化粧品

かわいいフランス語

フランスのコスメブランドの名前~かわいいフランス語教えます(80)

かわいいフランス語を集めるシリーズ。今回はちょっと趣向を変えて、フランス語のコスメブランドの名前を15個紹介します。

すでに商品の銘柄になっているから、商標登録してあると思うので、そのまま店の名前に使うことはできません。しかし、部分的に使ったり、ヒントにすることはできます。

また、「これからフランス語を学びたい」という方には、つづりと発音の関係について確認できます。

実際にブランド名を発音している動画をご紹介し、そのあと各ブランドのスペルや、カタカナ読み、注釈をつけます。

フランス語の発音の大きな特徴として、基本的に「単語の最後の子音を発音しない」というのがあります。

英語に慣れているとこれがなかなか難しいのです。すぐに読んでしまいます。

たとえば、「聖なる」という意味の形容詞。英語ではsaint でセイントですが、フランス語は全く同じスペル、saint で「サン」と読みます。女性形のsainte はサントです。

動画のイブサンローランのところでこの単語が出てきます。

では、動画をごらんください。全部で15個のブランドネームがでてきます。最初の1分ぐらいは挨拶とか説明なので飛ばしてもかまいません。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒How do you pronounce French brands??? (part 1)

Yves Saint Laurent  イヴ サン ロホン イヴ・サンローラン
yは「イ」、ain は鼻母音(鼻に抜ける音)で、この3つ合わせて「アン」という発音。

Vichy  ヴィシィー
ch は さ行の発音。
Vichy はフランス中部、オーヴェルニュ地方にある有名な温泉地の地名です。このブランドはここに研究所を持ち、温泉水の治癒力をベースにした基礎化粧品を作っています。

Bourjois  ヴルジョワ(ヴージョワ) ブルジョワ
ou は ウ、oi は オワ と発音し、最後のSは読みません。
ブルジョワについてはこちらに詳しく書いています⇒かわいいフランス語教えます~その44 香水の名前 その2 ブルジョワ

Clé de Peau  クレ ドゥ ポー  
このブランドはたぶん資生堂の Clé de Peau Beauté クレ ドゥ ポー ボテ のことだと思います。直訳は肌の鍵の美(?)でしょうか。

clé は鍵、peau は肌、beauté ボテ は美という意味です。deが前置詞で「~の」という意味。

peau, beauté ともに入っている eau というつづりはこの3つで「オ」という発音です。

clé のeの上にのっている点のようなものについて時々聞かれますが、これはアクサンテギュというフランス語のつづり字記号の1つです。

日本語で言えば、ばびぶべぼについてる「点々」のようなものです。

詳しくはこちら⇒フランス語のアクサン(つづり字記号)と句読点のまとめ

Sèche Vite セッシュヴィット
マニキュアのトップコートの銘柄です。速乾性がある商品というわけです。

sèche は sécher (乾く)という動詞の3人称の活用から来ていると思われます。vite は「早く」よって全体の意味は「すぐ乾く、早く乾く」です。

天気がいいから、洗濯物がすぐ乾く。
Il fait beau, le linge sèche vite.

Guerlain  ゲルラン  ゲラン
香水で有名なゲランです。もともとは人名です。gu ひとまとめで「グ」という発音です。あとにくる母音によって、ゲとかギとか変わります。

ain はイヴ・サンローランのサンに出てくるのと同じ鼻母音です。

ゲランについてはこちらをどうぞ⇒かわいいフランス語~その43 香水の名前 その1 人気香水ランキング

La prairie  ラプレリー
スイスの高給基礎化粧品のブランド。
Rの音が2つはいっていて、弱い音ですが、ちゃんと喉からハッというような音を出して発音します。

ai は2つまとめて「エ」と読みます。

prairie の意味は「草原」です。英語にもこの単語はあります。昔、「大草原の小さな家」というドラマがありましたが、原題はLittle house on the Prairieです。英語のほうの発音は「プレァリで、アはあいまいな音です。

