傘をさす人

フレンチポップスの訳詞

傘屋の中で(映画「シェルブールの雨傘」#6):歌と訳詞。

映画、「シェルブールの雨傘」の劇中歌を最初から順番に訳しています。

この映画はミュージカルで、セリフはすべて歌になっているので、歌を全部訳せば、セリフを全部チェックしたことになります。

今回は、Dans la magasin (傘屋の中で)という曲で、主人公のジュヌヴィエーヴとその母親が母親の経営する傘屋及び自宅で歌う歌です。

歌の長さは5分21秒で、わりと長めのやりとりです。



Dans la magasin

歌の内容から、お母さんが娘の結婚に反対していることや、お母さんは全く経営感覚がなく、自分を美しく着飾ることにしか興味がないらしいとわかります。

実際、とても美しいお母さんで、いつもきれいな服を着て、メイクもばっちりしています。

歌詞

傘屋の中で・訳詞

母(エムリ夫人):あなた気が変よ。16歳で結婚を考えているの?

娘(ジュヌヴィエーヴ):17歳よ。

母:恋愛中だなんて

娘:私がブスすぎるのか、馬鹿すぎるの?

母:そうじゃないわよ。あなたはブスじゃないし、美人中の美人というわけでもない。あなたがきれいじゃないとか、馬鹿だとかそういう話じゃなくて、あなたの年齢のことを言ってるの。

自分では愛していると信じているけど、愛ってもっと別のことよ。そんなふうに恋に落ちたりしないわよ。街ですれ違った顔に恋をしたりしないものよ。

娘:もう何度も会っている若い男性よ。私のことを愛してくれているわ。私たちは結婚したいの。何も言わないの?

母:だって、すごく驚いているのよ。

娘:昨夜、彼と一緒に劇場に行ったわ。

母:なんてこと。私に嘘をついておいて、恥知らずにも告白するってわけね。

娘:結婚したいと思うのは恥ずかしいことじゃないわ。

母:あなたの年齢ならそうなのよ。ううん、そうじゃないけど。とにかく、あなたはまだ何も知らない子供なのよ。

娘:そのとおりよ。ママの話していることは、私がうまくやっていく助けにならないわ。

母:私があなたのパパと結婚したとき、私は何も知らなかったわ。

娘:そんなの自慢にならないわ。

お店に入ってきた人:絵の具屋さん、お願いします。

母:隣の店です。その人、何歳なの?

娘:二十歳よ。

母:もちろんまだ戦争に行ってないわよね。

娘:ええ、代母と一緒に住んでいるわ。その人に育てられたの。彼には私しかいないのよ。それに(tu verras 見て)、すごくハンサムなのよ。

母:私には何も見えないわ(Je ne verris rien du tout 何も見えないわ)

娘:でも、ママ!

母:家(アパルトマン)のほうに上がりなさい。昼食を準備する時間だわ。

娘:(郵便配達人に)こんにちは。

郵便配達人:こんにちは、お嬢さん、こんにちは奥さん。

母:こんにちは。

郵便配達人:さようなら。

[エメリー夫人が届いた手紙の封を切って中身を確認]

母:まあ、大変! ジュヌヴィエーヴ、私たち、破産よ。

娘:いつも大げさなんだから

母:15日までに8万フラン、支払わないといけないのよ。これがおもしろいって言うの?

娘:もし払わなかったら?

母:差し押さえよ。

娘:私、働くわ。

母:どんな仕事をするのよ。

娘:どんなことでも

母:郵便局か、役場ってこと?

娘:いいでしょ? ママ、わかってほしいんだけど、もし私が結婚したら、ギイと私は働いて、ママを助けられるわ。

母:でも、お前、結婚するなんてとんでもないわ。[ジュヌヴィエーヴが花瓶にいける菊の花をカウンターに置く])それをどかして邪魔でしょうが。そもそも、彼、仕事してるの? 彼に、あなたを養い、子供を育てることができるの?

