マダム:私はあまり気に入っていませんね・・・。

    TGVの中

    Canne Paris ? D’accord. Vous trouvez ça pratique ?
    Moi ça me convient pas très bien, mais bon…

    convenir à 人 ~に都合がよい、~の気に入る

    J’irai si cela me convient.
    都合がつけば参ります。

    trouver ça pratique それを便利だと思う

    どのような理由から?

    ご婦人との会話の続きです。

    A:どういう理由でですか?
    M:私はカーペット全般のアレルギーだからです。

    Pour quelle raison ?
    Parce que je … je suis allergique à tout ce qui est moquette.

    Pour quelle raison ? は pourquoi ? より丁寧で、理由を具体的に聞く表現。

    être allergique à ~にアレルギーがある
    moquette カーペット

    それはそうでしょうね

    ご婦人はアレルギーのためTGVに乗車するには薬が欠かせません。しかし、乗らないわけにも行かず、しかたないわね~、と訴えます。

    それに対して

    それはそうでしょうね。

    Ça doit être ça, je pense.

    Ça doit être ça はよく出てくるあいづち。
    「それはそうに違いないです。あなたが正しいです」と、相手に同意を示します。

    Tout à fait. と似ています。

    iDTGVとは?

    TGV

    今回ビデオに登場したのは、iDTGVの列車です。

    iDTGVはインターネット限定で切符の販売が販売されるTGV。2004年にサービスが開始されました。

    利用の仕方はこのビデオを見ればわかります。
    発話はなく、映像だけで一目瞭然。


    Découvrir iDTGV _ 2011

    iDzenとiDzap

    動画を見ればわかるように、iDTGVには、iDzenとiDzapという2種類の車両があります。

    iDzenはl’espace de repos(休息のスペース)で、静かに旅をしたい人むけ。アイマスクや、雑誌、DVD(ヘッドホンつき)などが貸し出されます。

    iDzapはl’espace des animations et des rencontres (活気と出会いのスペース)で、みんなでトランプをしたり、ビデオゲームをしたりして遊びながら旅ができます。DVDも、わいわい言いながら見るのです。

    このZenとZapというネーミング、とてもうまいですね。zapは動詞zapper(チャンネルをすぐ変える、情報をザッピングする)から来た言葉だと思います。これはもと英語です。

    ZenとZapのアニメもあります。
    4分ありますが、興味のある方はごらん下さい。

    iDTGV – Zen Zap Story – Episode 1 – AMOUR…

    四角い顔のキャラ、全然かわいく見えません。

    食堂車の無料のパフォーマンス

    さらにiDTGVの食堂車では、ときどき無料のパフォーマンス(des animations gratuites)があります。その内容は音楽ライブ、演劇、手品、食品の試食や試飲などさまざまです。

    今回の第65話では、若いロックバンドのライブがありました。アーティストたちは、ここでパフォーマンスを提供する代わりに、無料でTGVを利用できます。

    TGV内のライブ

    若手のアーティストたちを育てる場でもあるのです。無名のアーティストだけでなく、有名な人もたびたびコンサートを開いて話題作りに貢献しています。

    いかがでしたか?
    静かな車両とうるさい車両をわけるのはおもしろいアイデアです。

    ただ日本人の場合は、たいていほっといてもみんな静かですよね。騒ぐのは子どもぐらいでしょうか?たまにずーっと話してるおばさんの二人連れとか、母と娘というのがいますけど。

    私は乗り物に乗ると、すぐに寝てしまうので、あまり関係ありませんが。

    それでは、次回の虎と小鳥のフランス日記の記事をお楽しみに。

    鉄道関係の関連記事もどうぞ

    L37 フランスの鉄道事情

    SNCF(フランス国有鉄道)の発車案内、聞き取れる?

    パリのメトロ、バスの切符の買い方~「虎と小鳥のフランス日記」第146話

    L26 RER (首都圏高速交通網)って何?

    L10 フランスのメトロ事情

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^