単語も前についている la (ラ) とか le (ル)は何かと聞かれることもあるのですが、これは定冠詞と言って、英語のthe(ザ)みたいなものです。

Givenchy  ジヴォンシー ジバンシー
洋服、コスメ、バッグなど広範囲なものを扱っているブランド、ジバンシーは創設者のユベール・ド・ジヴォンシーの名前から来ています。

en は 鼻母音で オンに近いアンです。

Chantecaille  ショントカイユ 日本ではシャントカイユと呼ばれているようです。
ch は シュ ですが、あとに an という鼻母音が続いているので ション となります。

an はFrance にも入っていますが、日本語では「アン」と書かれたり「オン」と書かれたりします。

私は「オン」と書くほうが近いと思います。 chante の最後のe は読みません。

ill は イーユ という発音。

シャントカイユは人名だと思います。

この名前、英語ネイティブは「シャンテカイエ」みたいにTのあとのeを発音する傾向にあります。

Caudalie クーダリ
au は 2つで ウ という発音。

クーダリは日本には入ってきてないようです。

もともとフランスのボルドーでワインを作る醸造していたマチルドとベルナルドという夫婦が、ブドウにはお肌によい成分があるのに気づき、科学者と一緒に開発した化粧品です。

ブドウの種から取れるある成分がたいへん抗酸化作用が強く、それを配合したスペシャルなアンチエイジングクリームなどを作っています。

ワインを作っているせいか、この夫婦はエコロジーに気を使う自然はで、クリームも無添加です。

caudalie はワインの醸造で使われる言葉で、ワインが口の中で残る(香っている?)時間の単位だそうです。

創業者の1人、ベルナルドの英語での説明。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒The Definition of Caudalie

Prêt-à-papier  プレタパピエ
プレタパピエはMAC Cosmeticsというアメリカのメイクアップ化粧品の会社のコスメの名前です。MAC(マック)は Make-up-artist のこと。もともとはカナダのトロントで生まれた会社です。

prêt-à-papier は prêt-à-porter (プレタポルテ)をもじった言葉。

prêt-à-porterの意味は、prêt は 「準備できている」 à porter 「着ることが」⇒既製服

prêt-à-papier のpapierは動詞ではなく、紙、という意味なので、このままでは意味をなしません。しいていえば「紙をつける準備ができている(?)」でしょうか。

プレタポルテについてはこちらをどうぞ⇒プレタポルテ、オートクチュール、オーダー・メイドの違いとは?

L’Occtitane  ロクシタンヌ  ロクシタン
ti は ほとんどタ行で読みます。
たとえば tige ティージュ 茎

ですが、スィと読む場合もあり、ロクシタンのti はシ です。

octitane はオック地方の女性という意味ですが、オクシタニアという言葉からきているらしいです。オクシタニアは南フランスでオック語という言語が話される地域のことです。

L’Occitane の正式な名前は L’Occitane en Provence で、プラバンスのオクシタニア

その名のとおりロクシタンは南フランスの植物を使った自然派のスキンケア商品などを作っています。

L’ の部分は定冠詞の la の a の省略です。これを縮約と言います。
縮約について⇒「まいにちフランス語」5:初級編L13-15~動詞être

Clarins  クラハンス クラランス

日本語で書くとクラランスですが、この2つのラは最初がLで次がRなので発音は歴然と違います。

in は 鼻母音で アン

Clarins は創業者の苗字です。

いかがでしたか?
ふだん馴染みのあるものからフランス語に入ると勉強が楽しいと思います。

今回説明したようにフランス語は英語と違って、つづりを見れば発音がわかるものが多いので、そのルールさえ覚えてしまえば、読むのは比較的楽です。

この続きはこちらから⇒赤ちゃんに関する単語~かわいいフランス語教えます(81)

☆このシリーズのリクエストをお待ちしております。
お気軽にメールしてください。こちらから⇒お問い合わせフォーム

★電子書籍あります
電子書籍表紙

⇒「かわいいフランス語教えますVol.1」~電子書籍出版のお知らせ

辞書を使うのもオススメです。

★このシリーズを最初から読むときはこちらから⇒かわいい単語教えます~その1自然篇  使用上の注意も書いていますので、一読をおすすめします。

★このシリーズの目次はこちら⇒かわいいフランス語、教えます~目次

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人





ピックアップ記事

  1. ぜんぶ無料:あなたのフランス語学習に役立つサイト16選
  2. 2018年版、フランス語と英語の勉強用カレンダーのご紹介。
  3. 『星の王子さま』~お役立ちリンク集

