昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

インディラの Feuille d’Automne (秋の葉っぱ) :歌と訳詞

枯れ葉

毎日フランス語を勉強したい人へ⇒2017年版、フランス語学習用日めくりカレンダーのレビュー。

フランスの女性シンガー、インディラ(Indila)の Feuille d’Automne (秋の葉っぱ)という歌を紹介します。

インディラは日本ではCDが出てないと思いますが、2年前の秋、2013年11月にソロデビューしています。

それ以前に有名なラップの歌手とコラボレーションして歌っていたせいか、完成度の高いデビュー・アルバムを出して、大ヒットしました。

とてもきれいな声の持ち主で歌もうまいです。きょう紹介する曲は、春、夏、秋、冬すべての単語が入っているので季節の単語の復習にもなります。

自然の美と力強さに勇気をもらう歌で個人的にとても共感できる内容です。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Indila – Feuille d’automne (Clip Officiel)

パッフェルベルのカノンを意識したアレンジですね。

それでは訳詞に挑戦!


Feuille d’Automne 秋の葉っぱ 訳詞

Tout comme une feuille morte
Échouée près de ta porte
J’attendrai que le vent se lève

まるで枯れ葉のように
あなたの扉のそばにたどりつく
風が立つのを待つわ

希望が私を運び去り
力をくれますように
私を奮い立たせるすべてのそばに行けるように

☆Mille et une couleurs
Qui font battre mon coeur
Au rythme des saisons
Le temps d’une chanson

1001の色が
私の心をときめかせる
季節のリズムにのって
1つの曲の間

Sous un saule pleureur
Je rêve d’une vie meilleure
Mais il faut être fort
Alors j’attends encore

すすりなく柳の下で
もっといい人生を夢見る
でも、強くならないと
だから、また待つわ☆

秋が過ぎゆくままにする
でも、私の心がせきたてる
祈りの中だけで、あなたに告白するようにと

いいえ、絶対あなたをあきらめない
時には、バカなことを言うけれど
あなたがいないことが、私のたった1つの冬

☆~☆繰り返し

Tête en l’air je fredonne
Quand les carillons sonnent
Tu viendras toi qui m’es si cher

空に向かって、ハミングをする
教会の鐘が鳴る時
あなたは戻ってくるわ。かけがえのないあなたが

Le printemps et l’été rayonnent
Tu es là je n’attends plus personne
Toute une vie n’est qu’un seul jour sur terre

春と秋は輝く
あなたはここにいる。私はもう誰も待たないの
人の生涯は、地球にとってはたった1日にすぎない

1001の色が
私の心をときめかせる
季節のリズムにのって
1つの曲の間

すすりなく柳の下で
もっといい人生を夢見る
でも、強くならないと

1001の色が
私の心をときめかせる
季節のリズムにのって
1つの曲の間

すすりなく柳の下で
私は時を数えるのをやめる
夜明けまで静かに眠る
外はもうそんなに寒くない

歌詞はこちら⇒Paroles Feuille d'Automne – Indila – Musique – Ados.fr

単語メモ

échouer  座礁する、たまたま来る

se lever   立ち上がる

saule  柳

sommer  催促する、命じる

déraisonner  理屈に合わないことを言う

en l’air  空の方に、空に向けて

carillon  カリヨン、チャイム、組み鐘 
教会の塔に吊り下げて、鍵盤や、時計じかけで打ち鳴らします。

rayonner   光が放射する、輝く

mille et une は1001ですが、比喩的に、たくさんあることを表しています。ここではそのまま「1001」と訳してみました。
cf. les Mille et Une Nuits  千夜一夜物語

bercer  静かにゆする、特に赤ん坊を揺すってあやす;~を和ませる、心をなぐさめる。
ここでは、「静かに眠る」としました。


Feuille d’Automne 歌詞付き動画

歌詞は読みにくいですが、自然の映像がきれいなので紹介します。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒https://youtu.be/kseZjgHg3Nw

インディラという歌手のプロフィールは、以前、Dernière Danse(最後のダンス)を紹介したときに詳しく書いています。

こちら⇒序数(5)~フランス語の数字【第46回】

アルジェリア、エジプト、カンボジア、インドの血が入った東洋的な容姿を持つパリジェンヌです。

Dernière Danse もいい曲なので、そのうち全部訳したいと思っています⇒訳しました。インディラの「最後のダンス(Derniere Danse)」:歌と訳詞

☆秋を歌った曲はこちらにも:
歌と訳詞:秋がやってきたから~テテ

歌と訳詞:秋のさなかに~マリー・ラフォレ

歌と訳詞:プレヴェールに捧ぐ~セルジュ・ゲンズブール 前編

それでは次回の歌の記事をお楽しみに。







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^