昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

歌と訳詞:「渚の想い出」ミッシェル・ポルナレフ

海とヨット

ミッシェル・ポルナレフの「渚の思い出」歌をご紹介します。

きょう、アメブロのほうに本のレビューを書きました(⇒レビュー:「ミンナ」片山かなみ著)が、著者の片山さんがポルナレフをお好きだということなので、彼の曲をとりあげました。

私も大ファンというほどではないですが、好きです。

彼は70年代に日本でも大変人気がありました。

ミシェル・ポルナレフとは~ミニバイオグラフィー

ポルナレフという名はロシア人の名前です。

彼は1944年生まれ。第二次世界大戦中に両親が疎開していた南フランスのネラックというところで生まれました。

お父さんがウクライナ出身のユダヤ人です。このお父さんが作曲家でジャズ・ピアニスト、お母さんはフランス人のダンサーとショービズの家の出です。

小さいときからアカデミックな音楽教育を受けていました。

5歳でピアノ、11歳で作曲を始め、ピアノがすごく上手でした。

コンセルヴァトワールでも一番成績がよかったのですが、彼が十代のころ、プレスリーのロックン・ロールが盛んでしたので、次第にそっちに興味がうつります。

親はクラシック音楽をやってほしかったので衝突します。お父さんは有無を言わさぬタイプだったようです。

そのため、ポルナレフはギターを片手に家出(まるでドラマみたいですが)。

ヨーロッパを放浪し、パリに戻ったあとはサクレ・クール寺院のあたりで歌っていました。

ある日ルシアン・モーリスと運命の出会いをします。モーリスはヒット曲をかけるラジオの音楽番組を持っていて、しかも« Disc’AZ »というレコード会社の経営に携わっていました。彼と知り合ったことがきっかけでポルナレフのデビューが決まります。

デビュー曲、« La Poupée Qui Fait Non »がヒット。

ちなみにルシアン・モーリスという人はダリダの最初のご主人です。二人は5年ぐらい同棲していましたが、結婚したらすぐ別れてしまいました。

モーリスはフランスの数々のスターを発掘しましたが、1970年の9月に亡くなりました。自殺です。

モーリスのことを書き出すとまた長くなるので、ポルナレフに戻します。

邦題「ノンノン人形」というデビュー曲、ドラムスはレッド・ツェッペリンのジョン・ボーナム。ポルナレフのファースト・アルバムにはジミー・ペイジとジョン・ポール・ジョーンズも参加しているそうです。

1966年ごろのことです。レッド・ツェッペリンができるのはこのあとですね。

ファーストアルバムはこれ↓

フォーク・ロックみたいな音楽で、いわゆる昔ながらのシャンソンとは違います。彼はフレンチ・ポップスのパイオニアと呼べるでしょう。

***************************************************

きょうは1969年の「渚の想い出」という曲をご紹介します。3枚目のアルバムに入っていて、シングルカットされた曲です。

原題は« Tous Les Bateaux, Tous Les Oiseaux »

邦題はかなり安直ですね。しかもワイルド・ワンズの「想い出の渚」とそっくりです。

では、聞いてください。たいへん美しい曲です。
テレビ番組で口パクで歌っている動画を選んでみました。
3分26秒

後ろにいるフラダンスの人たちは何でしょうか?
この日は海の曲の特集だったとかですかね。

最初の1分23秒ぐらいまでを訳してみます。

歌詞はこちらを参照願います⇒Michel Polnareff – Tous Les Bateaux, Tous Les Oiseaux Lyrics

最初の5行を引用します。

Je te donnerai
Tous les bateaux,
Tous les oiseaux, tous les soleils
Toutes les roses,
Toutes les choses qui t’émerveillent
Petite fille de ma rue