関連記事

  1. 化粧品

    かわいいフランス語

    かわいいフランス語教えます~その45 化粧品

    メールアドレスやお店の名前などに使える、かわいいフランス語の単語を集め…

  2. 花壇

    かわいいフランス語

    花言葉【第6回】かわいいフランス語教えます~その21

    メールアドレスや、ブログ、ホームページ、自分ブランド、ペットの名前、そ…

  3. 喜ぶ子ども

    かわいいフランス語

    感情を表す名詞:喜びと悲しみと~かわいいフランス語教えます(104)

    かわいいフランス語の単語を集めるシリーズ。第104回は抽象名詞の続きで…

  4. 絵葉書をポストに投函
  5. 春の花

    かわいいフランス語

    かわいいフランス語教えます~その24 花言葉【第9回(最終)】

    可愛いフランス語や、響きの素敵なフランス語を集めているシリーズのお時間…

  6. 電子書籍出版

    かわいいフランス語

    電子書籍出版しました~「かわいいフランス語教えます」Vol.1

    こんにちは。フランス語愛好家のpenです。電子書籍を作りま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね♪

CTL+D でお気に入りに登録。

Feedlyで確実に更新をチェックしよう。

follow us in feedly

更新情報をメールで配信中

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

新しく書いた記事です。

  1. [連絡]ご質問いただいた、めいさんへ
  2. もう森へなんか行かない(フランソワーズ・アルディ):歌と訳詞…
  3. シャネルを物語る5つの色(前編)
  4. モードの帝王、イヴ・サンローラン:予告編のフランス語
  5. Le Sens de la Vie(人生の意味):タル(歌と…
  6. おにぎりの作り方をフランス語で説明するには?
  7. 遊園地に関係のある言葉:かわいいフランス語(127)
  8. アメリカとメキシコの国境で親から引き離された子どもたち。
  9. モンテリマールのヌガーの作り方:フランスのお菓子(31)
  10. フランスの大型スーパー、ルクレール:CMのフランス語

おすすめ記事いろいろ

  1. 譜めくりの女(La tourneuse de pages):…
  2. 歌と訳詞:Un flambeau, Jeanette, Is…
  3. さよならを教えて~フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)
  4. フランス語の翻訳力をつけるには~オススメの勉強法
  5. 歌と訳詞:こうもり~トマ・フェルセン 後編
  6. 『優雅なハリネズミ』(1)~映画の予告編のフランス語
  7. 名言その9~愛にちなんだ言葉~女は自分の影のようなものだ~ア…
  8. アングレーム国際漫画祭ってどんな催し物?
  9. 『赤ずきんちゃん』はフランス語で何と言う? 第2回
  10. 「新学期」~フランス・ギャル(歌と訳詞)

おすすめのまとめ記事

  1. フランス語のことわざ~目次 その1
  2. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(5)
  3. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(2)
  4. 『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その3
  5. 『ベルサイユのバラ』新作その2が週刊マーガレット第22号(1…
  6. フランス語のニュースの記事のまとめ(4)
  7. フランス語のニュースの記事のまとめ(3)
  8. ファッション、モード、おしゃれに関する記事の目次(3)
  9. かわいいフランス語、教えます~目次 その4
  10. 動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次

フランス語の勉強法とか

  1. 黒板
  2. 2018年フランス語日めくりカレンダー
  3. 星の王子さまの本

お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちらからどうぞ

封筒
⇒お問い合わせフォームへ


お気軽に^^

☆和文仏訳、仏文和訳の無償サービスは行っておりませんので、ご了承願います。

アーカイブ

  1. パリの音楽祭(2012)

    虎と小鳥のフランス日記

    パリの音楽祭(2012年)~「虎と小鳥のフランス日記」第58話
  2. 虎と小鳥のPARIS探訪

    虎と小鳥のフランス日記

    ついに電子書籍発売!~虎と小鳥のパリ探訪
  3. 黒板にラントレの文字

    時事ニュース

    ラントレ:フランスで新学年開始。2017年の学校改革はこんな感じ。
  4. レーズン・ブレッド

    パッケージのフランス語

    レーズンが渦を巻く食パンのフランス語表記を読む【第9回】
  5. サンマルタン運河のカミーユ

    虎と小鳥のフランス日記

    「虎と小鳥のフランス日記」目次 vol.6 第126話~第150話
PAGE TOP