娘:彼はお金持ちじゃないわ。慎ましく暮らすわ(ただ、生活するだけよ)。それにすぐに子供は作らないわ。

母:でも、少なくとも1人はいるでしょ。彼が私の税金を払ってくれるわけじゃないし。きのうから、レジには一文だってないのよ。

娘:宝石を売れば?

母:私の宝石を? そんなの絶対だめ。

娘:何の役に立つっていうのよ。見もしないくせに。

母:緊急のできごとが起きたらどうするのよ。

娘:今起きてることが緊急のできごとでしょ。

母:だめ、ありえないわ。宝石を売ったら、裸にされたような気がするわ。丸裸よ。

娘:じゃあ、他の物を見つけなさいよ。

母:他の物? でも何もないわよ。

娘:じゃあ、店を売れば?

母:馬鹿じゃないの。どうやって生きていくっていうのよ。確かに宝石は宝石にしかすぎないわね。[鏡を見ながら]髪型変えようかしら。[宝石箱を開けて]私の婚約指輪。ああ、ひどいわ。このブレスレット、とても身に着けられないわ。誰もこんなの欲しがらない。

娘:[母がつけている3連のパールのネックレスを見て]ネックレスは?

母:私のネックレスですって? そんなの犯罪よ。絶対手放さないわ。

娘:でも、それ絶対、偽物(にせもの)よ。

母:じゃあ、(売っても)いいってわけね。よく考えると、そんなにきれいじゃないし。きょうの午後、デュブールさんのところに行って、それから、美容員に行くわ。

単語メモ

faire son régiment 兵役につく

marraine カトリック教の代母

dépouiller  ~を裸にする

Monsieur Dubourg デュブールさんは宝石商。



傘屋の中で・補足

のろのろ訳しているので、まだ第一部です(開始から15分半あたりから、今回の歌が始まります)。

第一部は、1957年の11月で、当時、フランスはアルジェリア戦争をしていました。

お母さんが「戦争に行ってないわよね」と言うときの戦争は、このアルジェリア戦争のことです。当時、召集令状が届くと、2年間の兵役がありました。

エムリ夫人とジュヌヴィエーヴは、母一人子一人で、この歌のシーンでは、言い争いをしてはいますが、一緒に傘屋をやっていて、かなり親しい間柄です。

親子だから親しくて当然ですが、私の目からは相当、近しいです。お母さんの精神年齢が低いため、姉と妹的な雰囲気もあります。

■シェルブールの雨傘:これまでに書いた記事

映画『シェルブールの雨傘』のテーマの訳詞

修理工場のシーン(映画「シェルブールの雨傘」#1):歌と訳詞。

店の前で(映画「シェルブールの雨傘」#2):歌と訳詞。

伯母エリーズの家で(映画「シェルブールの雨傘」#3):歌と訳詞。

通りで + ダンスホールで(映画「シェルブールの雨傘」#4):歌と訳詞。

桟橋で(映画「シェルブールの雨傘」#5):歌と訳詞。

フランスの映画監督、ジャック・ドゥミの世界

****

税金の支払いをするために、エムリ夫人は自分のネックレスを売ることにしました。

このネックレス、それほど高価なものなのでしょうか?

それでは、次回をお楽しみに。






美術館仲がよすぎてよくけんかしたマネとドガ。前のページ

台湾とアメリカの接近、中国の反発。次のページ台湾の台北

ピックアップ記事

  1. 2023年版、フランス語学習用カレンダーの紹介:テーマは「食」
  2. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 風車
  2. リュート

    フレンチポップスの訳詞

    歌と訳詞:Tant que vivray(花咲く日々に生きるかぎり)~クロード・ド・セルミジ

    『恋はどんなもの』~クレマン・ジャヌカンで、ルネサンス時代の曲について…

  3. 猫のイラスト
  4. ロシュフォールの恋人たち
  5. マティーニ
  6. 女の子

    フレンチポップスの訳詞

    フレンチポップスの訳詞をしている記事のまとめ:その5

    フランス語の歌とその訳詞、関連情報をご紹介している記事のまとめ、その4…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク



更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

PAGE TOP