きみにあげよう
すべての船と
すべての鳥と、すべての太陽を
すべてのバラと
きみの目をみはらせるものすべてを
僕の通りの少女へ

きみは決して見たことがない
すべての船と
すべての鳥と、すべての太陽を
宝の島
そして金の果実にミツバチを
泣くんじゃないよ

僕、僕はきみの夢を見たんだ
君はやって来た
ああ、僕の小さな人、初めて会うきみ
僕はきみを見つけた
この通りで

★よくわかる!きょうのフランス語

donnerai < donner あげる の未来形。意志を表しています。 複数が~Xになるふたつ 船 bateau → bateaux 鳥 oiseau → oiseaux この歌を覚えておけばまず忘れませんね。 tous すべて 男性形 toutes -''- 女性形 émerveillent < émerveiller ~を驚歎させる 名詞は merveille すばらしい物、驚嘆の的 cf. Alice au pays des merveilles 『不思議の国のアリス』 inconnue 見知らぬ人、初対面の人 ***************************************************

さて、45年前の曲ですが古くさくないですね。

この曲はへたをするとナイトクラブ路線になってしまうのですが、ポルナレフのオリジナルにはロック・スピリットみたいなものを感じます。

ご要望があれば続きも訳します。



    • 片山かなみ
    • 2013年 4月 11日

    ヨコハマからBonjour!
    私の好きな曲を紹介して下さってありがとうございます。
    ポルナレフ作品は、メロディーはもちろん詞もとてもすてきで、私の「フランス語の扉」を開いてくれた存在です。
    今こそたくさんの人に聴いてほしいです。

    私のブログ「ごみの神様」の「ブックマーク」欄に、ペンギンさんのこのブログのリンクを貼らせて頂きました。
    たくさんの人のフランス語の扉が開きますように。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 4月 11日

      かなみさん、こんにちは。
      あ、この曲、お好きでしたか?
      私は「シェリーに口づけ」よりはこっちのほうが好きなので、
      まずこの曲を紹介しました。
      彼は、いい歌多いですよね。
      また少しずつ紹介したいと思っています。

      相互リンク、どうもありがとうございます。
      これからもよろしくお願いします。

  1. ポルナレフ、懐かしいです。
    当時のアルバムはみんな持っていて
    よく聞いていました。

    でも、歌のタイトルの和訳は、
    今では、ちょっと甘過ぎる感じもしますね。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 4月 11日

      えばらぎおばさん、こんにちは。
      以前、ポルナレフのファンだとおっしゃっていましたね。
      そうですね~。タイトルに何でも「~の想い出」とか「恋人たちの~」と
      つけてしまうのっていまだにある傾向ですね。
      詩をよんでみると、なかなか味わい深いのに。

    • coucoubonheur
    • 2013年 4月 11日

    ポルナレフの曲では 私は Ça n’arrive qu’aux autre が大好きです。
    映画「哀しみの終わる時」という映画の主題歌となり大ヒットしましたね。 去年ピアノで弾けるようになりたくて楽譜を取り寄せたりしましたが 全くの無理(笑)とわかりあきらめました。
    主人がギターで時々歌っています。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 4月 11日

      コメールさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      ああ、それは「哀しみの終わるとき」ですね。
      ドヌーブとマルチェロ・マストロヤンニの。
      その曲もいい曲ですね。
      コメールさん、ピアノも弾けるんですね~。

        • coucoubonheur
        • 2013年 4月 12日

        全然です(涙)去年突然ピアノがやりたくなって昔少しやったことがあるというだけで できるかもなどという気になり電子ピアノを購入、弾きたい曲の楽譜ばかり集めて結局はどれも弾けず(当たり前ですね笑)今、電子ピアノはホコリをかぶっています・・・情けないですね。でもいつか好きな曲が1曲でも弾けるようになりたいという希望は捨てていないのですが・・・ 

          • フランス語愛好家
          • 2013年 4月 12日

          コメールさん、こんにちは。
          コメントありがとうございます。
          電子ピアノあるんなら、弾くと楽しいかも。
          ピアノ、けっこう独学してる方多いですよね、最近。
          コメールさん、やったことあるならまた弾き始めればすぐに弾けるようになると思います。
          語学といっしょで無料の動画で教えてくれてる人もいるし。
          いきなり難しいのをひかないので、ひける曲からやっていけばいいのでは?
          私ももう少し時間ができたらアコースティックのピアノを買ってひけたらいいな~と思ってます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^