昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

2013年春夏ファッションのトレンドその6~スモーキング(タキシード)

ペンギン
ペンギン

フランスの若い女性向けのWebマガジンMagazine féminin – madmoiZelle.comの今年の春夏の女性ファッションの流行の記事(2013年1月7日)を読んでいます。きょうは六回目です。

今回はスモーキング(Le smoking)です。

「スモーキングって何?喫煙?」と思う方も多いことでしょう。英語だとたばこを吸うことなのですが、フランス語では、タキシードのことです。

辞書を見ると

smoking (一揃いの略礼装として)タキシード、スモーキング、タキシードの上着
話し言葉では smok と訳す。
se mettre en smoking タキシードを着る。

smokingはもと英語でPetit Robertには

anglais smoking-jacket «veste d’intérieur» propret «pour fumer»

とあります。

19世紀にヨーロッパで男性が食後の喫煙をするときにきていたジャケットが起源です。

だから正式ではなく略式なんですね。このジャケットがテーラードジャケットに発展していきました。

女性がこのような服を着るようになったのは1920年代のフラッパーの時代から。

映画では、1930年に『モロッコ』でマレーネ・ディートリッヒがタキシード姿で登場したのが最初です。

『モロッコ』のマレーネ・ディートリッヒ3分10秒

それからずっとあと、1960年代の終わりごろ、イヴ・サン=ローランがタキシードを女性のドレスとしてデザインすることを始めました。

Le smokingテーマのファッションPV

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Le smoking

その後は、定番のファッションで、てっとりばやくかっこよくなれるスタイルとしてセレブリティに重宝されています。

足の長い女性が着るとかっこいいですね。

2013年の春夏モードではスモーキングがどんな感じなのか見て行きましょう。

元記事→Les tendances mode printemps/été 2013

イヴ・サン=ローランの現在のデザイナー(ディレクター)のエディ・シルマンが、タキシードを復活させました。今年は、とても女性らしいもの、パンツとスカードをあわせたような個性的なデザインが登場です。

では、順番に読んでいきます。

Les points forts

・Les pantalons fuseaux à pinces façon Mad Men
・Le velours rasé
・Les colliers plastrons pour une touche de féminité
・Les étoles légères et très fines
・Les épaules dénudées

特徴
・「マッド・マン(後述)」風のダーツの入った、スキーパンツ、フュゾー(裾に足掛けのストラップのついた細身のパンツ)。こんな感じのです⇒MID CENTURY Retro Mad Men Schoeller XS Ski Pants by libbysfabric
・ベロア
・女性らしいネックレス(プラストロンはレースなどの胸飾りですが、ここはネックレス。 画像検索してみました⇒http://goo.gl/kkqwN
・とても薄くて、軽いストール
・向きだしの肩

Les couleurs

Noir
Noir
Avec une touche de noir

色:黒、黒、差し色の黒・・・つまり黒ばかりです。

The place to be

Une réception chez Monsieur l’Ambassadeur

行く所:大使館のレセプション

Ton binôme

Barney Stinson

あなたのパートナー:バーニー・スティンソン(後述)

※単語メモ
étole ストール
fuseau 先細のズボン、スキーパンツ;もともとの意味は糸巻き、紡錘、ボビンなのでその形から、そういうズボンをfuseauと呼ぶようになったのでしょう。
pince ダーツ、タック;ペンチやピンセットなど挟む道具のことです。
rasé 短く刈られた ここでは特に毛羽があんまりないベロアなのかと思います。ちなみにベロアはビロード、ベルベット、コールテン、別珍と呼ばれる生地です。
参考⇒コーディロイをフランス語で

*************************************************** 
【きょうの豆知識】

■Mad men(マッドメン)
1960年代のニューヨークの広告代理店を舞台にしたアメリカのテレビドラマです。2007年に開始され、現在6シーズン目。
シーズン1のプロモーションビデオ 1分32秒

このドラマは60年代のアメリカの世相を反映しており、風俗の作りこみも丁寧で評判がいいです。

日本ではこういうドラマはできないでしょうね。

■バーニー・スティンソン
How I Met Your Mother『ママと恋に落ちるまで』というドラマの登場人物です。まわりはカジュアルな服を着ているのに、彼だけいつもスーツを着ています。

ちなみに彼は主人公の親友の役で、主人公ではないのですが、とても目立っています。

このドラマは2005年からやっているアメリカのシットコムですが、今年で終わる予定です。

アメリカのドラマはふつう9月にそのシーズンが始まり、5月にシーズンフィナーレとなりますので、もしかしたらもう終わったかもしれません。

ちなみに、アメリカのテレビ番組は評判がよければ(制作側が視聴率がとれると判断すれば)何年も続きます。

ドラマはそうでもないんですが、ニュースショーなどは長寿番組が多いです。

アニメのシンプソンズがまだやっていて24年も続いています。アニメは登場人物が人間じゃないから、継続しやすいのでしょうね。サザエさんもそうですし。

ドラマではロー&オーダー(Law & Order)が20年、ERが15年続きました。あと日本でよく知られている物ですと、フレンズが10年、ビバリーヒルズ90210が10年です。

***************************************************
元記事では、コスチューム・ナショナルのコレクションの服のイラストが描いてありますので、動画でご紹介します。

Costume National Spring/Summer 2013
2分30秒

コスチューム・ナショナルはイタリアのミラノのブランドです。

エンニョ・カパサ(Ennio Capasa)が、1986年に創設しました。ちなみに、会社のCEOはエンニョのお兄さんのカルロ。

エンニョは80年代に日本で山本耀司のアシスタントとして三年働いてから、イタリアに戻り、このブランドを立ち上げました。

彼は黒が好きみたいです。また、デヴィッド・ボウイをはじめロックが大好きで、自らのライフスタイルにロックは切っても切り離せない、とおっしゃっておられます。

質のよい素材と伝統的なイタリアの縫製技術をベースにしているそうですが、かなりスタイリッシュでロックな感じの服ですね。

特にメンズはレザージャケット(革製のモッズが着てたようなジャケット)など、なかなかかっこいいです。

C’N’Cという、もっと若向けのカジュアルラインもあります。

2013年春夏ファッションのトレンドその7はこちら⇒フレア

***************************************************
関連記事もどうぞ
1.2013年春夏ファッションのトレンドその1~和柄
2.2013年春夏ファッションのトレンドその2~幾何学模様
3.2013年春夏ファッションのトレンドその3~ハワイアン
4.2013年春夏ファッションのトレンドその4~サファリルック
5.2013年春夏ファッションのトレンドその5~シーパンク
***************************************************



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^